FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

職場、ラン仲間も続々来場!!

「走った!撮った!世界のマラソン NAGOYA」の2日目は、初日を30人以上も上回る135人に来場をしていただき、大盛況のうちに終わりました。
そして本日の後半には、ランニング関係や職場関係の仲間たちも続々と訪れてくれました!!

BL120808NAGOYA2日目3-1R9308345   BL120808NAGOYA2日目3-2R9308349  BL120808NAGOYA2日目3-3R9308348

ランニング・職場関係の来場者のうち、まさにランニング姿で駆けつけてくれたのは「名古屋ランニングジャーナル」編集長の古橋圭介さん(左)。
写真展の準備や開催を口実に、すっかり練習をさぼっている私とは対照的に、古橋さんはランニング通勤で帰宅する際にギャラリーに立ち寄ってくれました。

名古屋や東海地方のランニング情報が満載のウェブサイトを運営するとともに、名古屋のランニングコースを紹介するガイド本を出版されている古橋さんとは、今回の写真展を機に、ぜひお会いしてあいさつしたいと思い先日、ランナー向けのシャワー&ロッカー施設「ランアップ」のスタッフを通じて連絡先を聞いていたところでした。

するとスタッフからのメールには「古橋さんも、かねてから辰巳さんの写真を見たいとおっしゃっていました」といった言葉が書かれていて、ご本人は私が連絡を取りそびれているうちに来場してくれたというわけです。
写真展を紹介していただくことを含め、今後とも、よろしくお願いします。

私の職場からは、美人女子大生のアルバイトコンビである美希さんと見与さんが来場してくれました(右)。
美希さんは最近、社会人や学生など合わせて100人が出演してつくるミュージカルに出演をしたばかりで、仕事以外でも一所懸命に遊んでいるオトナの心が良く分かってられます。
また、オーストラリアでの2度にわたる留学経験があって最近、中部国際空港関係の就職先が決まった見与さんも職場の飲み会では毎回、バイト組みのなかで最も遅くまでつきあってくれる、できた学生さん。

お2人には当初、写真展前日の仕込みを手伝っていただけないかと打診をしていましたが、都合が合わず、その代わりに、さっそく来場してくれたというわけです。

そして、大学生バイトさんたちの採用も担当される総務の責任者、昌代さんも2人の後を追うようにご来場。
さらに、おなじみ大阪の駆けっこ仲間、ジダンさんは1泊2日の名古屋出張を写真展の時期に合わせて仕立ててくれたうえ、予定通り、閉館時間の少し前に来場してくれました(中央)。

BL120808NAGOYA2日目3-4R9308338  BL120808NAGOYA2日目3-5R9308353  BL120808NAGOYA2日目3-6R9308351

そして閉館の後、ジダンさんと私に美人女子大生2人も付き合ってくれて、4人で向かったのは、本日もまた訪れることになった名古屋テレビ塔近くの韓国料理店「ソウル家」(中央、右)。

これから社会に飛び立とうとしている女子大生のお2人ですが、仕事以外に駆けっこ三昧で遊び倒してもいる不良なオヤジ2人に、ものおじすることもなく付き合ってくれました。
どうもありがとう。そして、写真展の閉幕後の撤収作業にもお付き合いいただければ(ああ虫がいい)。

スポンサーサイト



地元紙面に続々掲載!!

2日目を迎えた「走った!撮った!世界のマラソン NAGOYA」を紹介する新聞記事が、地元の紙面に続々と掲載されています!!

8月7日毎日376E  BL120808中日新聞RIMG8324  BL120808NAGOYA2日目2-3RIMG8329

地元の大手新聞、中日新聞の名古屋市民面に掲載された記事はタテ4段で写真付きの大きな記事(中央)。
昨日、会場に取材に来てくれた新人の美人記者・美幸さんとイケメンのカメラマン・佑さんのコンビによるもので、なんと、美幸さんの署名入りの記事となっています。

昨日の取材後、「なんとか掲載されるよう頑張ります」と話してくれていた美幸さんは、朝のうちに早速、電話で記事が紙面に載ったことを伝えてくれました。
実は、それに先立ってギャラリーに着いた際、ニコニコ顔の男性スタッフが「中日新聞に大きく載ってます!」と実物を見せてくれていました。
そして美幸さんに「大きく掲載してくれて、ありがとうございます」と話したところ「私も、あんなに大きな記事になるとは思いませんでした」と、うれしそうな声で話してくれたのです。

地元で圧倒的なシェアを誇る中日新聞での記事掲載とあって、「記事を見て来ました」と来場される方々が次々と現れたのは、言うまでもありません。とにかく、ありがとうございました!

そして、これに先立つ昨日、写真展の初日に合わせて掲載された紹介記事は、毎日新聞の「伝言板」(左)。
本日、来場してくれたベテラン文化面記者の泰生さんの声かけによって書いてもらったもののようで、こちらは写真こそ付いていませんが、イベント情報の紹介としては異例に詳しく書き込まれた記事です。
これまたほんとうに、ありがとうございました!

そして、来場者を呼び込むという意味で、もう1つ紹介するのは、ギャラリーが入る名古屋市中区役所のビルの玄関先に設置された展示内容を紹介する掲示板のポスター(右)。
このA3サイズのポスターは言うまでもなく、チラシやDM(ハガキ)、展示のレイアウトなどを一手に引き受けてくれた敏腕デザイナー・尚さんの手によるものです。

たかが掲示板のポスターと思いきや、実は、これを見て来場してくれた方もいたのです。
「どうやって、こんな写真が撮れるのかと驚いて、引き込まれるようにエレベーターに乗りました」
そんなふうに話してくれた男性は、自らも舞台の撮影をされているプロのカメラマンさんでした。

「同じように人を切り取っても、望遠レンズじゃ、こんな臨場感は出ません」「写っている人たちの表情も、自然で生き生きとしていて、撮ってられる様子が想像できるようでした」
そんなふうにも言ってくれた男性は、写真1枚1枚を、うなりながら眺めてくれたうえ「良いものを見せてもらいました」と、ご自身も楽しそうな表情でギャラリーを後にされました。

NAGOYA2日目は大盛況!!

「走った!撮った!世界のマラソン NAGOYA」は2日目を迎えた本日、初日よりも速いペースで来場者を次々に迎え、大盛況になっています。

普通の展示会であれば、初日に多くの来場者を迎えても翌日はいったん、その出足が鈍るものですが、本日は開場時間を4時間近く残した午後3時すぎの現時点で、来場しれくれた人の数は昨日と同じ79人に達しています。

昨日、来場してくれた地元ランナー・いいちこさんの知人が駆けつけてくれるなど、口コミ効果もあるようですが、それにも増して人を集める効果があったのは、地元の大手紙・中日新聞の紙面に掲載された写真入りの大きな記事です。
そう、昨日、取材に来てくれた若手でイケメンのカメラマン・佑さんと新人の美人記者・美幸さんの若手コンビによる記事が早々に、大々的に紙面を飾ったというわけです。

その記事の内容は、昨日の地元面に掲載された毎日新聞の記事ともども追って紹介したいと思っています。

BL120808NAGOYA2日目1-1R9308307  BL120808NAGOYA2日目1-2R9308310  BL120808NAGOYA2日目1-3R9308312

写真展に来場してくれた地元の友人のうち、まず午前中、仕事の合間を縫って駆けつけてくれた会社の同期にして名古屋の職場でスポーツ関連取材の責任者を努めている順さん(左)。

そして昼すぎに連れだって来場してくれたのは、毎日新聞の文化面を担当され、昨日の記事を手配してくれた泰生さんと、FM愛知に勤務され、先だって局の番組への出演を手配してくれた結実さんのイケメン・美人コンビ(右、中央)。

実は、お2人からはランチのお誘いもいただいていたのですが、本日は独りで受付を死守しなければならないことから応じることができず、失礼をいたしました。
その代わり、朝食抜きで籠城状態になっている私のため、結実さんはランチの後、おにぎりの差し入れをしてくださいました。ありがとうございました!!