FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

NAGOYA3日目も大盛況!!!

「走った!撮った!世界のマラソン NAGOYA」の折り返しとなる3日目を迎えた本日も、午前中から多くの方がひっきりなしに会場を訪れてくださり、またまた大盛況となっています。
午後4時すぎの現在までの来場者数は、既に100人に達して、どうやら昨日を上回るペースの出足です。

次々に掲載された写真展を紹介する新聞記事の力もあって、ギャラリーの常連の美術・写真ファンに加えて、ランニング愛好家も次々に訪れてくれています。

BL120809NAGOYA3日目1R9308368  BL120809NAGOYA3日目3R9308379  BL120809NAGOYA3日目2R9308378

昼すぎに相次いで来場されたのは、ともにベテランランナーの彰さんと則之さん(左の写真の中央、右)。
お2人は別々に来場されたのですが、写真を見ながらのマラソン談義で意気投合されていました。
則之さんは手づくりのマラソン大会の運営に携わるほか、名古屋城付近を起点とする江戸時代の運河・堀川の上流部、黒川の保全活動にもかかわってられます。

実は私はこの春、桜の時期に黒川沿いをランニングした際、黒川の土手で清掃作業をされていた則之さんにお声をかけていただいたことがあり、それ以来の再会を写真展によってさせいただいたというわけです。

続いて来場された若手のイケメンランナーは、今年4月、6月に開かれた知多半島、飛騨高山の2つの100キロのマラソンでお会いしたほか、名古屋駅前で声をかけてもらったこともある「たっきー」さん。

たっきーさんは、このブログにも何度かコメントを寄せてくださっていますが、いつもお別れした後、写真を撮らせてもらいそびれていることに気づいて、申し訳なく思っていました。
しかし本日は、ようやく私とのツーショットに写ってもらうことができ、たっきーさんの初登場となりました(右)。

ランナーではありませんが、ランニングを通じての知人で来場してくれたのは、DJの内藤聡さん(中央)。
内藤さんは先だって、自らFM愛知でパーソナリティーを努められている番組「デラデラ」で私をゲストに呼んでくれたうえ、マラソンカメラマンとしての活動などについて話をさせてくださいました。
今回は私自身の取材でいらっしゃったわけではありませんでしたが、それにしては内藤さんは、やたら熱心にメモも取りながら展示写真1枚1枚を見てくださいました。

「私も人物の写真を見るのが好きなのですが、これは楽しいですよ。1枚ずつ、じっくりと見てしまいました」
「この体型ですから、すぐには無理ですが、本気で走りたくなるぐらいです」
そんなふうにおっしゃる内藤さんは明日、収録が予定されている番組で、写真展の話題をネタにしたいということで、内藤さんのトークを聞いて来場される方が増えることを期待できそうです。

スポンサーサイト