FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

NAGOYA4日目も盛況!

「走った!撮った!世界のマラソン NAGOYA」は4日目も盛況のうちに終了しました!

来場者は一昨日、昨日と110人に達したのに比べ70人近くと控えめだったものの、会場である名古屋市民ギャラリーの11ある展示室の中で、私が使わせてもらっている8階の第6展示室は、お盆にかかわらず最も多くの方々が足を運んでくれたようです。

それに1日の平均が400人という空前の来場者を数えた一昨年の銀座での写真展とは、ギャラリーの立地などを比べるわけにはいきませんし、そもそも来場者の数を数えることには、さほどの意味はありません。
来てくださった方の心に、どれだけ何かが残るのか、そして会場に詰める私が、どれだけ心に残る新しい出会いや再会を経験できるかといったことの方が、よほど大事だからです。

そして本日も、多くの新しい出会いがあり、東京から駆けっこ仲間が駆けつけてくれるなど、うれしい再会も少なくありませんでした。

BL120810由美子さんの花R9308394  BL120810尚彦さんR9308390   BL120808NAGOYAあいさつR9308373

来場者が控えめだった午前中、会場に届いたのは、初日に駆けつけてくれた中学・高校の同級生で、名古屋在住の美人主婦、由美子さんが届けてくれた「プリザード・フラワー」(左)。

昼休みに職場から駆けつけてくれたのは同僚で、私の夏休み中、連日の長時間勤務をしながら職場を死守してくれている尚彦さん(中央)。
以前にもブログに登場していただいている尚彦さんは、私に勧められるまま1年半にわたる自転車通勤に加えランニングも本格的に始めて、既にフルマラソンを完走するほか劇的な減量にも成功されています。

この段で3枚目のオマケの写真は、会場に展示してある私のあいさつ文。
この美しいパネルも敏腕デザイナー・尚さんがデザインされ、雄ちゃんが、自ら経営する会社で制作してくれたものです。

BL120810NAGOYA4日目4R9308383  BL120810NAGOYA4日目5R9308387  BL120810NAGOYA4日目6R9308376

開館時間のほとんどを独りで受付に座って、ほぼ飲まず食わずの籠城状態にある私にとって、とてもありがたかったのは、2日目に続いて仕事の合間に来場した友人の結実さんが届けてくれた差し入れ(左)。

小ぶりでも重量感のある包みの中から現れたのは、名古屋名物の「天むす」(中央)。
本当は飲食禁止のギャラリー内で、こっそりといただく食事として、この一口サイズの天むすは最高でした。
もちろん、天ぷらが包まれた天むすの味も最高でした。ありがとうございました!

この段のオマケの写真は、ギャラリーが入る名古屋市中区役所のビル(右)。

BL120810NAGOYA4日目7R9308397  BL120810NAGOYA4日目8R9308396  BL120810NAGOYA4日目9R9308399

会社を半日休んで夕方に来場し、受付も手伝ってくれたのは、明走会の駆けっこ仲間である直美さん(左)。
やはり何度もブログに登場願っているウルトラ美人ランナーの直美さんは先だって、サロマ湖の100kmウルトラマラソンを11時間の好タイムで完走されています。

そしてやはり夕方、閑散としてき会場を華やがせてくれたのは名古屋の美人ソプラノ歌手、典子さん(中央)。
兄の紹介でお知り合いにならせてもらった典子さんとは久しぶりの再会となりました。

BL120810NAGOYA4日目10RIMG0416  BL120810NAGOYA4日目11R9308407  BL120810NAGOYA4日目12R9308424

直美さんが届けてくれたのは、やはり明走会の重鎮で、先日のサロマ湖では10回目の完走を果たし見事、「サロマンブルー」の称号をさずかられた義明さんが間接的に贈ってくれたモモ。
福島の「伊達ももの里マラソン」で、ふれあい大使を務められる義明さんは、東京・銀座の写真展では連日ご来場、大阪の写真展にも来場してくださいましたが、今回は福島から贈られた美味しそうなモモがその代わりを務めてくれたというわけです。

ギャラリーの開館時間には間に合いませんでしたが、多くの来場者が見込まれる5日目の受付を直美さんとともにしてくれるということで名古屋を訪れ、一緒に乾杯をしたのは、やはりウルトラランナーのタフマンさん(中央)。

私たち3人は会場近くの店で、名古屋名物のエビフライなどをサカナに写真展の中締めとなる乾杯をしたあと、私の自宅に河岸を移し、大量の野菜を中心とした私の手製のツマミをサカナに、夜中まで美味しいお酒の杯を重ねることになりました。
最後の写真は、座りながら「沈没」した私を、最近、写真の腕が格段に向上した直美さんが私のカメラを使い無断で撮影したものでした。

スポンサーサイト



名古屋RJで紹介記事!

名古屋や東海地方のランニング関連の情報が満載されているウェブサイト「名古屋ランニングジャーナル」に、私の写真展「走った!撮った!世界のマラソン NAGOYA」を紹介する記事が掲載されました!

名古屋ランニングジャーナルの編集長、古橋圭介さんがギャラリーを訪れてくださったのは一昨日。
昨日の夕方には、ご本人と同じくランナーでいらっしゃる奥さまも来場してくださって、「今日中ぐらいには記事がアップされると思います」とおっしゃっていました。
そして本日までに、何枚もの写真をちりばめた長文の記事がサイトにアップされ、おかげさまで本日の午前中には「記事を見ました」という女性ランナーが仕事の合間に来場されています。

BL120809名古屋RJ1  BL120810名古屋RJ2R9308343  BL120810名古屋RJ3RIMG0402

名古屋ランニングジャーナルに掲載された記事は「名古屋初開催!“走るカメラマン”の写真展。」のタイトルで、写真展のタイトルパネルの写真をはじめ、展示写真を撮った写真を織り交ぜながら、展示の内容が詳しく書かれています(左)。

記事を書いてくださった古橋さんは、このブログの記事でも紹介していますが、通勤ランで帰宅する途中、ランニング姿で来場してくださって、その際には、走る格好をしてもらってお撮りした写真もありました(中央)。

私が転勤で名古屋に来た一昨年、真っ先に購入した本の1つが名古屋ランニングジャーナル・編の「名古屋みちくさランニング。」(右)。
景色や名所、お店への立ち寄りなどを楽しみながらファンランするための、お勧めコースの数々を、実走取材に基づいて詳しく紹介してくれる名古屋の市民ランナー必携の1冊です。

ウェブサイトの記事は、サイトを訪問して、ご覧になっていただきたいところですが、以下に一部を抜粋させていただきます。

「展示されている大会に出場された経験がある方はもちろん、これから海外マラソンへの参加を考えている方にもおすすめ。選手も沿道も、写真に映っている人は例外なく笑顔。まさに写真展の会場中が笑顔にあふれているため、まさに「元気になれる写真展」といってもいいでしょう。」

「“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄 写真展「走った!撮った!世界のマラソン NAGOYA」は12日まで。時間は朝9時半~夕方7時(12日は5時まで)。会場は「名古屋市民ギャラリー栄」(中区役所のビル)8Fです。」

「こんどの土日は「写真展鑑賞ラン」なんていかがでしょうか。会場まで走っていって写真鑑賞。その後、ランアップで汗を流して栄でランチ・・・素敵です。」