FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

秋の空の下で

来月7日に開かれる東京夢舞いマラソンを前に、今月16日に行われた試走会「スタッフ夢舞い」の報告は、あと2回が残っていますが、いったん中断して、本日のネタを掲載します。
昼休みに屋外で撮った季節モノの写真が手元にあったためです。

朝夕を中心に、ようやく空気が涼しくなってきたことから、昨日は久々の通勤ランニングも再開した私ですが、本日は最近、新車の購入を機に通勤や街乗り用に活躍し始めたロードバイク(自転車)「パナコ」を改造する計画の一環として、ブレーキや変速レバーをまとめた部品「ブラケット」の交換をするため、昼休みに職場から3キロほどの自転車店に出かけました。

最新のレース用バイクである「パルちゃん」に乗ってみると、約15年選手で、何もかもがクラシックなパナコの乗り心地に、元は気づかなかった違和感を覚える部分も出てきました。
その最も大きなものは、ハンドルの握りにくさで、当初はハンドルを前方に突き出すための部品「ステム」の長さが短かすぎるのではないかと考えました。

そこで自宅にある未整理の荷物を詰めた段ボールの中から、取り置いてあった長めのステムを見つけ出し、自転車店に交換してほしいと相談するとともに、そのついでにブラケットのゴムカバーがグニャグニャになっていたことから、それも新しくして欲しいと頼んでいました。

ところが、さすがに15年前の部品のパーツなどメーカーにも在庫はなく、その代わりに店から勧められたのがブラケットごと交換するというアイデアでした。
実は、ハンドルの握りにくさの原因はむしろ、このブラケットの形状にあったのですが、これもまた最新の部品がそのまま取り付けられるわけではありませんでした。パナコの後ろ側のギアは9段変速ですが、今は10段の時代になっているからです。

結局のところパナコはパナコで、多少の不具合は我慢しようと思っていた矢先、自転車店から連絡があって、パナコに取り付けられるうえ、握りやすい形状である、少し前のブラケットが中古で見つかったことを伝えられ、これはもっけの幸いと思って、そのブラケットを試してみることになったのです。

前置きが長くなりましたが、そういうわけで本日の昼休み、ステムとブラケットを一挙に交換してもらう作業のためパナコを店に預けに行き、その帰り、ジョギングシューズに履き替えて職場まで走って戻りました。
写真は、その途中の名古屋城かいわいで撮ったものなのです。

BL120925昼休み1IMG_2059  BL120925昼休み2IMG_2033  BL120925昼休み3IMG_2053

視界のなかで空を占める部分が一気に広くなる名古屋城の近くに来て、印象的だったのが秋の空(中央)。
夏に比べて空はいっそう高く、青の色も純度を増している感じです。
雲ももはやモクモクと盛り上がっていく積乱雲ではなく小さめにちぎれていて、手の届きそうな高さに浮かぶ雲は早送りの映像のように、みるみる動いていきます。

名古屋城の堀の土手に、赤いつぼみをつけて、まち針のように伸びていたのはヒガンバナでした(右)。
そういえばもう、お彼岸も既に過ぎ、残暑がようやく収まったかと思えば、あっという間に、昼よりも夜の方が長い「1年の半分」に入ったというのは、なんだか寂しいものです。
とにかく、このヒガンバナが花開いてしまっては写真は間抜けなものになるわけで、本日の季節モノの写真は待ったなしに掲載せざるを得ませんでした。
(記事を書いた際、お彼岸がまだだと勘違いしていましたが、その部分はは差し替えました。名古屋の今年のヒガンバナは遅れていたようです。)

私の会社の名古屋支社が入る地元大手新聞社の前では、こんもりと繁っていた樹木の枝を刈り落とす作業が行われていました(左)。
木々は常緑樹で、秋が深まっても一気に散ることはないはずで、このせん定作業は、そういう意味では季節を先取りしたものではなく、樹勢を盛り返させる狙いもあるのでしょうが、ちょっと「やり過ぎ」のような気もしました。

「こんな派手に刈っちゃって、もったいないものですね」
作業をしていた人に、そんなふうに声をかけると、「台風に備えて刈ってくれということなんですよ。木が歩道に倒れて事故でも起こしたら、新聞ざたになりますからね」という答えが返ってきました。

※※※

自転車店に預けていたパナコは、仕事が終わった後、再び店まで走って行って、引き取りました。
店の社長さんがおっしゃっていた通り、ハンドルの握りやすさは、これまでの100倍以上といったところ。
この長足の進歩は技術的な革新によるものというよりも、むしろ人間工学的に形状を考えていたかどうかによる違いのように見え、以前あれほど悩んでいたのは何だったのかと思うと同時に、かつて世界中にあまたあった自転車は同じように握りにくかったのだろうかと不思議に感じました。

ただ新しいブラケットは前方への突き出しが長くなり、ステムも突き出し部分が長いものに交換したことから、握る位置が遠すぎるようにも感じます。
ただそれでもパナコのサドルからブラケットまでの距離はパルちゃんとほぼ同じになっただけですので、当面はこのまま乗って慣れてみるしかないと思っています。

パナコの改造とは少し違いますが、本日はまた自転車店で、バイクをくるんで電車などに持ち込み、遠出するための「輪行袋」を新調しました。

これまでは、遠くで開かれるトライアスロン大会などにバイクを持って行くには車に乗せるか、キャスター付きで飛行機にも積み込める大型のバッグを使っていました。
しかし、金属の骨組みによる土台部分が付いた大型バッグは、宿などに預けることはできても、それを担いでバイクに乗ることは不可能です。

それに比べ輪行袋の方は大きさも重さもペットボトル程度。
遠い場所にツーリングに出掛けようとするとき、現地までバイクに乗って(「自走して」)行かなくても、電車に乗って行ったうえ、駅で輪行袋をバックパックに入れるなどして持って走ることができます。
そして、元の駅に戻ってくる必要はありませんので、次の駅までワンウエーのツーリングを楽しめるます。
もちろん片道だけ電車を使うこともできますので、いろんな形の自転車旅行(「輪行」)を計画できます。

高級車のパルちゃんを、いきなり薄手の輪行袋にくるんで持ち歩くのは少し勇気が必要ですが、今や第一線を退いていて、頑丈なスチール製のパナコなら心配は無用です。
こうしてまた、遊ぶことについてばかり夢を膨らませている自分に、あきれるばかりです。

2012スタッフ夢舞い4

今月16日に行われた東京夢舞いマラソンの試走会「スタッフ夢舞い」の報告の4回目を掲載します。
今回は東京スカイツリーが近づく東京の下町に入り、新たにエイドステーションを設けさせてもらう商店街の様子などを紹介します。

BL120916スタッフ夢舞い4-1RIMG0089  BL120916スタッフ夢舞い4-2RIMG0091  BL120916スタッフ夢舞い4-3RIMG0097

BL120916スタッフ夢舞い4-4RIMG0099  BL120916スタッフ夢舞い4-5RIMG0100  BL120916スタッフ夢舞い4-6RIMG0115

BL120916スタッフ夢舞い4-7RIMG0106  BL120916スタッフ夢舞い4-8RIMG0110  BL120916スタッフ夢舞い4-9RIMG0109

BL120916スタッフ夢舞い4-10RIMG0120  BL120916スタッフ夢舞い4-11RIMG0124  BL120916スタッフ夢舞い4-12RIMG0122

2012スタッフ夢舞い3

東京夢舞いマラソンのボランティアらによる試走会「スタッフ夢舞い」の報告は本日が3回目です。

今回は、今年も地元の協力を得てエイドステーションが設けられる約16.4キロ付近の月島「もんじゃ通り」の前後で撮った写真12枚を掲載します。
大会の柱となる「マラニック(マラソン&ピクニック)」の部とは別に設けられる自転車散歩「ポタリング」の部のスタッフが、ちょうど月島で集合していたことから、この「自転車部隊」の写真が中心となっています。

BL120916スタッフ夢舞い3-1RIMG0063  BL120916スタッフ夢舞い3-3RIMG0068  BL120916スタッフ夢舞い3-2RIMG0067

月島の手前で隅田川に架かる中央大橋を渡る参加ランナーらの様子は前回も紹介していますが、橋の上で撮影した写真を、まずもう1枚掲載します(左)。
ご覧の通り、ちょうど川を下ってきた水上バスにランナーらが手を振るシーンです。
遠くに下の部分だけが見えるタワーは東京スカイツリーだと思われますが、水上バスの屋根にもスカイツリーが描かれていました。

月島のエイドステーションが設けられる場所で休憩をとる少し前、横断歩道ですれ違った女性2人のうち、お1人が差してられた日傘の色は黄緑の「夢舞いカラー」(右)。ついつい撮らせてもらってしまいました。

自転車散歩の部「東京夢舞いポタリング」のコースは「東京夢舞いマラソン」と一部異なる部分もあることなどから、それぞれのスタッフは基本的に別行動となりましたが、月島ではちょうど、ポタリングのスタッフが集合しているところに遭遇しました(中央)。

ポタリングのスタッフは「明走会トライアスロン部」など明走会のメンバーがコアになっていますが、夢舞いだけのために集まってくれる自転車乗りの方々も多く、ご覧の通りバイク・ウエアもバッチリきまっています。

BL120916スタッフ夢舞い3-4RIMG0073  BL120916スタッフ夢舞い3-5RIMG0076  BL120916スタッフ夢舞い3-6RIMG0077

BL120916スタッフ夢舞い3-7RIMG0079  BL120916スタッフ夢舞い3-8RIMG0081  BL120916スタッフ夢舞い3-9RIMG0082

BL120916スタッフ夢舞い3-10RIMG0083  BL120916スタッフ夢舞い3-11RIMG0085  BL120916スタッフ夢舞い3-12RIMG0088

2012スタッフ夢舞い2

今月16日に行われた東京夢舞いマラソンの試走会「スタッフ夢舞い」の報告の2回目を掲載します。
今回はスタートから10キロ余りの霞ヶ関かいわいから約15キロの隅田川に架かる中央大橋までに撮影した写真13枚を掲載します。

BL120916スタッフ夢舞い2-2RIMG0037  BL120916スタッフ夢舞い2-3RIMG0039  BL120916スタッフ夢舞い2-1RIMG0036

桜田通りを北上するコースが国会通りと交わる交差点からは国会議事堂を見ることができます(写真)。
このあたりは会社が近所の虎ノ門にあったころ、皇居ランなどで数え切れないほど走り、デモなどの取材もしたことがある私にとっては庭のようなもので、議事堂が見えることを周りの仲間たちにお教えして、明走会の美人ウルトラランナー・コンビの直美さん、ぴーちゃんや千代田走友会のメンバーらと信号待ちの合間に記念写真を撮りました。

BL120916スタッフ夢舞い2-4RIMG0041  BL120916スタッフ夢舞い2-5RIMG0045  BL120916スタッフ夢舞い2-6RIMG0046

11キロ余りで桜田通りは内堀通り・晴海通りとぶつかって、ここでコースは右折し、皇居の内堀を眺める数百メートルは東京マラソンのコースと同じ道を通ります(左)。

今回のスタッフ夢舞いは参加人数が多かったことから、給水やトイレのための休憩はグループごとに別々の場所で行いました。
名古屋からギリギリの時間に駆けつけたうえ、SSランナーなど特定の役割を担っていない私は、どのグループに属しているのか分からないままに走っていましたが、周りにいた人たちと一緒に日比谷公園で休憩をとることにしました。

その日比谷公園でツーショットを撮らせてもらったのは、東京夢舞いマラソン実行委員会の理事長、大島幸夫さんと、韓国・コチャンのランナーとの交流企画で協力をしてもらっている慎ちゃんこと海外旅行開発の社長、高橋慎一さん(中央の写真の左と右)。

お2人は今月、フランスのワイン産地で開かれた仮装と給水所ならぬ「給ワイン所」で有名なメドック・マラソンを一緒に完走されたばかり。
その直前にも、アルピニストでもある大島さんは北アルプス・剣岳の名だたる岩場を完登され、高橋さんは2万人が参加する世界最大のウルトラマラソンである南アフリカのコムラッズ・マラソンで10回目の完走を果たして、見事「グリーン・ナンバー」をゲットされています。

12キロ過ぎあたりでは、東京駅前の並木道に洒落たブティックや屋外のテーブルも設けるカフェなどが並ぶ丸の内仲通りを走ります(右)。
写真の左は明走会トライアスロン部の実力派トライアスリート、周年さん、その隣は夢舞いの古参メンバーの1人である園子さんです。

BL120916スタッフ夢舞い2-7RIMG0055  BL120916スタッフ夢舞い2-8RIMG0059  BL120916スタッフ夢舞い2-9RIMG0061

12.5キロ過ぎでは東京駅前を通り、復元工事が完成したばかりである、赤レンガのドーム屋根が特徴的な東京駅の駅舎を走りながら正面に見ることができます(左)。
約100年前の大正時代に開業した東京駅の駅舎は、建築家の辰野金吾氏の設計によるもので、デザインが似ている韓国・ソウル駅の旧駅舎は彼の弟子に当たる塚本靖氏が設計されたといわれています。

13キロ過ぎでは日本橋かいわいを通り、今度は東京駅の駅舎とは対照的な現代的な建築で、8年前に完成したコレド日本橋を長めながら走ることができます。

休憩場所が異なることなどから、一緒に走っていない休憩中のスタッフを追い越す場面もあって、互いに声を掛け合いながら走り続けました(右)。

BL120916スタッフ夢舞い2-10RIMG0062 BL120916スタッフ夢舞い2-11RIMG0064 BL120916スタッフ夢舞い2-12RIMG0065 BL120916スタッフ夢舞い2-13RIMG0066

隅田川の手前にる運河、亀島川を渡る際には、初めて東京スカイツリーの姿が見えました(左)。
隅田川を渡る中央大橋では、3人のランナーを次々に撮らせてもらいました(中央右・左、右)。

スタッフ夢舞いの報告、次回はこのところ定番のエイドステーションが設けられる月島から両国までの様子をお伝えする予定です。ご期待を。

2012スタッフ夢舞い1

来月7日に開かれる第13回の東京夢舞いマラソンを前に今月16日、実行委員会メンバーやボランティアが今年のコースを試走した「スタッフ夢舞い」の報告を本日から始めます。

毎年コースが新しくなることが特徴の1つである夢舞いの今年のコースを紹介するカットを中心に掲載を予定している写真は74枚で、報告は全6回にわたる予定です。
まずは本日分の写真12枚をアップします。

BL120916スタッフ夢舞い1-1RIMG0003  BL120916スタッフ夢舞い1-2RIMG0007  BL120916スタッフ夢舞い1-4RIMG0012

今年の夢舞いのコースは、一昨年と同じく東京都新宿区の国立競技場をメーン会場とする約42キロです。
そして東京都心のうち西部の繁華街・ビジネス街と東部の下町を、横向きにした8の字か蝶の形を描くように行き来して、東京タワーと東京スカイツリーの新旧テレビ塔をはじめ数多くの名所を巡り、これまでで最高のコースの1つとなっています。

本番と同じ午前9時のスタートに合わせて国立競技場の前に集まったスタッフは、大会で参会者と一緒に走りながら安全な走行を支援する「セーフティー・サポート・ランナー(SSランナー)」など100人近く(左)。
この中にはタイムを競わない「マラニック(マラソン&ピクニック)」である東京夢舞いマラソンだけでなく、自転車による散歩「ポタリング」の東京夢舞いポタリングのスタッフもいます。

スタッフ夢舞いは前の日曜に続いて2回目だというのに、本番と勘違いするほどの参加者の多さで、夢舞いが多くのファンに加え、ランナーを中心とするスタッフによって支えられていることが分かります。

スタッフ夢舞いでは競技場内は使えませんでしたが、参加者らは東京オリンピックや、かつての国際マラソンで多くのエリートランナーがくぐった「マラソン門」の前をスタートしていきました(中央)。

スタート後、間もなく通る明治神宮外苑や青山学院大学前では、屋外で結婚式の記念撮影をするカップルに次々に遭遇し、そのうちの1組は、通り過ぎざまに写真を撮らせてもらうと笑顔とVサインで応じてくれました(右)。
カップルの左、黄色い帽子のランナーはNPO法人・東京夢舞いマラソン実行委員会理事長の大島幸夫さん。70代後半ながらもバリバリ現役のランナーにしてアルピニストの大島さんは、この日も途中まで試走に参加して、健脚ぶりをアピールされていました。

BL120916スタッフ夢舞い1-3RIMG0010  BL120916スタッフ夢舞い1-5RIMG0013  BL120916スタッフ夢舞い1-6RIMG0017

外苑を抜けて青山通りを渋谷へと向かう途中では、さらに実行委員の重鎮の姿を撮らせてもらいました。
右の写真でスリーショットに写ってもらったのは、左からウルトラランナーの直美さんと、中年快足ランナーのコンビ、龍介さんと浩さん。龍介さんと浩さんは、毎年新しくなる夢舞いのコース設計を担当されています。

そして中央の写真では、やはりコース設計班の1人で、コースマップなどの印刷物の制作も引き受けてくれているトリさんを撮らせてもらっています。
この写真で直美さんと並走されているのは、今年3月の名古屋ウィメンズマラソンにも参加したほか、7月の24時間リレーマラソンでもトリさんや私と一緒に走られた、やはり快足女性ウルトラランナーのピーちゃん。

今回のスタッフ夢舞いでは、今年のSSランナーとして大挙して参加してくれる名門サークル「千代田走友会」のメンバーら私が初対面の方も多く、かつ皆さんともに走力が高かったことから、私は後方から付いていくのがやっとだったたこともあって、この後の写真は景色を中心にして後方や側方からスタッフを撮ったものが多くなりますが、どうか悪しからず。

BL120916スタッフ夢舞い1-7RIMG0015  BL120916スタッフ夢舞い1-8RIMG0019  BL120916スタッフ夢舞い1-9RIMG0020

青山通りを西に向かって、スタートから3キロ余りで渋谷の宮益坂上に達しますが、コースはここで青山通りからVターンをして六本木通りに入り、渋谷は駅の東口を遠目に見るだけで繁華街には突入しません(左)。

スタートから6キロ足らずの六本木からは右折・南下して麻布十番や三田方面を目指します。
六本木ヒルズの高層ビルを見上げることができる場所は限られていて、ちょうど信号待ちでローアングルからスタッフの姿を撮らせてもらいました(中央)。
「キャー、何狙ってるのよ!」と、女性陣からは、お決まりのクレームが付きますが、ローアングルの方が「おみ足」がスラリと長く見えるということで、ご勘弁いただきます(と言いながら、足先までは撮せていませんが)。

今年の大会ではSSランナーらは背中に「ゆめまいランナー5つのルール」と題したマナーを呼びかけるサインを付けて走ります(右)。
「信号厳守」「狭い道は1列で!」「ボランティアに声掛けを!」など、呼びかけているマナーはいずれも、一般の歩道を交通規制なしで走らせてもらうことから、歩行者や地元の人たちに迷惑かけず、みんなで大会を盛り上げていこうという内容のものばかりです。

BL120916スタッフ夢舞い1-10RIMG0025  BL120916スタッフ夢舞い1-11RIMG0030  BL120916スタッフ夢舞い1-12RIMG0031

8キロ過ぎの三田で、桜田通りを左折、北上すると東京タワーが正面に見えます(左)。
コース設計班によって毎年、趣向を凝らせてつくられるコースは、参加者からも大好評ですが、班のメンバーによりますと、度重なる下見では、通りの両側にある歩道のうち、どちらを通る方が走りやすいかだけでなく、どちらの方が景色が良いかも吟味されているのだそうです。

このあたりは1990年代、私が三田にあった狭い社宅に住んでいたころ、虎ノ門にあった会社までの片道約4キロを、時に全力疾走してランニング通勤した場所で、ランニングでは、まだまだ「伸び盛り」だったあのころが思い出されます。

東京タワーの近くでは、歩道橋を上り下りする所も(中央、右)。こんな部分も歩道を走る夢舞いならでは。
やはり三田に住んでいたころ、このあたりの坂道や歩道橋、それに公園・緑地の土の道をアレンジして自家製の「都心クロカンコース」をつくって走っていたのを思い出します。

ちなみに、このあたりで既にスタートから1時間が過ぎていましたが、進んだ距離は予想よりもずっと少なく、まだ10キロ足らず。信号待ちがあるために実際の走行距離が、より長く感じるのは夢舞いならではで、そこが楽しくもあるのですが、大会当日は、一見緩そうにみえる制限時間をクリアするため一定のスピードで進むには、意外と走力が要求されるものです。