FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

イチョウに彩られる街

友人の結婚式に出席するために出かけた韓国で撮った写真を、もう1回分だけ落ち穂拾い的に掲載します。
それは結婚式の翌日の今月28日、現地の江原道(カンウォンド)原州(ウォンジュ)市内をジョギングした際に撮ったもので、黄色く色づいたイチョウに彩られた街の様子や露店の並ぶマーケットの様子をご覧になっていただきます。

BL121028原州1IMG_0336  BL121028原州2IMG_0343  BL121028原州3IMG_0340

韓国・江原道の主要都市である原州は、ソウルからバスや鉄道で西に向かって、いずれも約1時間半の山のふもとにあり、人口は約30万人ということです。
友人の結婚式の当日は、あいにくの雨でしたが、それでもバスターミナルから街外れにある式場のホテルに向かう途中でタクシーの車窓から見ると、道路が良く整備されて高層の集合住宅が林立する美しい街であることが分かり、なかでも黄色く色づいたイチョウの並木が多く、街をいっそうきれいに彩っていました。

結婚式のあとは2次会、3次会にも顔を出し、連日の午前さまとなったため、早朝に起きることはできませんでしたが、初めて来た街をタクシーから眺めるだけというのは寂しいものですから、アルコール漬けで重たくなった身体と脚にむち打って、旅先で恒例の「街ウォッチング・ジョギング」を午前の遅くに敢行しました。

ホテルから原州市の中心街に行って、市内を流れる川沿いのサイクリングロードを通って戻ったジョギングは1時間半余りで15キロほど。
イチョウ並木の葉は前夜の雨の影響もあってか、歩道や歩道わきにあったチラシ置き場とみられる棚の上に大量に落ちて、黄色いじゅうたんのようでした(左、右)。

宗教を持つ人の約3割がキリスト教とされる韓国では、どの街に行っても教会が目につくもので、原州の中心街にも教会があって、その敷地内にある大きなイチョウの木も、すべての葉が真っ黄色でした(中央)。

BL121028原州4IMG_0361  BL121028原州5IMG_0360  BL121028原州6IMG_0357

原州の街を走り、折り返し部分にあったのが、大通りと川の間の道路沿いに露店などが並ぶマーケット(右)。

露店では、美味しそうな野菜や魚などが売られていて、私が真っ先に買いたいと思ったのは、大袋で2000ウォン(約150円)のショウガ(中央)。
さすがにウエストポーチしか身に着けていなかったジョギング途中に、このショウガなどを買っていくわけにはいかず、チェックアウト後に、近くにある鉄道駅を利用することにして、その前に再度立ち寄ろうと思いました。
しかし結局、列車が満席になっていることが分かってバスに乗ることになったため、買い物をすることはできませんでした。

美味しそうなパンが店頭にズラリと並ぶ「焼きたてパン」の店では、看板に「3個1000ウォン(約80円)」と書いてありましたが、やはりお預けにして、結局パンにありつくことはできませんでした(左)。
韓国の市場でお土産を買うのは、11月下旬に日韓市民ランナー交流企画の一環として全羅北道のコチャンにマラソンを走りに行くときまで我慢することにします。

スポンサーサイト