FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

演奏会ゲストに兄と姪

名古屋近郊の愛知県豊田市で本日開かれたコンサートに兄の辰巳琢郎と姪でソプラノ歌手の辰巳真理恵が親子そろってゲストとして招かれ、普段は生で音楽を聞く機会がほとんどない私ですが、一昨日のクラリネットアンサンブルのコンサートに続いて師走の演奏会に出掛けてきました。

BL121226豊田コンサート1DSC00773  BL121226豊田コンサート2RIMG0417  BL121226豊田コンサート3DSC00796

このコンサートは、トヨタ自動車の企業城下町である豊田市の豊田商工会議所が創立60周年を記念して開いたもので、兄も度々出演しているNHKの大河ドラマの主題曲の数々を、名古屋フィルハーモニー交響楽団のメンバーを中心としたスペシャルオーケストラが演奏しました。

会場は最近、自転車ツーリングで度々訪れている名鉄豊田市駅の駅前にある豊田市コンサートホール。
駅からは、駅前ロータリーに設置されたヨットのイルミネーション越しに、ホールの入るビルを望むことができます(右)。

オーケストラの演奏にしてはカジュアルなコンサートとはいえ、上演中の写真撮影は断られていましたので、それは控えることにしましたが、すべてのスケジュールが終わった瞬間だけは、他の観客に迷惑をかけることもないだろうということで1枚だけ、こっそりと撮影させてもらいました(中央)。
14年前に開館した会場のコンサートホールは、広い天井の下に2階席もあって客席数は1000余り、正面の壁には立派なパイプオルガンも設置されている、地方都市としては充実したクラシック専用のホールです。

こっそり撮った舞台の写真では、兄は後ろ姿で、姪も小さくしか写っていませんので、終演後に楽屋を訪ねた際に撮ってもらった写真をもう1枚紹介します(左)。
一緒に写ってもらった美人の女性指揮者は名古屋生まれの田中祐子さん。姪が声楽科で大学院を修了した東京音楽大学の先輩で、やはり大学院の指揮科を修了され、名古屋フィルをはじめ広島や仙台など各地のオーケストラに客演するほか、数々のオペラにも携わってられる若手の指揮者です。

コンサートで演奏された曲は9曲で、一昨日に聞いたクラリネットアンサンブルの親しみやすい音色とはまた趣の異なる重厚で洗練された調べは、心が洗われるような感じがしました。
そのうちの1曲で、初めてオーケストラを従えて歌ったという姪の歌声も、透きとおるようにきれいでホール中に響き渡り、安定感のある演奏に負けてはいませんでした。
幼少のころに、兄夫婦の留守にお守りをさせてもらった際の甘えん坊でわがままなところもあった彼女とは、まるで別人のようで、若者の成長がいかにダイナミックなものかを思い知らされます。

演奏された曲はいずれもドラマの主題曲や挿入曲で、数分の短さだったため、舞台で本人も言っていた通り、曲と曲の間でのトークを受け持った兄の出番の方が長いくらいでしたが、地元FM局のパーソナリティーを務められているという女性司会者の奮闘もあって、中だるみすることもなく、いいテンポで曲もトークも進んで、お客さんたちも楽しでくれているようでした。
そうなんです。兄も姪もプロとして舞台に上がっているのですが、どうも身内の立場から見ると、トークなどの出来や、お客さんの反応が気になってしまうものなのです。

そして小柄できゃしゃな感じがする指揮者の田中さんは、若手ながらも堂々とした雰囲気で、きびきびとしていながら柔らかな身のこなしや、宙を自在に舞う2羽の蝶のような手の動きも美しく、オーケストラのメンバーらも安心して着いていっているように見えました。

かたや地をはうように走ってばかりいて、うだつの上がらないサラリーマンの私ですが、たまにはこうして、華やかな別世界の雰囲気や、一級品の芸術に触れるのも、自分をリフレッシュさせるのに良いように思います。
なかなか日常では接点を持つことができない兄や姪なのですが、こんな機会を持たせてくれることについては、ありがたく思います。

クリスマスの音色と輝き

上京して迎えたクリスマスイブの昨日は、昼ごろに皇居ランをしたあと横浜へと移動して、クラリネットのアンサンブルによるコンサートを聞いたのに加えベイエリアでのイルミネーションを見物。
その音色と輝きとともにイブを楽しみました。

BL121224クラリネット1IMGP0057  BL121224クラリネット2IMG_0912  BL121224クラリネット3IMG_0916

クラリネットのアンサンブルは、25年来の友人である音楽家の啓介さんが所属するグループが開いたもので、昨年の9月にもコンサートを聞きに行く機会がありましたが、今回はイブに合わせたクリスマスコンサートとなって、クリスマスソングも盛り沢山。
メンバーはサンタクロースの帽子をかぶって演奏するというサービスもしてくれて、聞いても見ても楽しいコンサートでした(左、中央)。

既に何度か紹介している啓介さんは仙台出身で、私が2カ所目の地方勤務で仙台に赴任した際、彼の方は地元テレビ局に勤務をしている報道記者の仲間でした。しかしその後、啓介さんの方は音楽家としての道を選んで「脱サラ」。横浜で今回のクラリネットアンサンブルに参加するほか、市民らによる「かもめ吹奏楽団」の中心メンバーとして活躍し、さらにはプライベートな音楽教師もされているということです。

そして彼は一昨年、私が東京・銀座で開いた初めての写真展では、なんと50枚近くにも上る会場BGM用のCDを編集してくれ、クラシックからポピュラー、ジャズやレゲエ、日本や韓国の民謡に至るまでバラエティー豊かなそのCD集は、その後も大阪や名古屋の写真展で活躍して、来場者から好評を博し続けています。

そういえば、私が仙台から次の赴任地となった札幌に転勤した際には、引っ越し荷物のほとんどを啓介さんが荷詰めしてくれたということもあり、昔も今も世話になってばかりいる親友のコンサートとあっては、ちょうど上京していた私は少し足を伸ばして駆けつけたくなるのも当然だったのです。

BL121224横浜イルミネーション1IMG_0925  BL121224横浜イルミネーション2IMG_0934  BL121224横浜イルミネーション3IMG_0928

コンサートを聞き終えてから向かった横浜のベイエリアは、華やかなイルミネーションに飾られて、クリスマスの雰囲気がたっぷり。冷たい浜風が吹く夕暮れの屋外ながら、多くの人が繰り出していました。

ベイエリアに向かったのは、観光地の1つ「赤レンガ倉庫」の前に、巨大なクリスマスツリーが立てられていると聞いたからで、横浜の中心街・桜木町から海の中を通る歩道を過ぎて振り返ると、横浜のシンボル、ランドマークタワーなどの夜景が夕暮れの空を背景に浮かび上がっていました(左)。
ランドマークタワーといえば、昨年の後半、3カ月にわたってFMヨコハマの番組にゲスト出演した際、何度か通ったスタジオが中にあるなじみの場所なのですが、そのころを含め赤レンガ倉庫の方面に来たことはありませんでした。

さらに赤レンガ倉庫に近づくと、広場の芝生の上にキャンドルのライトを無数に並べたイルミネーションのオブジェがつくられていました(右)。
私が通りがかった際には、まだキャンドルの点灯作業が続いていて、当然のことながら1本1本にスタッフが人力で火をともしていたのには驚きました。電飾のイルミネーションに比べて、ずっと味わい深いキャンドルの火には、そうした手間暇も余計にかかっていたのです。

そしていよいよ、お目当てのクリスマスツリーは、本物の木を使ったものでありながら、これまでに見たこともないような巨大さで、きらびやかに飾られていました(中央)。

これまた多大な労力を費やしてつくられた美しいツリーも、この時期が過ぎると、もったいないようでも撤去をされてしまうのでしょう。
でも1年で日照時間が最も短い冬至も既に過ぎましたので、これからは新しい年を迎えて、太陽もだんだんと高くなっていきます。美しく楽しいクリスマスの音色や輝きは記憶の中に大事にしまい込むことにして、また前を向いて走っていくことにしたいと思っています。

イブに皇居ラン

クリスマスイブの本日は、東京で「皇居ラン」を楽しみました。

BL121224皇居ラン1IMG_0883  BL121224皇居ラン2IMG_0896  BL121224皇居ラン3IMG_0889

とはいうものの、午前2時過ぎまで延々と飲んで食べていたエンドレスな忘年会の明くる日とあって、午前中の早い時間に始動することはかなわず、昼近くから始めた皇居ランは、宿泊先からではなく、東京・日比谷のランニング用品店が併設するランナー用のロッカー&シャワー施設から(中央)。

空気は冷たいものの好天に恵まれたクリスマスイブの皇居では、大勢のランナーが1周5キロの外周歩道でランニングを楽しんでいました(左)。

皇居ランの起点となる桜田門は現在、改修工事中で、先日に状況して皇居に来たときには門をくぐる部分が通行できず、その外側にあるお掘り端を迂回しましたが、本日は工事は終わっていないものの、ランナーが通れるように通路が確保されていました(右)。
やはり、ここを通らなければ皇居を走った気にはなりませんので、工事をなさっている当局側の配慮には感謝したいと思います。
とはいっても、私の皇居ランは本日は1周だけで、その後は、ちょっとクリスマスらしい場所を訪問することにしました。

10K&明走会忘年会

本日は上京して、東京・大田区で行われた10キロのレース「10K」に明走会の仲間と参加したあと、続いて開かれた会の忘年会に出席しました。

10Kと10マイル(16キロ)走の2種目がある大会「大田区ロードレース」は、このところ明走会の忘年会と抱き合わせる格好で、会のメンバーが一緒に参加する「指定レース」の1つになっています。
名古屋から向かった私は、スタート時間が午後1時前で余裕をもって臨める「壮年10キロ(50歳以上)」の部に、昨年に続いて参加しました。

その結果は、去年より1分20秒早くゴールする44分1秒で、18位。
10キロなら40分を切って走ることができた30~40代のころや、42分台で走った高校時代の自分に比べてもパフォーマンスが落ちているのですが、凋落傾向に歯止めをかけることができた点については、一定の満足感があります。
特に、途中からペースがガタ落ちになった去年とは違って、最後まで、しっかりと走ることができたのは、今月から始めた走り込みの成果のようで、きっちり真面目に練習さえ積めば、「まだまだいけそうだ」という感触もあります。

忘年会には、海外赴任で今年から夫婦一緒にブラジル暮らしをスタートした明走会の名司会者・信義さんと、1年のうちに「サブスリー(フルマラソン3時間内)」「サブテン(100キロ10時間内)」「富士登山競走完走」-の「グランドスラム=三冠」を達成した妻のさつきさんも一時帰国して、駆けつけてくれました。

BL121223大田区ロード&忘年会1DSC00656  BL121223大田区ロード&忘年会2DSC00659  BL121223大田区ロード&忘年会3DSC00757

掲載した写真のうち1枚目は、レース後に会場の陸上競技場で撮影したもの(左)。
既に16キロの部や10キロでも若い人たちの部は終わっていたため、応援の皆さまを含めても写っている人は多くありません。
このうち壮年10キロでトップだったのは、43分33秒でゴールされた快足熟年ランナーで「60代の星」といえる力平さん(奥の右から3番目)。私はあと3、4キロまで一緒に走らせてもらいましたが、最後に引き離されてしまいました。

2枚目で一緒に写ってもらったのは、明走会メンバーでありながら東京陸上競技連盟の審判員も務められ、レースでは途中でコースの監視員を務めながら他のメンバーらの写真も撮ってくれた定雄さんと、「ちびっ子ランナー」でありながら、今年の東京マラソンで初めてフルを完走されたフリーライターのまり恵さん(中央)。

まり恵さんは今回、レースには参加しませんでしたが、PC関連の雑誌で「デジタルおたくのオヤジ」として私を取り上げてくれるためにホンモノのカメラマンらを引き連れて取材に来てくれたのです。
取材は私が走る格好のままで進める必要があったことから、1枚目の写真では、着替え終わった仲間たちの中で私だけが依然として「明走会Tシャツ」姿のままだったのです。

そして午後3時半から東京・浜松町の韓国料理店で開かれた忘年会には、クリスマスを含む3連休の第1日目であるにもかかわらず、約40人の明走会メンバーが参加(右)。
大盛況に終わった1次会の「締め」の場面で写真に写ってくれているのは、明走会の創立以来の永年会長で、今回も10キロを走られた森部好樹さん(写真の中央)や、現在ブラジル在住の信義さん、さつきさん夫妻(その両側)などでした。

この後、私は宿泊先にチェックインするなどのため、いったん仲間たちとは別行動をとったのですが、3次会から出戻って、5次会のラーメン店で本当の「締め」が終了したのは明けてクリスマスイブの午前2時過ぎ。
あっという間に終わった10キロのレースとは対照的に、またまたウルトラマラソン並みに長くなった東京の夜を楽しんで、仲間たちとの親交を温めることになりました。

走った!撮った!大阪15

本日も引き続き「走った!撮った!大阪マラソン」を掲載します。
先月25日の大会から1カ月になろうとしているなか、今回は全18回中の14回目です。
掲載する写真は、すべて32.5キロ付近に設けられた一大私設エイドの給食所の様子。

このエイドが設けられた場所は、私が子どものころを過ごした住之江区で、地元をはじめ大阪各地の商店会がズラリと並べたテーブルには、ご飯ものから漬物、数々のお菓子までバラエティー豊かな食べ物が置かれ、「食の都」大阪の面目躍如といったところ。
ちょうど脚もいっぱいいっぱいになってきたこともあり、私は、あれこれいただきながら、写真も次々に撮らせてもらったというわけです。

BL121125大阪マラソン15-1RIMG0296  BL121125大阪マラソン15-2RIMG0282  BL121125大阪マラソン15-3RIMG0264

BL121125大阪マラソン15-4RIMG0289  BL121125大阪マラソン15-5RIMG0293  BL121125大阪マラソン15-6RIMG0295

BL121125大阪マラソン15-7RIMG0301  BL121125大阪マラソン15-8RIMG0302  BL121125大阪マラソン15-9RIMG0298