FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

走った!撮った!大阪4

今月は自ら定めた「走り込み月間」で、昨日も「最低ノルマ」である通勤ランをすることができました。
片道たった4.5キロ、往復でも9キロの通勤コースですが、昨夕は帰りがけにスポーツクラブに立ち寄ったため走行距離は10キロ余り。それにプラスして水泳のレッスンを2コマ受けるなどで1キロ以上のスイムをしてきましたので、全体のトレーニング量は、まあまあといったところです。

そして、走り込みと平行して掲載を進めている「走った!撮った!大阪マラソン」は本日が4回目です。
スタート地点に近い大阪城の北側に設けられた折り返し点前後の土佐堀通りから13キロすぎまでに撮影をした9枚の写真をアップします。

BL121125大阪マラソン4-1RIMG0064  BL121125大阪マラソン4-2RIMG0063  BL121125大阪マラソン4-3RIMG0059

まだ前半で脚に余裕があったうえ、応援が盛り上がるなかで写真を撮る調子も上がってきた感じで、給水所での写真も、使い慣れない予備のカメラを持っていたにもかかわらず、被写体の方へと「もう1歩」踏み込めるようになってきました。
そうして撮ったのは、片手にドリンクの紙コップを持ち、もう一方の手でVサインをしてくれた美女(右)。
ピントが少し甘めですが、そんなことを気にさせないような魅力的な笑顔でした。

続いては歩道の少し奥まったところでギターの弾き語りによる歌声で応援してくれていたお兄さん(中央)。
カメラを向けると突然、演奏も歌もやめて、私の方を向き、やはりVサインのポーズをつけてくれました。
周囲に流れていた大音量の歌がピタリと止まったことから、私も一緒に目立ってしまったということです。

その直後に撮らせてもらったのは、ビルの窓から応援してくれていた皆さん(左)。
知り合いのランナーと思われる名前を書いた大きな紙が垂れていたのに加え、右側のお父さま・お母さまの手には真ちゅう色の鈴や小さなシンバルのような楽器が握られていました。

BL121125大阪マラソン4-4RIMG0071  BL121125大阪マラソン4-5RIMG0067  BL121125大阪マラソン4-6RIMG0070

大阪城の北側にある折り返しを過ぎた後に撮らせてもらった仮装ランナーは、青と黄色でかためたウエアの男女(中央)。
帽子に乗せた飾りが何だかは分かりませんが、ウエアの原色の鮮やかさと、阪神タイガースの旗を思わせる女性のスカートの縦じまが目を引きました。

良く見ると、右奥の男性ランナーはヒョウ柄のセクシーなウエア。
1週間前に走ったコチャン・コインドルマラソンの地元ランナーたちが着る「原始人スタイル」のユニフォームにそっくりで、コチャンにご招待したくなるほどです。
そういえば縦じまと並んでヒョウ柄も大阪の「コテコテ・ファッション」の代表的な模様。コチャンと大阪を2週続けて走ったことに、なんだか因縁を感じます。

そのあとに撮らせてもらったのは、毛並みのフサフサなワンちゃんを抱えて応援してくれていた女性(右)。
カメラ任せのピントが、ワンちゃんにきてませんが、ご勘弁ください。
それにしても、世の中のご夫婦の顔が互いに似ているのと同じく、ペットと買い主の顔も似るものですねえ。

オレンジの地にグレーの文字という応援用のボードを持ってられたお2人は、ズバリボードの色合いが粋で、目立つことから撮らせてもらいました(左)。
しかし良く見てみると、ボードにはさらにお花まで飾られているという懲りようでした。

BL121125大阪マラソン4-7RIMG0074  BL121125大阪マラソン4-8RIMG0078  BL121125大阪マラソン4-9RIMG0073

給水所で元気いっぱいなのは学生さんだけでなく、お母さまも(右)。
どうもこのところは、写真を撮らせてもらう際、大声で「撮らせてくださーい!」と叫んで、オーバーアクションでお願いするようにしているためか、給水所でもボランティアの方がコップを差し出したり拍手をしたりしている自然な様子よりも、こうしてVサインをしてもらう場合が多いようです。
でもこれはこれで現実のリアクションなのですから、良しというふうに考えたいと思っています。

13キロ地点の沿道にいらした美女軍団は、キラキラの飾りを付けたボードに目を引かれて撮影(左)。

土佐堀通りを離れて大阪市役所などがある中の島に向かう橋の上では、川をバックに応援の人たちを撮ろうとしたところ、逆に美女たちと一緒に記念写真を撮ってもらうことになりました(中央)。

スポンサーサイト