FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

名古屋駅西ナイトラン

土曜日に丸1日の仕事だった本日は、帰宅時のランニングで名古屋駅の西側を走って遠回りするナイトランをしてきました。走った距離は約10キロ。出社時の4.5キロと加えて本日の走行距離は15キロ近くです。

帰宅時の遠回りといえば、これまで自宅を背にして名古屋城や名城公園を走ってくることが多かったのですが、飽きっぽい私は昨日、ちょっと趣向を変えてみようとして江戸時代の運河、堀川沿いを南下するコースを走ってみたところでした。

そして本日、さらなる新機軸として、これまでほとんど足を踏み入れていなかった「駅西」の地域を走ってみることにしたのです。駅西といえば中村区になりますが、本日はその南の中川区に入り、そのシンボルといえる中川運河に沿った道も走りました。
そう、昨日の帰宅ランで訪ねた堀川と中川運河の間にある「松重閘門」を、駅西をぐるっと回ったあとに、反対側から再訪しようと思いついたことが、このコースを走ってみようと思った理由の1つだったのです。

BL121208中村・中川夜景1IMG_0740  BL121208中村・中川夜景2IMG_0744  BL121208中村・中川夜景3IMG_0770

豊臣秀吉の出身地で、「太閤」という地名も残る名古屋の駅西は、名古屋の「下町」に当たる地域で、古くから商工業地帯として栄え、いわゆる「赤線」地帯もありました。しかし駅の東側ばかりで再開発が進み、市街地も東側へと膨張していった結果、時代に取り残された感があります。
名古屋駅の西側にのびる、その名も「駅西銀座」という商店街は、ゲートはそれなりに立派なものの、ご覧の通り「シャッター商店街」の様子で、午後8時すぎには人影もありませんでした(左)。

いくら「駅裏」に当たる地域とはいえ、名古屋ほどの大都市で、玄関に当たる駅のすぐそばが、こんなにさびれているのを見ると、ちょっともの悲しい気持ちになります。
私は名古屋駅から、ほんの500メートルほどの所をJR東海道線とほぼ平行して通る市道を走ったのですが、中村区役所もあるこの付近は2、3階建て程度の低層のビルばかりで、空き地もかなり目立っています。
駅前に超高層ビルが次々に建って、そこだけを見ると新宿かニューヨークのように思える名古屋ですが、街の全体を見ると、まだまだ建造物のリニューアルや再開発は遅れているようです。

駅西を南下すると、中村区から中川区に入る所で、JRの関西本線や名古屋港に至る「あおなみ線」、それに名鉄名古屋線などをまたぐ跨線橋を渡ります。
ここから見ても、高層ビルが建っているのは、名古屋駅東側の一部地域だけであることが分かります(中央)。

中川区に足を踏み入れると、そこは中川運河の起点部分を囲むように広がる倉庫街などの商業地域の一角で、とても名古屋駅からほんの1、2キロの場所とは思えない殺風景さです。
その地域を貫く中川運河は、見慣れた堀川の「上流部」とは比べものにならないほどの広さの水面があって、起点近くで2股に別れ、少し幅を狭めた運河沿いをたどると、松重閘門が見えてきました(右)。

写真に収めたのは、閘門の1対の水門のうち、昨日の記事で紹介した堀川側ではなく、中川運河側の水門。
運河は2つある水門の塔の間にわずかに見えているだけで、運河沿いにある温泉のスーパー銭湯の明かりが暗闇のなかで目立っています。
水門の塔は産業遺産として保存されましたが、水門の間にあった水路は既に埋め立てられ、その上を横切る格好で国道と高速道路が通っています。

ということで、「走った!撮った!大阪マラソン」に割り込む形で2日続けて、帰宅時の夜間の「寄り道ラン」について書いた記事をアップさせてもらいました。
もちろん、「走った!撮った!大阪」は、これまで通り、まだまだ続きます。ご期待を。

スポンサーサイト



走った!撮った!大阪7

「走った!撮った!大阪マラソン」の7回目を掲載します。
今回は17キロ手前にある大阪・ミナミの中心街・難波から御堂筋を右折してたどる千日前通と、その先の19キロすぎで通過するコースのハイライトの1つ「京セラドーム大阪」までに撮った写真9枚を紹介します。

BL121125大阪マラソン7-1RIMG0139  BL121125大阪マラソン7-2RIMG0134  BL121125大阪マラソン7-3RIMG0135

最初に紹介する写真2枚は17.5キロ付近に設けられていた給水所で撮らせてもらったもの(中央、右)。
中央の写真は、一緒にボランティアをされた、お母さまとお嬢さまのようです。
ということは、大阪マラソン当日の記事にコメントしてくださった和代さんたちでしょうか?
とすれば、掲載がこんなに遅くなりまして、申し訳ございませんでした。
仲良くボランティアをされている様子が伝わってくるうえ、後ろにいらっしゃるお2人も楽しそうな感じで、なかなか素敵なショットになりました。ありがとうございました!

その直後に撮らせてもらったのは、水の紙コップを回収するための段ボール箱を差し出されるお父さま(右)。
疲れてくると、使ったあとのコップを、ゴミ箱などにうまく投げ入れられないこともありますが、こうして箱を差し出されると、きちんと入れたくなるものです。

次に撮らせてもらった仮装の女性ランナーは、ご覧の通りペンギンの着ぐるみをかぶって走ってられました(左)。
「撮らせてください!暑くないですか?」とカメラを向けながら尋ねたところ、こう答えてくれました。
「暑い!見えにくい!走りにくい!」
でも、目立っていましたですよ。沿道の応援の人もボランティアもランナーも、楽しんでくれたはずですよ。

BL121125大阪マラソン7-4RIMG0140  BL121125大阪マラソン7-5RIMG0141  BL121125大阪マラソン7-6RIMG0142

BL121125大阪マラソン7-7RIMG0145  BL121125大阪マラソン7-8RIMG0146  BL121125大阪マラソン7-9RIMG0147