FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

雪でも通勤ラン

名古屋では昨日、例年より11日早く初雪が観測され、本日は朝方、街がうっすらと雪化粧しましたが、私はそんななかでも走って出社し、通勤ランを続けました。

自宅を出る際には雪がかなり降っていましたので、私は撥水性のウインドブレーカーの上下と帽子を身に着け、ゴアテックス仕様で防水のトレランシューズを履いて「完全武装」で走り始めました。
しっかり着込んで靴も重たかったうえ、昨日はバイクで、一定の距離を走っていたこともあって、スピードは出そうとしても出ない感じでした。
しかし、雪の景色は新鮮で、途中で何枚か写真も撮りながら楽しんで出勤することができました。

BL121210雪の久屋大通1RIMG0164  BL121210雪の久屋大通2RIMG0183  BL121210雪の久屋大通3RIMG0170

雪は降っていましたが、気温が下がりきっていなかったためか、道路に雪が積もるほどではなく、足元の不安はありませんでした。しかし、それでは「雪景色」を眺めることも撮ることもできなかったため、今朝は名古屋の市街地を南北に貫く巨大なグリーンベルトの「久屋大通公園」を通って出勤しました。

公園の歩道にも雪は積もっていませんでしたが、公園を横切る通りをまたいで架けられている連絡橋の上は1センチほどの雪で覆われ、そこに先に通った人たちの足跡がついていました(左)。
橋の向こうには名古屋テレビ塔が小さく見えています。

テレビ塔の近くにある花壇では、さきそろったマリーゴールドのオレンジの花の中央部分に雪が乗っかって、スイーツを飾るクリームのように見えました(右)。

久屋大通公園の北の端にあるケヤキの林まで来て振り返ると、わずかに色づいた葉を残す木々が降りしきる雪にけむって、いつもは見えるはずのテレビ塔が見えなくなっていました(中央)。

スポンサーサイト