FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

冷たい夜、またヤッソ

本日は夜まで仕事をしたあと、職場に近い名城公園に行って、10日前に続いて2回目となる800メートルを10本のインターバル・トレーニング「ヤッソ800」をしました。

フルマラソンのタイムを予測できるという800メートルの平均タイムは、前回よりも2秒早い3分34秒。
これでフルのゴール予測タイムは3時間34分ということになりました。
2月3日に京都府で走る予定の木津川マラソンでは、3時間半を目指して練習してきましたが、どうやら、このままでは、その目標タイムには届かなさそうだということです。

朝方に職場まで出勤する際のランニングを含めて、本日の走行距離は20キロ余り。
今月初めから本日までの総走行距離は296キロで、久々に2カ月連続で300キロを達成するまで、残りは4キロだけとなりました。これはこれで、それなりの達成感がありますが、その半面、これだけ走ってもパフォーマンスはなかなか上向いてこないという厳しい現実には、ちょっとがっかりもしています。

BL130126名城1IMG_1583  BL130126名城2IMG_1584  BL130126名城3IMG_1588

3日前、私の人生で大きな節目となりそうなうれしい出来事があったのですが、体調の方はどうもイマイチ。
2カ月にわたって積み重ねた久々に真面目な練習の疲れが出てきているのか、ここ数日は「持病」の腰痛が悪くなってきている感じで、身体も重く、本日の夜も当初は全く走れる気がしませんでした。

おまけに本日の午後は、寒波の影響で名古屋市内でも雪がちらつき、夜の空気は、まさにしばれるほど。
昨日の夜に予定していながら、やはり気が進まずにやめたインターバル・トレーニングを今夜もやめてしまう理由は増えていました。
しかし、これを明日以降に延ばせば、疲労の回復に使える日数は、さらに減ることになります。
かといって、ほとんど最後のポイント練習をしないままレースに臨むのも、なんだか締まりが良くありません。

ということで、気持ちを奮い立たせて荷物を名城公園に近い地下鉄駅のロッカーに入れて、耳を出していると痛くなるほどの寒さのなか、公園の1周1.3キロのジョギングコースに向かいました。

掲載した写真は、駅に向かう前に少し遠回りをして名古屋城の外堀沿いや公園内で撮っておいたもの。
左はお堀端の街灯に照らされた柳の木と、その向こうに寒々と光っていたお月さま。
中央は、そのお堀の向こうにライトアップされていたお城の「西北隅櫓」。
ご覧の通り、栁の枝も、櫓の瓦屋根の上も、粉砂糖をふるいでかけたように、うっすらと雪化粧していました。
右は、名城公園のジョギングコースで、南側の「800メートル」地点の標識を撮ったものですが、これまたご覧の通り、雪で文字が見えなくなっていました。

本日は本当なら、10キロのペース走をするぐらいがレース前の調整としては妥当なようにも思っていました。
しかし体調がすぐれないことを考えると、たった10キロを走ってみても途中でペースが落ちていくようならば、すっかり自信がなくなりそうですし、インターバルの方が身体へのダメージは少し大きいかもしれないものの、調子が悪ければ途中で切り上げやすそうにも思えました。

そうしてとにかくスタートしてみたインターバルですが、あまりの寒さに初めのうちは身体が硬くなって、きつく感じ、早々にやめたくなるほどでした。
しかしタイムは1周目が3分32秒、2周目は3分33秒とまずますで、身体が少し温かくなってきた3周目には3分31秒、4周目には、ここの800メートルで初めて3分30秒を切る3分29秒で走れました。
さらに5周目から7周目までは続けて、ちょうど3分33秒で刻むことができ、そこまではほとんどペースが落ちないままでした。

ところが、8周目になって急に胸が苦しいように感じて、呼吸をうまく整えることができなくなってきました。
それでも8周目は3分35秒で走れましたが、そのあとの2周は3分39秒、42秒とペースダウンしました。
8周目まではリカバリーの500メートルを、3分10秒台前後でつなぐことができましたが、そのあとは3分30秒ほどかかったことからも、後半に疲労が出てきたのは明らかで、ダメージを少なくするためにも8周で切り上げても良かったかもしれません。

しかし、やはり10周を完走しなければ前回の記録と比べることもできなくなりますし、頑張ったという達成感も半減してしまいそうに思えたことから、ちょっと無理をしてみました。
さすがにゴール後はヘトヘトになりましたし、この疲労が今度のマラソンにマイナスになる可能性もあります。

でも、それはそれ。結局のところ、既にほぼ結果は分かっているマラソンでのパフォーマンスには、大きく影響することはないはずですし、もし影響が少なくなかったとしても、所詮マラソンは遊びなのですから、その結果は甘受します。

ここまで、このささいな遊びのために、それなりの努力を積んできたことを思い出して、充足感を抱きながら、それを少しばかりの自信へと醸成しつつ、残りの日々を身体のケアと調整に努めたいと思います。

アスキーPCに登場!

中高年向けのパソコンとデジタル機器の雑誌「アスキーPC」の特集の中で、私がカメラおたくのオヤジとして1ページを使った記事に登場!“走るマラソンカメラマン”としての“活動”も紹介してもらっています!
このところ毎日の記事で、写真は掲載しているものの、文章の方がおろそかになりがちですが、この雑誌の記事については写真を見て内容を読んでいただくこともできますので、またまたとりあえず写真のみをアップすることにします。

BL130124アスキーPC1DSC00096  BL130124アスキーPC2DSC00094  BL130124アスキーPC3DSC00097

「アスキーPC」は、15年前に創刊した老舗のパソコン活用情報誌「アスキードットPC」がリスタートしたもの(左)。
主に中高年をターゲットとして「『知りたい』『やってみたい』を満足させるデジタル大人誌」とうたっていて、パソコンやデジタル機器のノウハウや製品情報についての分かりやすい記事を掲載しています。

そのアスキーPCの今年最初の号となる3月号で目玉となっている特集の1つが「出掛けるときは忘れずに!『旅』に持って行く“必須”デジタル機器」です(右)。

そして、その特集のなかで、機器などの説明に続く「達人に聞く!」で紹介された5人の「達人」の1人として、カメラおたくの私が登場させてもらっています(中央)。

この雑誌の記事については、東京で10キロレースを走った先月23日のブログの記事で、さわりを紹介しています。そう、タネをあかせば、この記事は明走会の「ちびっ子」ランナーで、敏腕フリーライターの、まり恵さんが執筆してくれたもの。誌面上で紹介されている黄色い「明走会Tシャツ」姿の私は、10キロレースを走ったあとに撮影してもらったもの。

記事をご覧いただければ分かりますが、誌面にはまた、私が東京マラソンや大阪マラソンで撮影した写真に加え、一昨年に大阪で開いた写真展の会場の様子の写真も掲載されています(東京マラソンの写真は、東京夢舞いマラソンのスタッフが中心となって運営してきた40キロ地点の給水所で撮ったもので、明走会・夢舞いの松っちゃんや真也子さんが写っています)。

カメラやレンズをゴロゴロとテーブルの上に並べて撮った「おたくの象徴」ともいえる写真は、デジタル機材を中心にコレクションの一部を除湿保管庫から取り出して自分自身で撮ったもの。レースに行く前夜、夜なべをして作業をしたのですが、メーンのコンパクトカメラを1台、加えるのを忘れていました。

レース後に撮った、いわばなかば「やらせ」写真の下に書かれた私のプロフィールには、このサイトのアドレスまで紹介していただいています。
というわけで、アスキーPCから訪問してくださる方もいらっしゃるかと思います。この通りで、サイトもブログもランニング&カメラおたく丸出しの内容ですが、ありがとうございます。

枚方・山田池でラン

用事があって実家のある大阪・枚方市に出かけていた昨日、実はプライベートにおいて人生の大きな出来事があったのですが、基本的にプライベートな話題を控えることにしているブログで今のところ、それを紹介することははばかられます。

その代わり、用事を終えた昨日の夕暮れどき、枚方市内にある大きなため池を中心とした「山田池公園」の遊歩道で、ランニングをしてきた際の写真を掲載しておきます。

BL130123山田池1DSC00072  BL130123山田池2DSC00074  BL130123山田池3DSC00088

山田池公園は10年以上前に一度だけ、両親を連れてハナショウブを見にきたことがありましたが、そのときのことはほとんど覚えておらず、事実上初めての訪問のようなものでした。
といいましても、到着したの既に夕暮れどきで、あたりは薄暗くなっていて、景色を楽しむことはあまりできませんでした。

公園の入り口の駐車場に着くと、何十羽ものカラスが群れをなして木から木へと飛び移っているところで、道向かいの木のこずえに来たところで撮影(左)。

山田池公園のジョギングコースは1周約3.2キロで、私はそこを2周するなどして約11キロを走りました。
2周のうち1周目はゆっくりジョギングしながら写真も撮り、2周目はやや速めに走って15分30秒余り。
かなりスピードを上げたつもりでしたが、1キロ4分50秒ほどもかかっていました。

1周目に撮った1枚は山田池の様子(中央)。
ここのジョギングコースは、このところ30キロ走で訪れている愛知池のように池の近くばかりを通るわけではなく、暗くなる前には、こんな写真しかありません。
山田池で見る月は「枚方八景」の1つに数えられているということですが、その月も曇り空のため眺めることができませんでした。

公園の南半分ではジョギングコースの道幅は10メートルほどにもなって、周囲の風景も林ではなく、芝生の広場となって、見通しが良くなり、なんだか北海道の牧場のようです(右)。
これなら1000人規模のランニング大会でも開けそうな感じで、実際、地元の「枚方マスターズ」のランナーらは、ここで練習しているそうですが、ジョギングコースが広くなる部分の路面が小石を敷き詰めて固めた硬いもので、長距離を走るには、ちょっと不向きかもしれません。
コースの一部だけでも陸上競技場のようなタータン(合成ゴム)か木材のチップを敷き詰めるかすれば、もっとランナーの間で人気になるような気がします。

夕方のテレビ塔・県庁

本日は用事があって大阪・枚方市に来ていて、日中には紹介できる写真もネタも仕込めなかったのですが、その代わりに昨日の午後、名古屋市中心部での仕事を終え、職場に徒歩で戻る際に撮した町の風景の写真を掲載します。被写体となっているのは、名古屋テレビ塔、そして愛知県庁の本庁舎と分室の庁舎です。

BL130122名古屋市内1DSC00041 BL130122名古屋市内2DSC00055 BL130122名古屋市内3DSC00066 BL130122名古屋市内4DSC00064

2カットを掲載するテレビ塔の写真のうち1枚目は、名古屋中心部にある複合施設「オアシス21」の屋上部分から撮ったもの(左)。
オアシスの楕円形をした屋根の部分は、その名前の通り水が張られた巨大なプールになっていて、その水を手前にあしらってテレビ塔を狙うと、いずれもシルバーの、プールわきの手すりもテレビ塔も、傾いた太陽からさす斜光を浴びて光っていました。

テレビ塔が写った写真のもう1枚は、今を盛りと咲き誇るサザンカの花を「なめて」撮ったもの(中央左)。
もろに逆光となりましたが、露出を明るくすれば背後のテレビ塔が白っぽく「とんで」見えなくなりますので、遠くからではありましたが、ストロボをたいて撮影しました。
そうそう、この写真は、テレビ塔の立つ久屋大通公園から撮ったものです。

近代的なビルの屋上部分に瓦屋根の構造物を重ねた「帝冠様式」の建築で知られる愛知県庁は、地元では人気の建物で、プラモデルがつくられるくらいですが、本日は昇り始めた下弦の月を絡めて撮るため、写真では、その一部しか写っていません(中央右)。

県庁の手前で、名古屋の目抜き通りの1つ、大津通に面して建っていた古い建物を撮影したところ、この建物もまた「愛知県庁大津橋分室」という県庁の分庁舎でした(右)。
大津橋は、県庁や、その隣にあって、やはり帝冠様式の名古屋市庁舎を名古屋城の外堀の内側に建設するため、大津通を延伸して外堀をまたがせるため1933年につくられた橋。
そのために城の土塁の一部を壊さざるを得なかったということです。

ランナーズにエッセイ

本日発売の雑誌「ランナーズ」に、私が書かせてもらったエッセイが掲載されています!
このエッセイは、月ごとに代わる筆者が食べ物とランニングについて書くリレーエッセイ「なによりも『食事』が大事」の第24回目で、私が書かせてもらったのは、3年にわたって進めてきた日韓ランナー交流の相手先であるコチャンを訪ねた際にいただいた料理をテーマとした「韓国コチャンで食べるジャンオグイ(白焼きにしたウナギ)」。

韓国・全羅北道のコチャン郡で開かれる「コチャン・コインドルマラソン」を走るための旅行で、昨年は大会の前日にいただいた地元の名物料理の1つを取り上げながら、素材の味を生かした料理の美味しさや、野菜がたっぷりと食べられる韓国料理の魅力について書かせていただきました。

このリレーエッセイは元エリートランナーの方などランニング界の有名人の皆さんが執筆されているとあって、年末に編集部から依頼を受けた際には「私など役不足ではないだろうか」とも思いましたが、ちょうど3年目を迎えた日韓ランナー交流や、昨年のコチャン訪問の際に郡守(長)のイ・ガンスさんから感謝賞をいただいたことについて何かを書きたいと思っていたところでしたので、「コチャンの話も絡めてみてください」という担当者の方からのアドバイスも受けて、いわば得意分野でもある韓流の食について書くことにしたものです。

BL130122ランナーズ2IMG_1565  BL130122ランナーズ1IMG_1563  BL130122ランナーズ3IMG_1554