FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

愛知池で30キロ走

本日の午後、愛知県日進市と東郷町、みよし市にまたがる大きなため池、愛知池のウオーキング・ジョギングコースで30キロ走をしてきました。

愛知池は、木曽川と知多半島を結ぶ愛知用水の途中に設けられた調整池で、岸辺に沿って1周7.4キロの歩道があり、名古屋近郊では河川敷を除くとノンストップで距離走ができる屈指のランニングコースとなっています。
私の自宅の最寄り駅から地下鉄・名鉄で20分ほどで近くまで行ける愛知池には、以前もマラニック的なのんびり走で来たことがありましたが、コースを何周も回って距離走を試みるのは初めてのことになりました。

少し頑張って走るつもりのフルマラソンまでほぼ1カ月となって昨日、そろそろ30キロを走っておこうと思い、その場所として真っ先に考えたのが愛知池でした。山でもないところにわざわざ走りに行くのは時間の無駄のようにも思いましたが、レースでないとはいえ、30キロを走るのには、それなりの気合いが必要ですので、やる気を奮い立たせるためにも、ちょっとスペシャルなコースに出向くことにしました。

その愛知池で走ったのは4周の29.6キロ。タイムを測って走った距離は、30キロに及びませんが、駅からスタート地点まで約1キロをジョギングで往復していますので、それを合わせた走行距離は31.5キロほど。これで今月初めから本日までの6日間に走った距離は73.5キロとなり、再び1カ月300キロペースを上回ることができました。

BL130106愛知池1IMG_1121  BL130106愛知池2IMG_1120  BL130106愛知池3IMG_1128

電車での移動となり、駅や池にはロッカーなどがありませんでしたので、本日の30キロ走では小さなバックパックを担いで、その中に走りながら水分補給するためのホース付き水筒(ハイドレーションシステム)や前後に着るための軽量のダウンジャケットなどを入れていました。
もちろんカメラも持っていましたが、本日は走りがメーンですので、写真を撮ったのは走る前と後の数枚ずつ。
駅から池のほとりに来た際の1枚(中央)と、周回コースのスタート地点で走る前後に撮ったものだけをアップします(左、右)。
ご覧の通り、走り終えた際には日が暮れていましたが、途中で見た夕陽は記憶の中にしか残っていません。

そして肝心の走りの方ですが、久々にノンストップで走った30キロは思った以上にきつく、楽に走れるペースでスタートしたつもりが、周回ごとにズルズルとペースが落ちていきました。
29.6キロのタイムは2時間50分近く。1周目は1キロ当たりほぼ5分で入り、3周目まではなんとか5分台を維持できましたが、4周目はガクッと落ちて6分オーバーになってしまいました。

ペース走というより、とにかく30キロを走りきることを目標にしていましたし、荷物も担いでいましたからタイムはどうでも良いといえるのですが、それにしても数年前までは30キロ走なら2時間20~30分で走っていたことを思えば走れなさすぎます。
何よりも、それほど速いつもりじゃないペースで走り始めたにもかかわらず、ペースがどんどんじり貧になっていったのは情けないところです。

でもまあ、こうしてスピードも持久力も落ちてしまっているのが今の自分の実力であって、この現実を受け止めながらまた、少しずつ頑張っていくより仕方ありません。
それにジョギングペースになったとしても、とにもかくにも30キロを走ったことは間違いなく、この事実は今後の練習の土台にもなりますし、レースでの精神的な支えにもなるはずですから。

スポンサーサイト