FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

大阪の新旧シンボル

昨日は写真関連のシゴトの打ち合わせのため大阪に出掛けてきました。

向かった先は、私が通った中学・高校のある大阪市天王寺区で、その中心にある天王寺駅前前には、来年竣工して大阪の新しいシンボルとなる超高層ビルの建設が進んでいました。
またシゴト先からは大阪の古くからのシンボルであり昨年、誕生から100年を迎えた通天閣が見えました。
ということで本日紹介する写真は、それら大阪の新旧のシンボルと、仕事先の会社が入っているビルです。

BL130112天王寺1IMG_1281  BL130112天王寺2IMG_1289  BL130112天王寺3IMG_1284

昨年の11月8日に、やはり写真関連のシゴトの打ち合わせで天王寺に来た際にも記事に書きましたが、この駅前の高層ビル「あべのハルカス」は、オフィスのほかにホテルや百貨店も入る複合ビルとして2014年春に竣工する予定です。完成すれば60階建て、地上300メートルの高さとなり、296メートルの横浜ランドマークタワーを抜いて日本最高のビルになるのだそうです。

東京のスカイツリーが建設されたのが、古い家屋も密集する下町だったのと同じように、幾つもの鉄道路線の起点や通過点になっているターミナル駅の天王寺かいわいも、路地を一歩入ると古い商店街が残るような場所です。
駅前の歩道にも自転車が並べて駐輪してあるのも、何事も「ええ加減」な大阪らしい風景だと思いました。

私が訪ねた中学・高校の同級生、幸さんが勤務される会社が入るビルは、天王寺駅から歩いて5分ほど(右)。
6階にある事務所からは西側の眺望が抜群で、落ちていく夕日を眺めることができたかと思えば、今度は、夕暮れと同時にライトアップされる通天閣の姿を楽しむこともできました(中央)。

さて、幸さんが手掛けてくれている写真関連のシゴトの内容なのですが、なんとか目鼻がついてきた段階ですので、ここで慎んで告知をさせていただきます。
去年10月の大阪での写真展に来場してくれた幸さんを紹介させていただいた際にも、そのさわりを書かせていただいていますので、もうお気づきの方も少なくないかと思いますが、東京、大阪、名古屋と展示会を開いてきた「走った!撮った!世界のマラソン」の写真集を出版するというのが、そのシゴトなのです。

これまでに本や写真集を出した実績のないシロウトの私が撮った写真を、幸さんの勤務先である出版社が「商売」として取り上げてくれるという、ありがたいことで、ちょっと身の引き締まる思いがしています。
もちろん、商売にしてくださるわけですから、多くの方に買っていただき、採算が取れなければ元も子もないということで、写真集の本のサイズやページ数は控えめなものにならざるを得ません。

しかし、そんな多くの制約があるなかで、担当の編集者である幸さんも出版社の社長さんも、私が撮りだめた写真を、面白がって「モノになる」と見てくれているのは、うれしい限りです。
特に幸さんは写真の選択やレイアウトを引き受けてくれるなかで、写真を自分のモノのように良く見てくれて、すっかり私の写真の「ツウ」になってくださっています。

「やってて、素直におもしろい仕事も、たまにあると楽しいわ」
幸さんが、そんな風におっしゃってくれるように、この小さな写真集が、多くの方にとっても、おもしろくて楽しいものになってくれることを願いたいと思います。

さんざん前触れをさせてもらいましたが、まだ今のところ写真集が日の目を見る時期は決まっていません。
仕事をしたり走ったりして、ブログの作業にも追われる私が、やるべき作業をスムーズに進められないことが見通しを立たなくしている一番の原因です。
しかし今後は、写真が私にとって「遊び」であることや、幸さんが友人であることに甘えることなく、気を引き締めてこのシゴトを進めていきたいと思っています。

スポンサーサイト