FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

富山ブラック

昨日まで1泊2日で富山に出張していた私は本日、名古屋で仕事のある土曜を迎えましたが、紹介するネタは富山で仕込んでおいたものです。

といいますのは先ごろ2日続けて中・長距離のバイク(自転車)トレーニングをしたことで疲れがたまったためか、風邪を引き込んでいて、通勤ランニングも昼休みの外での食事もする気にならず、新しいネタがないからです。また風邪は急に良くなりそうもなく、富山の取り置きネタは一気にはき出すことも控えて、2回に分けて掲載することにします。

ネタを仕込んでおいたとは言うものの、要するに富山で食べ歩いた地元名物を紹介するだけのことです。
で本日のネタは「富山ブラック」、あるいは「ブラックラーメン」。名前を見て分かる通り、黒いラーメンです。

BL130215大喜1IMG_0115  BL130215大喜2IMG_0114  BL130215大喜3IMG_0168

ブラックラーメンについては以前、富山に来たときに聞いていましたが、トライする機会には恵まれませんでした。
会社の出先の先輩は「あんなもの人間の食べるものじゃない」と言われる一方、若者からは「なかなかイケますよ」という声もあって、すすんでいただきたいとは思わなかったものの、「怖いもの見たさ」もあって、機会があれば試してみても良いと思っていました。

今回は昼ごろ富山到着して、仕事先に向かうまでのランチの時間が少ししかとれず、調べてみると、ちょうど駅前にブラックラーメンの老舗が支店を出していることが分かったことから、入ってみることにしました。

かつて札幌にいたころ、ダシの素か油かを焦がしたことにより、やはりスープを黒くしたラーメンを出す店があり、それはなかなか香ばしくて、ときどき食べたくなる味でした。
しかし、下調べしたところによると、富山のブラックラーメンが黒いのはたんに醤油が濃いからであって、胡椒も多めにかかっているということでしたが、とにかくしょっぱいことが予想されました。

そして実際に出てきたブラックラーメンは、真っ黒というわけではなく、濃い醤油の色。それでもぱっと見は茶色というよりはやはり黒に近い色です(左)。
「ほんとうに黒いですね」と、大きな荷物を背負って見るからにイチゲンさんの私が話すと、給仕係の女性は「そうですね。黒いですねえ」と応じてくれました(中央)。

スポンサーサイト