FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

通天閣&富士山

今月21日に宮古島で開かれるトライアスロンに向けたトレーニングの節目として、前の土日にバイクとランニングのロング練習を続けて行った私は本日、仕事を終えた足で名古屋市内にある50メートルプールに出かけ、閉館近くまで約1時間をかけて2.5キロというスイムのロング練習をしました。

本番で泳ぐのは3キロですが、浮力を得られるウエットスーツなしに、あと500メートルのところまで疲れを感じることなく泳げましたので、これで何とか本番でも陸上に上がってくることができそうな気がしてきました。

先日のバイクとランのロングも、ランのあとに体調を崩したものの、走っているときはかなり快調でした。
バイクでは、ゆっくりしたペースではありましたが本番の155キロより長い178キロを走って、後半にペースが落ちることもなく、走り終えてもまだ50キロか100キロはいけそうな感じでした。
脚が疲れたままで試みたランのロングも苦しくなったりペースが落ちたりせずに30キロをクリアして、あと10キロあっても、なんとかなりそうな感じでした。

それら3種目をいっぺんにこなすため、これからは身体の芯の部分にたまっている疲れをとって、体力も維持しながら練習量を落としていくことにしたいと思いますが、多少疲れていても、それなりに動けるようになったことは確かで、歳をとっても練習の効果は得られるのだといことを実感しています。

ということで、本日紹介する写真は、バイクのロングライドに続いてランの30Kをこなしたあとに参加した大阪でのミニ同窓会の際に撮ったものです。

といいましても、何度も書いている通り、宴の前半に体調を崩した私は写真を撮るどころではなく、約20人が集まった同窓生たちの乾杯シーンや集合写真すら手元にはありません。
辛うじてアップできるのは、会場となった高層マンションのパーティールームから見た大阪のシンボル・通天閣の夕暮れ前後の眺め、そしてかつて一緒にお芝居をしていた秀昭さんや美女3人とともに撮ってもらったグループ写真だけです。

グループ写真の背景に映っているのは、中学時代に学年の行事として出かけた富士登山の映像。
この映像と、高校時代の修学旅行の映像は、8ミリフィルムに残されていたものを、テレビディレクターの秀昭さんが編集してくれて、それらの上映が今回の中高時代の同窓会のメーンイベントだったのです。

去年、誕生から100周年を迎えた通天閣も数10年来ほぼ同じ姿のままなら、40年前の映像に映っていた富士山も私が40代に毎年何度も出かけていたときと山そのものは何ら変わりありませんでした。
そして、少しばかり年輪を刻んだ同窓生たちも40年という時間を思えば、けっこう頑張って、かつての面影を維持しているものです。
そしてそして、なんと言っても変わらないのは友情。これはうれしいことに深まる一方なのです。

BL130331同窓会1DSC01558  BL130331同窓会2DSC01553  BL130331同窓会3DSC01559

さて、富士登山の映像をバックに撮った記念写真に写っている同窓生は、前列が秀昭さん、後列の女性は左から由佳さん、イシコさん、ターこさん。

そのうち由佳さんは、ここ数年ランニングにはまっていて、今年は初のフルマラソンを目指されます。
イシコさんは歯科医であり、お母さまでありながら、私たちの同窓会の永年名誉幹事的な存在で、そのバイタリティーは私もかないません。
そしてターコさんは学生時代になさっていたバレーボールを、その後も継続して、地域のチームなどで活躍されてきています。

スポンサーサイト