FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

梅雨の中休みの夕方

本日、大阪・枚方市で所用があって年休をいただいた私は昨日の仕事が終わったあと、名古屋から移動してきました。本日と同じく梅雨の中休みで曇り空だった昨日の夕方、職場から名古屋駅まで歩いた際にスナップした写真6枚を掲載します。本日は用事を済ませたあと、枚方に住む両親を連れて大阪の美術館に出かけたものの、掲載できる写真は撮ることができなかったからです。

BL130605夕方1RIMG0115  BL130605夕方2RIMG0131  BL130605夕方3RIMG0125

職場を出て間もなく通ったのは、私が「街の花園」と呼んでいる御園通で、ここの歩道わきや建物の前に地元の人たちが競うようにして四季の花々を咲かせています。
昨日カメラを向けたのは、やはり梅雨の花であるアジサイで、以前狙ったのと同じく、雨傘をさした男女の子どもが描かれているシャッターを背景にしましたが、梅雨の中休みとあって、その前を通りがかった女子学生が手にしたのは傘ではなく携帯電話でした(左)。

次に撮ったのは、城下町の雰囲気を残す四間道の端にある浅間神社の狛犬(右)。
先週土曜日の昼休みに、ここを訪れた際には、狛犬の向こうに見えるベンチにオバサマ2人が座って談笑されていましたが、本日は夕方とあって、ここには誰もおらず、ベンチの上には裸電球がともっていました。

浅間神社から少し駅に向かった路地では、コンクリート造りの建物のベランダ部分に、場違いな「屋根神さま」が祭られていました(中央)。
防火や厄よけを願い、町家づくりの2階建て民家で1階の屋根の上に祭られる屋根神さまは、四間道の民家に大きなものが1つあるほか、屋根から降ろされたもう1つが、やはり四間道の外れにある五条橋のほとりに移設されているのを知っていましたが、今回写真に撮ったのは新たに「発見」したもう1つとなります。

ご覧の通り、この家は、玄関先に鉢植えのアジサイが咲いて風情があるものの建物自体はコンクリート造りで、この屋根神さまもまた、この場所かほかの場所の木造民家から移設されたものと思われます。

BL130605夕方4RIMG0134  BL130605夕方5RIMG0135  BL130605夕方6RIMG0136

さらに駅に近づいた路地にある小さな駐車場では、青い車の前に真っ赤なユリが咲いていました(左)。
何のことはない風景なのですが赤と青のコントラストが印象的で、その部分だけを切り取ってみると、やはりちょっと印象的な写真になりました。

名古屋駅前で大通りを渡る横断歩道では、前を歩く女性たちのミニスカートや白っぽいパンツが一足先に夏の到来を告げてくれているようでした(中央)。
その向こうにそびえるツインタワーの駅ビルを写し込むために、低めのアングルでシャッターを切ったところ、ちょっとばかりエッチなオヤジが撮ったようにも見えて、写真の掲載をためらいもしましたが、さわやかな雰囲気も捨てがたく、掲載させてもらいました。

名古屋駅の新幹線ホームではビジネスで移動中とみられる男性たちが列車待ちをしていて、写真に撮った6人のうち半数の3人は上着を脱いでいました。やはり夏が近いことを感じさせる風景でした。

スポンサーサイト