FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

「走った!撮った!」写真集が完成!!!

「走った!撮った!世界のマラソン」の写真集が、ついに完成しました!!!
出版元である大阪の東方出版のホームページや、アマゾンをはじめとする書籍の通販サイトで紹介や予約販売の受付が始まり、今月中には書店にも並び始める予定です。

B5版変形サイズのペーパーバックで71ページに118枚もの写真を盛り込んだこの本は定価が1500円(税別)。写真集にしてはコンパクトで軽量ですが、レイアウトも凝っていて、笑顔と躍動感あふれる「走った!撮った!」の世界を手軽に楽しめる内容になっています。
紹介したマラソンは、これまでの写真展でメーンの展示となってきた海外の大都市7カ所と東京、大阪、京都という国内の大都市3カ所、沖縄の3大会、それに東京夢舞いマラソン、コチャン・コインドルマラソンの計15大会に上っています。

私にとっては人生52年余りにして初めてとなる自らの単行本の出版で、写真展の開催と比べると、また質の違う緊張感と高揚感に包まれています。

BL130610写真集出版1RIMG0050  BL130610写真集出版2RIMG0055  BL130610写真集出版3RIMG0062

主要な各大会の説明のなかでは、最新の参加者数を盛り込んでいるものの、写真そのものは去年まで9年がかりで撮りためてきたものですので、海外を含むマラソンの紹介という意味ではアップトゥデートな本とは言えないでしょうが、「マラソンの楽しさを伝えたい」と願った自分の気持ち、それにこたえてくれた被写体の方々のパワーは多少の年月が流れても、何ら色あせるものではないはずです。

各地で開いてきた写真展で、来場してくださった皆さんが味わってくれた楽しさや感動を、今回の写真集出版によって、より多くの方々に伝えることができれば、このうえない喜びです。
大阪での写真展に来場されたうえ、写真集の企画をもちかけてくださった東方出版の今東成人社長、編集者で中学・高校の同級生である北川幸さん、そして楽しい写真をいっそう楽しめるようにとカラフルなデザインとレイアウトを工夫してくださったデザイナーの濱崎実幸さんには、感謝の気持ちでいっぱいです。

なんだか写真集の「あとがき」のような文章になってしまいましたが、そうそう、本の表紙や中表紙でもなくてはならないポイントとなった私のイラストを描いてくれた柴山ヒデアキさんにも感謝感謝です。

みなさんが費やしてくださった努力や、写真に写ってくださった人たちの笑顔にこたえるためにも、この写真集を多くの方々に手にとっていただければと願っています。
なにぶん趣味で走って撮っているシロウトの初めての本ですので、口コミのほかツイッターやフェイスブック、それに通販サイトへのコメントなどで、ぜひ盛り上げていただければ、ありがたく存じます。
こんなに楽しく中身の詰まった写真集は、なかなかないということだけは、胸を張って言えますし。

スポンサーサイト