FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

四間道の昼下がり

代休をいただいて大阪に来ていた本日は、KBSラジオを訪問して、ランナー向けの人気番組「レッツ・ラン」で写真集の紹介をしてもらうに当たってゲスト出演するため、走るパーソナリティーの若ちゃんこと若林順子さんとのトークを収録してきました。

もちろんスタジオなどで撮らせてもらった写真も手元にあるのですが、オンエアは次の日曜となることもあり、本日のところは昨日に続いて一昨日の昼休みに撮った写真を掲載します。
名古屋城の城下町の雰囲気を残す四間道(しけみち)で、土蔵が並ぶかいわいや神社の境内で撮った風景です。

BL130622円頓寺・四間道5RIMG0249  BL130622円頓寺・四間道6RIMG0259  BL130622円頓寺・四間道7RIMG0233

白壁の土蔵や町屋づくりの家屋が並ぶ四間道の通りでは、ガラス工芸品のギャラリーの軒下に風鈴がつるされていて、時おり風が吹くたびに響く、さわやかな音色にひかれるままに写真を撮りました(右)。

四間道の端にある浅間神社では、境内のわきにあるヤツデの葉が光に透けて見え、木の壁を背景にして撮ると古風な感じでかつ洒落たデザインになりました(中央)。

境内に置かれた木の台の上には、ヒマワリを差したガラス瓶が置かれ、台の上にこぼれた水もまた涼しげな雰囲気を醸していました(左)。

※※※

写真集をお贈りしたランニング界の大先輩らからは、引き続き多数のメッセージをいただいています。
そのなかで、ウルトラマラソンなどをテーマに数多くの本を著してられるランニングライターの夜久弘さんは、ご自身のフェイスブックで、素敵な紹介文を発信してくださっています。

私本人は、毎日更新するこのブログを仕事の合間に続けるだけでアップアップの状態が続いていますが、今回の写真集出版を機に、世間で多くの「男も女もすなる」フェイスブックというものを、近々始めようと思ってはいるものの、こうして皆さまがフェイスブックも駆使して本を紹介してくださるのに間に合っていません。
そんな状況を見越してか、夜久さんがメールで送ってくださった紹介文を、以下に転載させていただきます。
ありがとうございました!!!

「ジャーナリスト・辰巳郁雄さんがこのたび東方出版より写真集『走った! 撮った!世界のマラソン』(定価1500円+税)を上梓されました。
辰巳さんは共同通信の走る記者としてつとに有名で、国内外のマラソンに数多く出場。その走力もマラソンはサブスリー、100kmマラソンはサブ10、富士登山競走は頂上コース制覇というランナーのグランドスラムを達成されている実力者です。
この写真集はそんな辰巳さんがこの9年間に撮りためた世界のマラソンシーン満載の一冊です(過去、同名の写真展を東京、大阪、...名古屋で開催して大好評を博しています)。
ページを開くと、ランナーの熱気、はじける笑顔、ライブ感、空気感さえもがドッと迫ってきます。
ライターとしてはこの写真集が伝えるものを文章で表現するとしたら、どれだけの分量を費やさねばならないか、そして、結局徒労に終わるのではないかと思わずにはいられません。嫉妬したくなる見事な写真集です。
書店で見かけられましたら、ご購入されることをお勧めいたします。」

スポンサーサイト