FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

カメラ雑誌でも写真集紹介!!

若者を中心としたカメラ・写真ファンに広く読まれている雑誌「カメラマン」と「CAPA(キャパ)」の今月発売号のなかで、それぞれ新刊書籍を紹介するページに、私の写真集「走った!撮った!世界のマラソン」の記事が掲載されました!!

BL130720カメラ雑誌で本紹介1RIMG0942  BL130720カメラ雑誌で本紹介2RIMG0953  BL130720カメラ雑誌で本紹介3RIMG0944

カメラで複写した雑誌の記事は、左が「カメラマン」、右が「CAPA」のものです。
カメラ・写真の専門誌を編集されている方々は、ホンモノのプロカメラマンの写真をいつもたくさん見て、目が肥えてられるはずですので、そんな方々にこうして評価していただけるのは光栄至極です。
写真という表現手段は、マラソンと同じように、だれもが土俵に乗って、それぞれの楽しみ方のできるものだということを、あらためて認識します。

「マラソンの魅力が見ているだけで伝わってくる」「プラス思考をくれる1冊だ」と、走っていない人へのメッセージを盛り込んでいただいているのが、うれしいところで、こうした紹介記事を機に、この本が単にランナー向けの本ではなく、写真としてもおもしろく、誰でも楽しんでもらえる本だということが分かっていただけるようになればと期待しています。

※※※

本をご覧になった知人らから送ってもらった、お便りのなかの言葉をまた、いくつか紹介させてもらいます。
引っ越し準備などのため、お便りの整理もいい加減になっていることから、既に紹介した言葉もあるかも知れませんが、ご勘弁ください。

「きれいな笑顔のつまった御本ありがとうございました」
「みんな笑顔、すてきな写真集です」
「すごく良かったです。ランナーも周りの人たちも実に良い表情。楽しそうで、自分もそこにいる気分になりました。特にコチャンのレースで応援する姿が、とても素朴で暖かくて良いと思いました」
「人々がみんな生き生きとしています。応援の人たちの笑顔、表情のすばらしさ。ストーリーが書けそうです」

※※※

この記事に久々の「コメント」をいただき、「返信」を書かせていただきました。
先だってブログの「管理画面」を調べ、「拍手コメント」に対する返信の仕方を会得した私ですが、コメントへの返信の方法も、今回初めて知りました。

約3年半も毎日ブログを書いていて、うち約2年10カ月で、のべ6万3000人以上に見ていただいているというのに、ソーシャルメディアとしての基本的な機能である読者とのインタラクティブなやりとりの方法を知らなかったというのは、われながら何とも、とぼけた話ですが、お恥ずかしながら、これは事実なのです。

最初の写真展を開催した際、名もなく著書もない私の写真を見てくださった方向けに、写真を見直す機会を提供したり、少しでも私のことを知っていただいたりしようとして立ち上げた、このサイトとブログは、駆けっこ仲間のウェブプロデューサーやデザイナーの方々に「お任せ」でつくってもらったことから、写真と記事を掲載するという基本動作以上の使い方を知らないまま始めて、そのまま今日に至ったということなのです。

これまで、せっかくコメントをくださった方々に対して、記事の本文で言及する以外、直接の返信を怠っていたことは申し訳ない限りで、この場でおわびを申し上げます。失礼いたしました。

スポンサーサイト