FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

来てくれた新しい命

これまで基本的にプライベートなことは書かないとしてきたこのブログですが、本日は他のネタを書いている余裕も気持ちもないことから、昨日に起きた私にとってのプライベートな一大イベントについて簡単に報告することにします。

52歳の私にとって初めてとなる自分の子どもが昨日、誕生してくれました。
予定日より2週間も早い出来事で少しばかり意表をつかれましたが、自力で私たちのところに来てくれた男の子は元気いっぱいで、今は助産院のベッドでスヤスヤと眠りながら、時おり小さな手足を動かしています。

この子どもが無事に来てくれるかどうか多少の心配もあったことから、これまでは、今回のイベントに先立ってこのほど新たに人生のパートナーができたことも、大阪への転勤・引っ越しに伴って家族で暮らすようになったことも書きそびれたままでしたが、今こうして家族の主役が出てきてくれたからには、このことにまったく触れないまま駆けっこなどのネタを書き続けるわけにもいかなくなりました。

かといって、このブログを突然50代のイクメンブログに衣がえするわけにもいかず、またこのブログを休止して別のブログを立ち上げるのも非現実的ですので、とりあえずは簡単に今回のイベントについて紹介することにしました。
まあ、このブログを訪ねてくれる方々の多くは友人・知人であろうとも思っていますので、皆さまに対して個別にごあいさつする手間を省いて、とりあえずの報告をさせてもらおうという魂胆もあったわけですが。

とにかく、この世に生まれ出て、ようやく丸1日になろうとしているこの子には、まさに限りない未来と可能性が広がっています。どんな人生を歩んでくれるのか、期待も不安も織り交ぜて、胸がいっぱいになります。人生の折り返し点を過ぎてしまい、これからどこに向かっていくのか分からないながらも、その可能性はずっと限られている私としては、これからできるだけ長い時間を、この子と一緒に過ごし、この子の成長に負けないようにという気持ちだけは持ちながら自分もまた一歩ずつ前に進んで行こうと思っています。

どれだけ眺めていても飽きないほど可愛い子どもですが、本人の許可なく早々にプライバシーを侵すわけにもいきませんので、本日のところは、大阪・枚方の山あいにある素敵で居心地のいい助産院で撮った写真を3枚だけ代わりにアップしておきます。

BL130831ゆずりは1DSC03555  BL130831ゆずりは2DSC03533  BL130831ゆずりは3DSC03515

スポンサーサイト