FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

新参者にとまどい2

子どもが予定より2週間も早く生まれたため、先週2度こなした泊り勤務に続いて本日と明日は2日連続の夜勤を代わってもらうわけにいかず、本日は子どもを風呂に入れ、愛猫のチーコを、このところ通っている病院に連れて行ったあと、仕事場に向かいました。

掲載するのはチーコの写真3枚で、1枚は昨夜とったもの。残る2枚は本日、病院に行った際と、そのあとに撮ったものです。

BL130911チーコ1RIMG0127  BL130910チーコIMGP0074  BL130911チーコ2RIMG0119

昨日撮った写真は、実のところ白黒にしたものを既にフェイスブックにも掲載しています(中央)。
コメントは、その際に書いたものをコピペします。
「わが家の2階にある和室付きのLDKで暮らしている子どもを、私の作業部屋がある3階を陣地にしている愛猫のチーコが、階段の中ほどから遠巻きに眺めている様子です。
ネコの手も借りたくなるような家事や育児を、まったく手伝ってくれないチーコは、このところ注目度が低下するなどして、いわば蚊帳の外の寂しい状態。
それでも、わが家に何モノが参入したのかが気になるようで、こうしてチーコは距離を保ちながら、こちらの様子をうかがいます。とはいえ、子どもを抱いた私が接近すると、そそくさと逃げ出すのですが。 」

そのチーコは既に13歳。人間の子どもよりはずっと大きいものの「精神年齢」の方は人間でいえば2、3歳のままですが、ネコとしては高齢の域に達していて、ネコにとっては宿命といえる腎臓の病気を抱えています。
そのため1カ月ほど前から週に1回、近くの動物病院に通って点滴をしてもらっていて、右の写真は、その際に診察台に乗ったところ。

外出が大嫌いなチーコは、長さ約60センチのキャリーバッグに入れられるのに抵抗して、車に乗る際には悲しげな鳴き声を出しますが、診察台に乗るときは、さすがに観念しておとなしくなり、担当の女性獣医さんには「いい子ですね」と毎回ほめられます。

そして左の写真は、ようやく帰宅して、主にチーコが使っている書斎の前で、ホッとした表情を見せたところ。
年老いて衰えていくのは人間もネコも同じですが、自分が頑張って長生きしなければと思うのと同じく、チーコにも、せめて子どもが遊び相手になれるころまでは元気でいてほしいと願っています。

スポンサーサイト