FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

チーコの数値が改善

昨日は夕方、高齢などによる慢性腎不全のため、週に1回の点滴治療を受けているチーコを近所の動物病院に連れて行き、点滴のほか血液の検査もしてもらいました。

1カ月にわたる治療の結果、初回に見られた貧血が改善されたほか、腎臓に関する数値も、本来なら悪化するべきところが一部は横ばいに、また一部は相当の改善が見られ、治療の効果が確かめられました。

とはいえ、この病気は基本的に治るものではなく、進行のスピードを遅らせるのと生活の質を改善するのが治療の狙いですので、楽観することはできず、今後も治療を続ける以外になすすべはありません。
ただ、子どもが誕生したために、このところ以前のようにかまわれなくなってしまったチーコにとって、検査数値は改善したものの、生活の質は低下しまっているのが現状です。

「ふたり暮らし」をしていたころ、「ずっと一緒にいるからね」と何度も約束したチーコに対しては、私は明らかにダメな飼い主になっているようで、身体が1つしかない私にとって、この点はこのところの大きな悩みです。
期待しているのは、子どもが大きくなって、チーコと友だちになってくれることですが、これはまだしばらく先のことになります。

BL130918チーコ検査1RIMG0301  BL130918チーコ検査2RIMG0303  BL130918チーコ検査3RIMG0306

写真はいずれも、病院の診察台に載せられたチーコです。
点滴治療だけをする場合は私がチーコをおさえて、獣医師の先生が点滴をしてくれますが、昨日は、それに先立つ血液採取の際、「獣看護師」の方が男女2人、診察室に入ってこられ、チーコをおさえてくれました(右)。
おかげで私は手があいて、ついつい診察シーンを撮ってしまったというわけです。

スポンサーサイト