FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

地元の野菜を朝市で

「育休」も、いよいよ残すところ2日となった本日は、休みの家事の合間にできるだけ毎日続けていきたジョギングの締めくくりとして、自宅から生駒山地の北部にある長大なつり橋「星のブランコ」まで往復2時間ほどをかけてトレランも織り交ぜた長めのジョギングをしてきました。

しかし、その際に撮った写真は明日以降に掲載することにして、本日は休み期間中の取り置きネタを1つアップしておきます。それは先週の土曜日、休みの間に「おさんどん」を担当している私が食材の調達に出かけた朝市の様子です。星のブランコと同じく、私が住む大阪府寝屋川市の隣町・交野市に入ったところで地元の農家の人たちが土曜ごとに開いている朝市は、前の土曜の昼前に出かけたところ既に野菜が売り切れていたことから、今回はリベンジをかけて出直しました。

とはいえ、午前9時前から開く朝市に前回より1時間以上早い10時ごろに出かけたところ、やはり残っていた野菜はわずかに。それでも残り少なくなった割安で新鮮な野菜を、かき集めるようにしてゲットしてきました。

BL130921朝市1RIMG0415  BL130921朝市2RIMG0422  BL130921朝市3RIMG0412

朝市で残っていた野菜をみつくろったあと、せっかくなので農家の人たちに野菜を撮らせてもらいました。
まずは、大きな束が250円だった枝付きのトウガラシ(右)。

枝に付いている葉は、さっとゆがいて油でいためたあとに煮付けると、ちょっとした箸休めの1品になるということで、さっそくつくってみたところ、なかなか美味でした。片手いっぱいぐらい付いていた赤いトウガラシは干すなどして香辛料にするほか、おじさまがくわえている、まだ青いトウガラシは両手いっぱいぐらいもあって、そのまま食べたり料理につかったりできます。
「酒飲みは、こうやってかじるんだ」と、おじさまがおっしゃる通り、ナマでかじってもおいしかったのですが、まさに酒飲みの私は、たっぷりあった葉と一緒に青いトウガラシを味噌煮にしてみました。何本か食べるうち、赤いトウガラシ並みに辛くなった「当たり」もありましたが、酒もごはんも進む1皿でした。

お勘定をしてくれた、おばさまが手にしてられるのは、ご覧の通りトマトと細いネギ(左)。
太い白ネギよりも細めの青ネギの方が一般的な大阪では、この青ネギよりさらに細いネギもスーパーで見かけますが、ここの1束はそれよりも大き目。このネギは、ハスや小口に切るより3センチほどの長さに切って味噌汁に入れるなどすると美味しくいただけます。トマトは、長く流通している遠くの産地のものに比べて、味が濃く、まさに太陽の香りがするようでした。

おばさまは、私がカメラを向けて話しかけながら写真を撮っていると、せっかく終わりそうだった計算が途中で分からなくなり、一からやりなおしてくれましたが、それでもご覧のようにポーズはバッチリ。
最後には、もうひと方のおばさまにも入ってもらってスリーショットを(中央)。
「よろしく宣伝してくださいね」とおっしゃる皆さんは、私がいただいた野菜を、それぞれ手にしてくれました。

この朝市は、大阪府道18号線(枚方交野寝屋川線)の高田(こうだ)交差点から第2京阪道路に向かい、寝屋川と交野の境界を越えた星田北で、毎週土曜日の9時から開かれています。とはいえ、実際には8時半ごろから多くの人が集まってくるということです。

スポンサーサイト