FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

大阪、夕方から夜へ

土曜の勤務となった本日は、依然としてカゼがスッキリせず、通勤時のランニングも、近々始めたいと思っているバイク通勤もできないまま。朝寝坊もしてしまって、家のシゴトもままならず、帰宅した直後に子どもを風呂に入れたことが、申し訳にもならない、ほぼ唯一の家事・育児の手伝いでした。

もちろん本チャンの仕事の方は緊張感も持ってこなしているのですが、それ以外は気合いが入らず、写真を撮る機会もほとんどなかったのですが、幸い、帰宅時などに夕方から夜にかけての大阪の風景を、ほんの数枚だけ「速射」しました。

BL130928夕方から夜1RIMG0549  BL130928夕方から夜2RIMG0554  BL130928夕方から夜3RIMG0565

仕事が終わる直前、トイレに立った際に職場のあるビルから見えたのは土曜夕方の大阪・ミナミの一角(左)。
夕日に照らされる街の景色が、ちょっと印象的で、瞬間的にシャッターを切ってしまいました。

写真で、阪神高速道路のジャンクションのそばに見える八角形の円盤のような建造物は、多目的イベントスペース「湊町リバープレイス」の中核施設であるライブハウスの「なんばHatch」。
ここしばらく街を出歩くこともない私にとっては、こんなスポットもミナミの繁華街も、近くて遠い存在です。

職場のあるビルを出て、地下鉄の駅へと続く地下街に向かう際、地下1階からビルを見上げると、夕方の空に辛うじて群青色の光が残っていました(中央)。
この空の色が、ちょうど頭上の青いライトと同じような色で、シンクロした感じがきれいだったため、やはりすかさずシャッターを切りました。

最後の1枚は、最寄のバス停から自宅へと向かう100メートルほどの間に通る幼稚園わきの通路に建っているお地蔵さま(右)。
「延命地蔵」さまとのことで、このトシになって子どもができた私にとっては、ぜひそのご利益にすがりたいところだと常々思っているものの、昼間は周囲の風景に紛れる感じがして、カメラを向けていませんでした。

ところが本日は、街灯に照らされたお地蔵さまが、周囲からきれいに浮かび上がっていることに気づき、すぐそばにある自宅へと家路を急いでいたものの、数カットを速射したというわけです。

スポンサーサイト