“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

FC2カウンター

全記事表示リンク

炎天下をバイク帰宅

日がすっかり長くなったことから昨日の泊まり勤務にはロードバイクで出勤し、本日は午前中に折り返しのバイクライドを楽しんで帰宅しました。本日は朝から真夏のような日差しで、まさに炎天下のライドとなりましたが、風を全身に受けて走ると、さほど暑さを感じないままペダルをこぐことができました。

通勤コースは、淀川と大川(旧淀川)沿いのサイクリングロードがメーンで、片道25キロのうち20キロ近くは信号がなく快適で、広々とした景色も楽しめますが、午前中に出勤する際はいつも急いでいて、なかなか止まって写真を撮る余裕はありません。しかし泊り明けの本日は何度か足をついて、スナップを楽しむことができました。

掲載したのは、大阪の中心部・中之島で撮った2枚と、大川沿いから淀川沿いに入る地点にある毛馬水門そばで撮った1枚。中之島の写真はレンガ造りの歴史的建造物・大阪市中央公会堂の前で結婚の記念撮影をされていた新郎新婦と、バラ園で盛りを過ぎた花を摘み取ってられた作業員さん。こうして摘まなければ次の花が育たないそうで、まだまだきれいな花を摘んでしまうのは、もったいなく感じましたが、不公平が生じるという理由で摘んだ花を分けてもらうことはできないということでした。

そして毛馬水門そばの淀川河川敷の堤防で撮ったのは咲き乱れるクローバーの花。こちらは摘み放題であるものの多くの人たちからは見過ごされているようでが、近くに寄って見てみると、こちらも雑草ながら、なかなか美しいものです。

BL140531バイク帰宅1DSCF1790  BL140531バイク帰宅2DSCF1794  BL140531バイク帰宅3DSCF1812

スポンサーサイト

明走会駅伝2014-8

今月18日に東京・織田フィールドで開かれた明走会駅伝の写真掲載は本日分で8回目です。
引き続き参加メンバーが1人で走っているシーンで、今回は「親子チーム」の面々です。

BL140518明走会駅伝8-1IMGP0255 BL140518明走会駅伝8-2IMGP0370 BL140518明走会駅伝8-3IMGP0199 BL140518明走会駅伝8-4IMGP0271

BL140518明走会駅伝8-5IMGP0291 BL140518明走会駅伝8-6IMGP0253 BL140518明走会駅伝8-7IMGP0312 BL140518明走会駅伝8-8IMGP0141

靱公園、夕方のバラ

このところ大阪・寝屋川市の自宅から大阪市内の職場までの往復50キロをロードバイクに乗ることだけが、ほとんど唯一のトレーニングとなってしまっていて、本日も、コースのメーンとなる淀川沿いが行き帰りともに追い風という珍しい幸運に恵まれてバイクライドを楽しみました。

旧淀川の大川を離れる地点から職場までは、行きは御堂筋、帰りは四つ橋筋というともに一方通行の大通りを走ることにしていて、帰りの四つ橋筋を北上する途中、通りに面した都市型公園である靱(うつぼ)公園に10分ほど立ち寄り、まだまだ花盛りのバラ園をのぞいてきました。

子ども時代、大阪市内に住んでいた私は、何かのついでに母に連れられて、この靱公園に来た記憶があり、その花壇の前で撮ってもらった写真が1枚だけ古いアルバムにはられています。昔の記憶はぼんやりしたものですが、当時に比べて公園の木々が大幅に背を伸ばし、うっそうと繁っていることは、立派なバラ園とともに印象的でした。

考えてみれば当たり前のことですが、大阪城公園もこの靱公園も、そこに植えられた木々はこの40年ほどの間にどんどん成長して、公園の造成や整備に携わった人たちの努力が大きく実っているように思います。それに比べると人間である私は、身体の大きさはさほど変わらず、中身がどれだけ成長できたかは、はなはだ疑問。木々のように勢いを増すというよりは、だいぶくたびれてきています。

それでも、まだしばらく生きていくことになるわけですから、木々たちのように身体が成長することはできないにしても、せめて心の枝葉は広く伸ばして、後世をになっていく人たちにとっての木陰のようになれるようになりたいものです。

BL140529靫公園1DSCF1772  BL140529靫公園2DSCF1770  BL140529靫公園3DSCF1780

明走会駅伝2014-7

今年の明走会駅伝で撮った写真の掲載は本日分から参加メンバー1人1人が走っているシーンを集めたものです。

外部から参加してくれたランナーを含め約50人のメンバーのうちには、1人で走るシーンを撮ることができなかった方も数人いますが、ご勘弁ください。

BL140518明走会駅伝7-1IMGP0223 BL140518明走会駅伝7-2IMGP0024 BL140518明走会駅伝7-3IMGP0098 BL140518明走会駅伝7-4IMGP0117

BL140518明走会駅伝7-5IMGP0205 BL140518明走会駅伝7-6IMGP0109 BL140518明走会駅伝7-7IMGP0135 BL140518明走会駅伝7-8IMGP0189

BL140518明走会駅伝7-9IMGP0285 BL140518明走会駅伝7-10IMGP0152 BL140518明走会駅伝7-11IMGP0069 BL140518明走会駅伝7-12IMGP0336

明走会駅伝2014-6

明走会駅伝で撮った写真の掲載を続けます。本日は6回目で、タスキリレーのシーンの最終回・4回目。

私が入って、実際は1位タイだったもののジャンケンに敗れて2位となった黄色いタスキの「親子チーム」を含む2チームの合わせて8枚をアップします。

140518明走会駅伝6-1IMGP0352 140518明走会駅伝6-2IMGP0450 140518明走会駅伝6-3IMGP0142 140518明走会駅伝6-4IMGP0093

140518明走会駅伝6-5IMGP0185 140518明走会駅伝6-6IMGP0097 140518明走会駅伝6-7IMGP0130 140518明走会駅伝6-8IMGP0228