FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

星田妙見宮の七夕祭

七夕の昨日は、あいにくの曇り空となりましたが、泊まり勤務明けで帰宅したあと、隣町・交野市にある七夕伝説ゆかりの神社、星田妙見宮の七夕祭りに出かけました。杉木立のなかの参道では七夕飾りの笹が並んでいたほか、茅の輪くぐり用の輪が設置され、私は息子をベビーキャリアに担いだまま頭上を注意しつつ左、右、左と案内の説明どおり3度輪をくぐりました。

生駒山系から派生した小高い山にある星田妙見宮は、天女である北斗七星の1つが降り立ったという伝説や七夕伝説が伝わり、山頂の本殿わきには「織女石」と呼ばれる巨石も祭られています。近隣には機物神社や天野川といった七夕ゆかりの場所がほかにもあってロマンがただよいます。
茅の輪くぐりは、けがれをはらうために行うとされ、生後10カ月の息子には必要がなかったはずですが、人生50年を越えて、けがれが多いと思われる私としては、彼につきあってもらうことにしました。

BL140707星田妙見宮の七夕1P1140210  BL140707星田妙見宮の七夕2P1140200  BL140707星田妙見宮の七夕3P1140195

BL140707星田妙見宮の七夕4P7071208  BL140707星田妙見宮の七夕5P7071213  BL140707星田妙見宮の七夕6P1140221

スポンサーサイト