FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

快走しまなみ海道7

「快走しまなみ海道」の7回目は、いよいよ1泊2日のサイクリングの2日目に戻りますが、前回と同じくロードバイクで走っている途中に撮った写真を紹介するのではなく、掲載したのは朝食前に1人で海岸沿いを散歩した際に撮った風景や花の写真です。

BL140711しまなみ7-1DSCF2460  BL140711しまなみ7-2DSCF2498  BL140711しまなみ7-3DSCF2481

民宿の玄関先に置いたバイクラックに愛車の「パナコ」(約20年選手のパナソニック製クロモリ=クロームモリブデン鋼=フレームのオーダー車)をかけた様子は前日夕方の写真をすでに掲載していますが、ほぼ同じ構図でも今度は、オレンジ色の朝日に照らされた雄姿です(左)。

散歩を始めたのは午前6時半すぎで、すでに朝日はかなり高くまで昇っていましたが、大三島と生口島とを結ぶ多々羅大橋の向こうの薄っすらとした雲に隠れた際には、ちょっとドラマチックな風景をつくりだしてくれました(右)。

そして道路わきのヒマワリは、オレンジの朝日を浴びて、その色を濃くさせていました(中央)。

BL140711しまなみ7-4DSCF2477  BL140711しまなみ7-5DSCF2496  BL140711しまなみ7-6DSCF2474

ヒマワリの近くでは、夏から秋にかけての花・コスモスも咲き始めていて、背後に見えた大三島中央部の山々や瓦ぶきの旧家とマッチしていました(中央)。

日は高く昇っていたとはいえ、まだまだ風が涼しい朝方でしたので、道路っぺりに生えていた丈の低い月見草の花びらは、みずみずしさを保っていました(右)。

防波堤に囲まれた漁港にには、海に出ていない小さな船が何隻も並び、白いペイントが、まぶしい朝日に映えていました(左)。

スポンサーサイト