FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

アワビと人参酒の夜

韓国・コチャンを訪ねた旅行の報告を、本日分の記事を含めてあと2回掲載します。
今回は、滞在3日目の最後の夜の宴会、いわば打ち上げの様子です。

この日は、私がコチャン通いをして6年目で7回目の訪問にして初めてアワビ料理の専門店に招かれました。
山地と海に挟まれて肥沃な「黄土」が広がるコチャンは、いろんな農作物が豊富な場所ですが、一方で干潟が広がる海岸など韓国と中国の間にある黄海にも面していて、海の幸も豊富です。

アワビの専門店では、日本と違って初めに鍋料理が出てきて、その中にもアワビがゴロゴロと入ってはいたものの、ちょっと物足りない感じもしていました。しかし、そこそこお腹がいっぱいになったころ、蒸したアワビと刺身のアワビがそれぞれドサッと運ばれて、歯ごたえのある貝に目がない私は幸せな気分になりました。

そして、その幸せな気分をさらに盛り上げてくれたのが美味しい(朝鮮)人参酒。
私の「スルチング(酒友だち)」であり、去年は一緒に富士登山をした地元マラソンクラブの前会長、チョン・ビョングさんが、去年のコチャンでの飲み会に続いて用意してくれた自家製の人参酒で、エキスがたっぷり溶け込んだ淡い黄色の酒は、度数が高めであるものの、スルスルとのどを通っていきました。

と言いますか、正確にはこの人参酒をスルスルと次々に飲まざるを得ない状況だったのです。私の隣にはビョングさん、そして向かいには地元クラブの現会長のジョンタクさん、元会長のジョンヨンさんという酒豪が並び、この4人でヤカンに入れて何度も運ばれた人参酒をグラスに次いでは乾杯し、一気飲みを繰り返したからです。
宴がたけなわになると、グラスを持ったまま2人で腕を交差させて一気飲みする「ラブショット」があちこちで行われ、ついに私はこの1次会の最後あたりから記憶を失ってしまいました。

2次会ではカラオケに出かけたらしく、私のカメラにはピンぼけの写真が2枚だけおさめられていましたが、もちろん、こんな写真を撮った覚えもありません。しかも楽しみにしていたカラオケで1曲も歌った記憶がないために、翌朝になって欲求不満が残り、深く反省するハメになりました。
ただ、その話をカラオケの場にいた仲間たちにすると、「途中から寝てしまったものの、その前には何曲も歌っていた」と言われ、それがいまだに信じられないままなのです。

BL141117コチャン3日目4-1DSCF8329  BL141117コチャン3日目4-2DSCF8317  BL141117コチャン3日目4-3DSCF8332

BL141117コチャン3日目4-4DSCF8333  BL141117コチャン3日目4-5DSCF8340  BL141117コチャン3日目4-6DSCF8334

名刹・禅雲寺を再訪

韓国・コチャンの旅の3日目となった今月17日の午後には、郊外の山のふもとにある名刹・禅雲寺(ソヌンサ)を訪れました。

禅雲寺には去年までも何度か参詣しているほか、今年6月、コチャン名産のキイチゴの一種「ポップンジャ」の収穫祭が開かれた際も、会場が寺のそばに設置されたことから訪れていて、今回は5カ月ぶりの再訪となりました。

紅葉の名所である禅雲寺の周辺では、モミジは半分以上も葉を落としていましたが、それでも地面やベンチなどに落ちた葉とともに名残の紅葉狩りを楽しむことができました。

  BL141117コチャン3日目3-1DSCF8271  BL141117コチャン3日目3-2DSCF8270  BL141117コチャン3日目3-3DSCF8274

BL141117コチャン3日目3-4DSCF8276  BL141117コチャン3日目3-5DSCF8287  BL141117コチャン3日目3-6DSCF8282

BL141117コチャン3日目3-7DSCF8278  BL141117コチャン3日目3-8DSCF8306  BL141117コチャン3日目3-9DSCF8311

コチャンの森を散策

コチャン・コインドルマラソンに参加するため韓国・全羅北道のコチャンを訪ねた旅の3日目、世界遺産に登録されているコインドル(支石墓)群の裏手にある生態系保護地域の森を散策した際の写真を掲載します。

晩秋の森の散策路で写ってくれたのは、私たちのアテンドをしてくれたチェ・ジョンマンさんと、この日一足先に帰国の途につかれた元エリートランナーの麻由美さん。
森の写真に加えてアップした写真の1枚は、私たちが宿泊した韓国伝統家屋の宿泊施設「コチャン韓屋(ハノク)マウル」の部屋の前から撮ったもの。残る2枚は朝食をいただいた店で食べたシレギクックパップ(青菜雑炊)と、ニッキのような味がする低アルコール飲料のモジュです。

BL141117コチャン3日目2-1DSCF8192    BL141117コチャン3日目2-2DSCF8210    BL141117コチャン3日目2-3DSCF8204

BL141117コチャン3日目2-4DSCF8234  BL141117コチャン3日目2-5DSCF8236  BL141117コチャン3日目2-6DSCF8240

BL141117コチャン3日目2-7DSCF8238  BL141117コチャン3日目2-8DSCF8243  BL141117コチャン3日目2-9DSCF8241

コチャン晩餐会

コチャン・コインドルマラソンが終了したあと、私たちは会場に近いスパで汗を流し、マラソンを運営する地元クラブのメンバーらが集まる打ち上げのマンチャニ(晩餐会)に出席しました。

私たちはコインドルマラソンと交流する東京夢舞いマラソンからのゲストということで、夢舞い実行委員会で理事長を務められる大島幸夫さんがあいさつ。地元クラブの会長、チェ・ジョンタクさんやコチャン郡守(知事)のあいさつもありました。

打ち上げの食事は野菜やキノコ、それに海藻もたっぷり入った牛肉の鍋で、これまたとても美味しく、元エリートランナーの麻由美さんは下戸ながら「大食い」を自称されるとおり、私たちがビールもいただく間に、次々とおかわりをされていました。

カラオケの2次会に続いて、チヂミとビールの店で3次会も開かれ、幸夫さんやベテラントライアスリートの寿さんも深夜までつきあってくださいました。

BL141116コインドルマラソン当日4-1DSCF8162    BL141116コインドルマラソン当日4-2DSCF8168    BL141116コインドルマラソン当日4-3DSCF8169

   BL141116コインドルマラソン当日4-4DSCF8172    BL141116コインドルマラソン当日4-5DSCF8173    BL141116コインドルマラソン当日4-6DSCF8160

BL141116コインドルマラソン当日4-7DSCF8180  BL141116コインドルマラソン当日4-8DSCF8184  BL141116コインドルマラソン当日4-9DSCF8179

伴走ゴール、笑顔で

コチャン・コインドルマラソンのハーフで韓国の視覚障害者ランナーの伴走を体験した私は、息を合わせて走るうち当初の不安も消えて、一緒に笑顔でゴールすることができました。

伴走の相棒となったイ・ジュノさんと一緒にゴールの直後や、会場で振舞われた韓国風の雑煮「トックック」をいただいた際に撮ってもらった写真や、同じハーフでゴールした麻由美さんや義理の従妹のケヨンさんらと一緒に写った写真6枚を掲載します。

ジュノさんとの写真に入ってくれたのは、コースを通じて抜きつ抜かれつを繰り返した韓国の女性ランナーで、最後は並んでゴールしました。
伴走をしたことからスタートの前もコース中でもほとんど写真を撮ることはできませんでしたが、ジュノさんと別れたあと、会場のステージで披露されていた女性グループのダンスは1枚だけおさえました。

BL141116コインドルマラソン当日3-1DSCF8125  BL141116コインドルマラソン当日3-2DSCF8126  BL141116コインドルマラソン当日3-3DSCF8126

BL141116コインドルマラソン当日3-4DSCF8129  BL141116コインドルマラソン当日3-5DSCF8134  BL141116コインドルマラソン当日3-6DSCF8140