“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

全記事表示リンク

星田園地、錦秋

泊り勤務明けの本日も、大阪・難波の職場から近鉄生駒まで電車に乗って、生駒山系のトレイルを走る帰宅ランをして、紅葉が残る里山の景色をカメラに収めてきたのですが、とりあえず掲載するのは6日前、本日のコースの後半に当たる「星田園地」に家族でハイキングに出かけた際に撮った紅葉の風景3枚です。
このときの主役は1歳3カ月になる息子だったため、彼の写らない写真はあまり撮っておらず、紹介できるのは3枚だけなのです。

星田園地の目玉である長大な吊り橋「星のブランコ」が見える展望台に立つと、見事に色づいた森が広がり、橋の上から眺める景色は、さらに鮮やかさを増しました。
赤やオレンジ、琥珀色の広葉樹に緑の常緑樹が混じった森は織物のようで、「錦秋」という言葉がぴったり。こんな見事な森の紅葉が近隣の里山で見られるとは驚きでした。

星田園地の山歩きとランニングが好きだった中高・大学時代の私は、このあたりにも時々走りに来ました。そのころは吊り橋も展望台もありませんでしたが、今やこの絶景を息子に見せてやれるのは、ありがたいことだと思いました。

BL141124星田園地の紅葉1DSCF8537  BL141124星田園地の紅葉2DSCF8484  BL141124星田園地の紅葉3DSCF8512

スポンサーサイト

大阪、淀川の秋2

6日前の泊まり勤務明けに大阪・難波から大阪市西淀川区まで走って行った際の写真を、さらに6枚掲載します。
旧淀川の「毛馬こうもん」から淀川沿いを走り、ゴール地点の銭湯までに撮ったものです。

BL141123加島までラン2-1DSCF8465  BL141123加島までラン2-2DSCF8467  BL141123加島までラン2-3DSCF8469

BL141123加島までラン2-4DSCF8474    BL141123加島までラン2-5DSCF8481    BL141123加島までラン2-6DSCF8476

大阪、淀川の秋1

このところ撮りためていた紅葉などの写真のうち、次に掲載するのは泊まり勤務明けの5日前、大阪・難波の職場から用事があった大阪・西淀川区の加島まで、大阪の街や淀川沿いを走って行った際に撮った写真です。6枚ずつを2回に分けてアップします。

1回目の本日分の記事で掲載するのは、スタートして間もない道頓堀や大阪城の近く、そして旧淀川の大川沿いで撮った秋の風景など。
道頓堀の戎橋から撮った写真には、最近新しくなった大阪名物のグリコの看板が見えます。この写真ではシンプルな絵柄に見えますが、夜にはLEDのライトを駆使して華やかなネオンの演出が見られます。
桜の通り抜けで知られる造幣局の前にある大川沿いの桜並木も、真っ赤な桜もみじに彩られていました。

BL141123加島までラン1-1DSCF8455  BL141123加島までラン1-2DSCF8443  BL141123加島までラン1-3DSCF8433

  BL141123加島までラン1-4DSCF8458  BL141123加島までラン1-5DSCF8456  BL141123加島までラン1-6DSCF8461

紅葉・黄葉の大阪城

韓国・コチャン旅行の写真をようやく掲載し終えたところですが、このところ大阪市内などで撮った紅葉の景色などの写真も手元に残っていて、それらを順次アップしておきます。

まずは大阪・心斎橋のクリニックで人間ドックを受けたあと、京阪電鉄の京橋駅までジョギングした際に通った大阪城公園とその近くで撮った紅葉・「黄葉」の景色などです。

BL141126大阪城1DSCF8569  BL141126大阪城2DSCF8559  BL141126大阪城3DSCF8562

BL141126大阪城4DSCF8572  BL141126大阪城5DSCF8560  BL141126大阪城6DSCF8576

BL141126大阪城7DSCF8588  BL141126大阪城8DSCF8579  BL141126大阪城9DSCF8591

コチャン邑城、鱈鍋

韓国・コチャンへの旅行で撮った写真の取り置き分を紹介するのも、本日分の記事で最後となりました。
今回は最終日、既に紹介している城跡のコチャン邑城を散策した際の写真と、コチャンを後にする直前にいただいた昼食のタラ鍋の写真を合わせて6枚紹介します。

当日の記事でも紹介していますが、16世紀に築かれたコチャンウプソンは周囲約1.6キロの石を積んだ城壁が残る城跡で、ドラマ「テジャングム(チャングムの誓い)」や「ファンジニ」のロケ地にもなった名勝です。
築城時に女性たちも動員されたという故事をしのんで毎年10月、伝統服を着た地元の女性らが総出で頭に小石を乗せて城壁の上を3周する「タプソンノリ(踏城祭り)」が開かれ、1周すれば足の病が治り、2周すれば長寿になり、3周すれば極楽浄土に行けるという言い伝えがあります。
女性たちが石を頭に乗せて歩く姿は、邑城の入口近くに設置された銅像のモチーフにもなっています。

BL141118コチャン4日目2-1DSCF8353  BL141118コチャン4日目2-2DSCF8347  BL141118コチャン4日目2-3DSCF8343

BL141118コチャン4日目2-4DSCF8386  BL141118コチャン4日目2-5DSCF8362  BL141118コチャン4日目2-6DSCF8365