FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

「若練」初体験!

本日は、仕事帰りに京都・西京極の陸上競技場に直行し、ここのサブトラックで行われた「走るパーソナリティ」の若ちゃんこと若林順子さんが主宰する練習会「若練」に初めて参加させてもらいました!

KBS京都ラジオで長年ランナー向けの番組「レッツラン」を続けてられる若ちゃんはまた、市民ランナー向けの若練も京都、大阪、東京などで精力的に開催。最近は、駅伝大会や京都マラソンのスタート地点となる西京極競技場のサブトラックが一般開放される平日の夜間に、スピード練習を主体としたメニューを組んで、ランナーらの記録向上を手助けしてくれています。
私は一昨年に息子が生まれて以来、通勤以外でのトレーニングがほとんどできず、サークルの練習会も久しくごぶさたしていましたが、本日は職場の後輩が若練に参加してみたいということもあり、トレーニング不足で緩みきった身体に活を入れようと彼と一緒に初参加させてもらうことにしました。

本日の練習メニューは1500メートルを3本と1000メートルを1本、その後、集まった24人の参加者が6チームに分かれて400メートルずつ、計1600メートルを走るリレーのレースでした。
メーンとなった1500メートルは、持ち時間10分で、休憩を挟みながら3本を連続で走る「レペティション」方式。私は1本を6分少しで走りましたので、休憩は4分足らずということになりました。
私は以前、ハーフマラソンぐらいまでなら1キロ4分を切って走ることができるころもありましたが、今は1キロを4分で走るだけでも心臓が飛び出そうになるほどで、練習不足もあって足もすぐにパンパンになり、年齢以上に体力が落ちていることを実感しました。しかし、今やなかなか1人ではできないスピード練習を仲間たちと一緒に励むのは新鮮で、学生時代の部活動を思い出すようで、心身ともに刺激を入れるには、とても良い機会になりました。

掲載した写真は練習後、若ちゃんのほか練習会の常連であるカネゴンさん、それに後輩の大輔さんと一緒に競技場近くのお好み焼き屋さんに立ち寄った際に撮ったもの。こうして会社帰りに外で食事やビールをいただくのも久々で、しょっちゅう飲んだくれていた数年前までの気分が、ほんの少しよみがえりました。

BL150204若ちゃん練習会1DSCF2163  BL150204若ちゃん練習会2DSCF2169  BL150204若ちゃん練習会3DSCF2168

スポンサーサイト