FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

寝屋川でワースト

本日は地元大会の「寝屋川ハーフマラソン」を走りました。ゴールタイムは1時間50分台で、真面目に走ったハーフのワースト記録を大きく更新。去年よりも約10分遅く、50代以上の約880人中85位という情けない結果でした。
私のハーフのベストタイムは30代後半での1時間22分台ですから、15年余りの間に30分近くもタイムを落としていることになるわけで、これではもう同じ種目とは思えないほどです。

言い訳はたくさんあります。年末年始に大きく体調を崩して、ロードバイクでの通勤は中止したままで、練習をほとんどしていないこと。先週の京都マラソン前から坐骨神経痛もぶり返していること。愛猫のチーコが旅立ったショックから完全に立ち直れていないことーなど。寝屋川ハーフ名物の連続する坂もきつかったのですが、自宅前で応援してくれた家族に元気付けられて、なんとかゴールしました。

帰宅後はMBS毎日放送の「番組ランナー」として走らせてもらった京都マラソンの特集番組を見ました。自分の出番は予想通り少しでしたが、写真はたくさん紹介してもらってホッとしました。でも、もっと余裕で走って撮るためにも、身体を立て直さなければなりません。

基礎的な体力が落ちていくことも、体調を崩すことも年齢によるものですが、本気で頑張れば、かなりのところまで盛り返すこともできるはずです。ただ、同じ結果を出すために必要な時間も努力も、歳をとればとるほど多く必要になってくるわけで、息子ができて以降、走る時間を十分にひねり出せなくなっている私としては、頭の痛いところです。
それでも、やはり工夫次第でなんとか練習量を確保して、きたるべき起死回生のときに備えたいものです。

BL150222寝屋川マラソン1DSCF2932  BL150222寝屋川マラソン2DSCF2918  BL150222寝屋川マラソン3DSCF2933

スポンサーサイト