FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

向かい風でギリギリ

トライアスロンに出た翌日ではありましたが、午後から夜までの勤務となった本日はレース後の休養をとることなく、ロードバイクに乗って片道20キロを往復する通勤ライドをしました。

不思議なことにといいますか、当たり前といえば当たり前といいますか、トレーニングをさぼっていた時期に比べると、少し体を動かすようになって2週続けのトライアスロンに出た後の方が体調が良い感じだったからです。また、距離が短い「スプリント」のレースとはいえ来月、トライアスロンをもう1本予定していることから、トレーニングをできる時間は最大限に利用すべきだと思ったからでもあります。

それでもレース後とあって、体への負荷を小さくするため少し余裕を持って自宅を出ました。ところが、バイクで走り始めて間もなく、近くの林をゆらす音が室内でも聞こえたほどの強い風が、通勤コースのほとんどを占める淀川の河川敷では、真正面からの向かい風になることが分かりました。
河川敷の風は、まさに猛烈で、バイク通勤で経験した中ではもっとも強いほど。スピードは通常の3分の2の20キロを出すのもやっとで、余裕を見ていた時間は一気になくなり、職場にはギリギリで滑り込む結果となりました。

BL150713自転車通勤1DSCF7629  BL150713自転車通勤2DSCF7627  BL150713自転車通勤3DSCF7637

掲載した写真は、そんな余裕のないなかでも、淀川から大川沿いに入る毛馬こう門付近で撮った昼間の2枚と、帰り道に同じところで撮った1枚です。
昼間の写真では、大気の状態が不安定であることを物語るような、まだら状の低い雲が空一面に広がっていました。
ところが夜の写真では、飛行機が光の軌跡を残す空に、風で吹き飛ばされたのか、雲はほとんどなくなっていました。

スポンサーサイト