FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

上京前に早朝ジョグ

家庭の事情から少し遅めで長期の休みに入らせてもらいましたが、かといって自分の時間がたっぷりとれるわけでもなく、本日は朝寝坊をしたおかげで走る時間を工面することができないままでした。

その代わり、日帰りで上京した昨日の早朝、家を出る前の30分足らずの間、自宅の近くをジョギングした際に撮った写真を掲載します。台風が九州に上陸した昨日の朝は曇り空から小雨に変わり、真夏のころに比べると格段に涼しくて、ようやく快適に走ることができるようになりました。

掲載した写真は、スタートして間もなく通る畑で撮ったカボチャの花と、途中で通る高い防護壁の真ん中あたりから生えて花を咲かせているノウセンカズラ、そして再び自宅が近くなったころの幼稚園の前で咲いていたアサガオです。
地面をはうカボチャの花の中には、甘い蜜を吸うためか、何匹ものアリが群がっていました。
アサガオは、白い筋の入った伝統的なアサガオ。このところすっかりポピュラーになった紫一色のセイヨウアサガオに対して、こうした伝統的なアサガオはめったに見ることができなくなっていますので、少しうれしくなりました。

BL150825朝ラン1DSCF6171  BL150825朝ラン2DSCF6176  BL150825朝ラン3DSCF6181

「銀座百点」座談会

本日は日帰りで上京して、ビッグなお2人と一緒にランニングをめぐる雑誌の座談会に参加しました。

そのお2人は、明走会の駆けっこ仲間で売れっ子の料理研究家・土井善晴さんと、「非情銀行」などの企業小説で知られる人気作家でコメンテーターの江上剛さん。
土井さんは、明走会の仲間がツアーを組んで参加するサロマ湖100kmウルトラマラソンを毎年メーンのレースとして走られ、江上さんは50代後半に走り始めてどんどん走力を伸ばされ、ともに余裕でサブフォー(フルマラソン4時間未満)の実力派ランナー。それぞれのお仕事も絡めてのランニング談義も興味深く、ランニングぐらいしか取り柄のない会社勤めの私は気おくれすることしきりでした。

座談会を主宰したのは、銀座の名店の集まり「銀座百店会」が発行する「銀座百点」で、毎回、著名人が名を連ねる巻頭の座談会のメンバーに加えていただいたのは光栄なこと。昨日の座談会が掲載される11月号には、私が撮ったマラソンの写真も使っていただく予定で、どんな記事に仕立てていただけるのか楽しみです。

掲載した写真は、ランチをいただきながらの座談会の会場となった資生堂パーラー本店と、その前で土井さん、江上さんと一緒に撮っていただいたスリーショット。
そして、会場に向かう途中に通った日本で一番地価が高い銀座4丁目交差点で、5年前に写真展を開かせてもらったリコーのビルを撮った1枚です。

BL150825銀座2IMG_0284  FB150825銀座百点座談会IMG_0287  BL150825銀座1IMG_0274

きょうもバイク通勤

本日もまた、ロードバイクに乗って職場までの約20キロを往復し、その行き帰りに撮った写真を掲載します。

ランニングをしている際は簡単に立ち止まったり被写体に近づいたりできるのに対し、バイクに乗っているとき、とりわけ先を急ぐ通勤の際には、変化のある絵を撮りにくいものです。ただ、それでも長い距離を乗っていると「撮りたい」と感じる風景は必ず現れるものですし、この夏はとくに、雲の表情がおもしろい日が多いため、空にカメラを向けることが多くなっています。

実のところ、明日からは家庭の事情で少し長めの休暇をいただく予定で、こんなふうにバイクに乗ったり、その際に撮った写真を掲載したりすることは、しばらくお預けとなりますので、「撮り納め」の意味も込めて、「またか」と思われるのを覚悟で通勤時の写真をアップするわけです。

BL150824バイク通勤1DSCF6155  BL150824バイク通勤2DSCF6157  BL150824バイク通勤3DSCF6160

BL150824バイク通勤4DSCF6162  BL150824バイク通勤5DSCF6163  BL150824バイク通勤6DSCF6168

パンク修理で夕闇に

本日は日中の勤務で、久々にロードバイクの愛車「パナコ」に乗って、職場まで片道約20キロのジテツウ=自転車通勤をしました。
夕方の同じぐらいの時間帯に職場から外に出た際の景色は日増しに暗くなってきていて、職場から約200メートルの自転車・バイク預かり所から急いで出ようとした矢先、パナコの後輪のタイヤがペシャンコになっているのに気づきました。

今月初めにも帰路に後輪がパンクしていたことから、その際に自分で行った修理に問題があったのかなどと思って、急いで再びチューブを交換しましたが、再び外に出ると、先ほどまで薄暮ながらライトを点灯するほどでもなかったのに、既にあたりは夕闇に包まれていました。

BL150823パンク修理で夕暮れ1DSCF6148  BL150823パンク修理で夕暮れ2DSCF6146  BL150823パンク修理で夕暮れ3DSCF6152

というわけで、本日の掲載写真は、預かり所を出る際に撮ったパナコと、職場を出て間もなく渡る天神橋の上から撮った夜景、それに天神橋の向こう岸である大川の右岸から、再び歩道の「川崎橋」を渡りなおしたところにある「川崎地蔵尊」です。
この地蔵尊では出勤時に、地蔵盆のための提灯が地元の人たちによって設置されるところでしたが、再び通りがかったときには、その提灯に明かりがともされていました。

そんな夕景を撮ることができたのは良かったのですが、帰宅後に後輪から取り外したチューブを調べたところ、どこにも穴はあいておらず、どうやら空気が抜けていたのはバルブが緩んだためだったと分かり、自らの早とちりを悔いました。
しかし考えてみると、バルブのキャップに当たる金属製のネジが自然に緩むことは滅多に起こることがないことから、屋内にあるものの外から自由に出入りもできる預かり所で、誰かがイタズラした可能性もゼロではないと思われます。

かといって、以前は食堂だった場所で、おじさまが1人で運営されている預かり所に防犯カメラをつけてもらうわけにもいかず、明日以降、どう対策を講じたらよいものか悩ましいところです。

小雨降る八軒家浜

カレンダー通りに休みをいただいた本日は晴れたものの、盛夏に比べると、やや暑さをしのぎやすい1日となりました。
しかし私は午前、午後と2度にわたって食材などの買い物に出かけ、3度の食事をつくったほか昼寝もしてしまったため、ランニングをしたり写真を撮ったりする時間をつくることができませんでした。

ネタがないならないで1日ぐらいブログの更新をしなくてもよさそうなものですが、これまでの5年余り、ほぼ毎日更新をしてきたものを、大きな理由もなくパタリとやめるのもスッキリしませんし、一時に比べると少なめになったとはいえ、こんなブログにつきあってくださっている方々への申し開きもたちません。
そのうえ一昨日に撮っていた写真も手元にありましたので、それを掲載することにします。

泊まり勤務だった、その前日から雨模様となったためロードバイクには乗らず、勤務明けの午前中に傘を差して通りがかった京阪電鉄・天満橋駅近くの川辺のプロムナード「八軒家浜」で撮った3枚です。
電車に乗って帰宅する際に、たびたび通る八軒家浜の景色は、これまでも何度もアップしていますが、こんな小雨の降る日の川辺の景色は、またいつもと違って風情があるものです。

BL150820八軒家浜1DSCF6088  BL150820八軒家浜2DSCF6093  BL150820八軒家浜3DSCF6082