“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

FC2カウンター

全記事表示リンク

新鮮食材で秋の食卓

泊り勤務明けの昨日、週末にトライアスロンの帰りに立ち寄った愛知・愛西市の道の駅や、自宅の隣町である大阪・交野市の産直所で買い込んだ野菜の残りを使ってつくった料理の一部を紹介します。

レンコンや新ショウガのから揚げ、鶏肉入りのサラダ、そしてダイコンの間引き菜を使った菜飯です。
から揚げにしたレンコンは、カラリと揚がってかつシャキッとした歯ごたえも残るように輪切りにした1枚ずつの厚さと揚げ時間を思案し、軽く片栗粉をまぶしただけで揚げたところ、素材の味や歯触りを十分に楽しめる、まずまずの出来でした。一緒に上げた新ショウガも、辛みがやや抑えられて食事のアクセントに。写っていませんが、やはりから揚げにしたカボチャも甘味と香りが凝縮されて、美味しく出来上がりました。

サラダは、かつて1年余り住んでいたカンボジアのサラダをイメージして、ゆでた鶏肉をダシに使い、本場で使うライムの代わりに今が旬のスダチを、また「トゥックトレイ=魚水」(タイのナンプラー、ベトナムのニョクマム)の代わりには能登半島の「いしる」を入れて雰囲気を出してみたところ、素材の味を生かしながらも一味違う美味しさになりました。

ダイコン菜飯は、産直でゲットした柔らかい間引き菜をサッとゆがいて軽く塩をし、炊き立てのご飯に混ぜただけ。実のところ、菜っ葉は数日経って少し元気がなくなっていましたが、父が好きで子どものころによくいただいていた混ぜご飯だけに、懐かしい味わいでした。

BL150929夕食1IMG_1294  BL150929夕食2IMG_1286  BL150929夕食3IMG_1302

スポンサーサイト

剪定・草刈りの季節

泊り勤務明けの本日は、朝からカラリとした秋晴れになりましたが、帰宅時のランニングをすることはできず、電車に乗って自宅に直行しました。
というのも、週に2回の息子のベビースイミングがある日で、直行すればちょうど時間に間に合ったからです。

やはり昼ごろから秋晴れになった一昨日は独りでトライアスロンに出かけさせてもらっていますので、そうした特別な日をのぞけば家族サービスが優先です。それに短い距離のレースだったとはいえ、曲がりなりにも自己ベストでゴールしたトライアスロンの疲れが、泊り勤務の疲れとともに最高潮に達していましたので、ベビースイミングの付き添いをしながらプールの中で軽い運動をするのが、ちょうどよかったともいえます。

時間がタイトだったこともあって、最寄駅の京阪電鉄・光善寺から自宅までは、旧家の間を縫う細い路地と、高台にある高校の敷地の外れを通るトレイルを結ぶ近道を早歩きしました。掲載する写真は、その際にそそくさと撮った3枚。
常緑樹の生垣を剪定される人の様子と、伸びていた草が刈られたばかりのトレイルの入口、そして路地の道端に咲いていた萩の花です。

小さくてまばらに咲く萩の花は絵になりにくく、近い距離で思うようにピントが合いにくいコンパクトカメラでの撮影にも向いていないことから、このところ気になりながらも撮ることを放棄していました。しかし、この花は光の当たり具合が美しく、スパッとピントがこないことにイライラしながらも、なんとか1枚だけ、そこそこの絵を撮ることができました。

BL150929帰宅路1IMG_1267  BL150929帰宅路2IMG_1268  BL150929帰宅路3IMG_1266

お土産は旬の蓮根

岐阜県の長良川で行われた昨日のトライアスロンは、ミニバンにロードバイクを積んで独りで出かけ、帰りには対岸にある愛知・愛西市の道の駅に立ち寄って、地元名産の蓮根などの野菜をどっさりと買い込んできました。

トライアスロンの会場となったのは、長良川と木曽川、揖斐川の3河川が平行して流れる地域の一角・木曽三川公園で、一昨年まで名古屋勤務だった私は、ロードバイクの練習などで何度も足を運んでいました。
愛西市の道の駅に立ち寄るのも、その当時からのお決まりで、今の時期が旬の蓮根をゲットすることは、出かける前から楽しみにしていた今回の長良川行きの、もう1つのお目当てでした。

BL150927愛西の道の駅1IMG_1223  BL150927愛西の道の駅2IMG_1222  BL150927愛西の道の駅3IMG_1224

道の駅では、名産の蓮根のほか、やはり旬を迎えつつあるサトイモ、それにヤマイモの「実」(正確には「珠芽」)であるムカゴなど、土の色をした秋の味覚がズラリとならんでいて、いずれも新鮮で安く、選ぶのに苦労するほどでした。

なかでも蓮根は泥の中から掘り出したばかりの、数珠状に3つ4つが連なったものが積み上げられていて、値段は大阪のスーパーと比べると2分の1から3分の1。品種の異なる数珠状の2本をゲットしましたが、もっと買い込むべきだったと悔やんでいます。
といいますのも、家に帰って料理する際にピーラーや包丁の刃を入れてみると、その手応えから新鮮さが分かるほどで、歯ごたえも甘みも格別だったからです。

BL150927愛西の道の駅4IMG_1227    BL150927愛西の道の駅5IMG_1225    BL150927愛西の道の駅6IMG_1230

道の駅では、やはり愛知名産の懐かしい味、きしめんをいただいて遅めの昼食にしました。

また野菜などをゲットした際のレシートを使っての抽選も行われていて、4枚のクジを引いたところ、そのうち3枚は「スカ」でティッシュ3箱をいただきましたが、残りの1枚では3等賞の「麺類セット」が当たりました。
自己ベストを出したトライアスロンでは、50代男子の8位で賞品をゲットするには及びませんでしたが、ろくに練習をしないでベストが出てしまう幸運は、ここでも残っていたようです。

長良川で自己ベスト

本日は岐阜の長良川で開かれたトライアスロンに参加して、シーズン最後のレースを楽しみました。スイム750メートル、バイク20キロ、ラン5キローという短い距離の「スプリント」大会でしたが、タイムは1時間24分57秒で自己ベストを更新しました。
スイムは20分4秒と大きく出遅れたもののバイクは前後のトランジション(着替え)を含めて40分42秒で時速35キロ近くをキープし、ランも24分11秒と快走。エントリーした176人中63位、50代男子では23人中8位でした。

娘が生まれてから2週間余りは家事にかかりきりで、10日ほど前に練習を再開してからも泳いだのは2回だけ。体重は2、3キロ増えてカゼも抜けていなかったため、本日のパフォーマンスには自分でもびっくりです。
子どもたちからパワーをもらったことと、独りで遊ぶことを許してくれた家族の恩情の賜物ですが、まだまだ年を食ってられないという気持ちにも後押しされたのでしょう。

でも自己ベストとはいっても、スプリントのレースに出始めたのは、ここ5、6年の間にトライアスロンを再開してからのことで、実際には50代でのベストといったところ。
8月初めのレースに比べて3分も遅くなったスイムを、きっちり練習して臨むことができていればとか、バイクやランで、もう少し強度の高い練習をしていればとか、まだまだ改善の余地はあります。そんなふうに、まだまだ記録を伸ばしてみたいという意欲や向上心を大事にしながら、今回の、まぐれのような結果は、来シーズンに向けた踏み台なんだというふうに考えようと思います。

BL150927長良川トラ1IMG_1215  BL150927長良川トラ2IMG_1204  FB150927長良川トラIMG_1211

BL150927長良川トラ4IMG_1213  BL150927長良川トラ5IMG_1216  BL150927長良川トラ6IMG_1210

野菜高騰の折に産直

この週末はカレンダー通りに休みをいただけることになり、本日の朝は隣町・交野市の「北星田」にある農園で土曜ごとに開かれる産地直売の野菜の朝市に出かけてきました。

秋の長雨の影響か、野菜が高騰している最近はスーパーに出かけても、値札を見ては買い控えてしまいますが、採れたての野菜がリーズナブルな価格で手に入る産直所に来ると、ついつい、あれもこれもと買いだめしてしまいます。

夏野菜を繰り返し、どっさりといただいた時期も過ぎて、2週間ぶりに訪れた産直所の野菜も、すっかりと様変わり。本日は葉物が目立っていました。そのなかでも美味しそうだったのは、ここの一押しであるツルムラサキに加えて、ダイコンの間引き菜や水耕栽培のミズナにレタス。
そのうちミズナやレタスは、味が抜けたようなスーパーのトマトとは違って、まだまだ味が濃いトマトと一緒に、さっそくサラダをつくっていただき、採れたての野菜をいただける幸せを、かみしめました。

BL150926北星田1IMG_1166  BL150926北星田2IMG_1161  BL150926北星田3IMG_1162