FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

絶品ツルムラサキ

本日は昼過ぎから友人の家族2組が我が家を訪ねてくれましたが、それに先立つ午前中、土曜ごとに隣町・交野市で開かれる地元農産物の産直所に買い出しに行きました。

ここの田んぼも収穫がほぼ終わったころで、新米が売られていますが、実はここの米は産直所が閉まっていても道向かいにある事務所で売られていて、昨日ちょうど自宅のお米が切れたことから既に新米を買い込んでいました。
というわけで本日は、夏野菜に代わって元気が良くかつ安くなってきたホウレンソウや小松菜など葉物野菜を中心に買い出しをしました。

しかし葉物野菜のなかでも、夏の間にも楽しめるツルムラサキは、そろそろ時期が終わるようで当初、店頭には並んでいませんでした。強い香りやヌメッとした触感が特徴でビタミン類が豊富なツルムラサキはスーパーなどでも売られていますが、収穫から日が経って切り口が赤っぽくなったものは固くて香りがイマイチです。それに比べ、いつも採りたての、ここのツルムラサキは柔らかくて香り高く、クセもなくて、まさに絶品です。

そんなツルムラサキを一番の目当てに買い出しに来た私は、その姿が見えないことから、つい「もうツルムラサキはないんでしょうか?」と聞いてしまいました。
すると、応対してくれた農家のおばさまは「じゃ、採ってきましょうか」と言われて、裏の畑に向かってくれ、私も追いかけて、新しく伸びた茎や葉をハサミで切り取るおばさまの作業を見せてもらいました。

おばさまによると、切っても次々に次の芽が伸びた夏場が過ぎて、ツルムラサキの畑は近々、別の野菜に植え替えるとのこと。
というわけで「特注」で収穫してもらったツルムラサキは、貴重なものでしたが、なんとこの袋いっぱいのツルムラサキは、味見用に3合ほどを袋詰めした新米とともに、サービスでいただきました。

いただいたツルムラサキは、丈は短めでしたが、いつも以上に柔らかくて美味しく、友人らと囲んだ食卓を飾ってくれることになりました。

BL151017ツルムラサキ1IMG_0736  BL151017ツルムラサキ2IMG_0728  BL151017ツルムラサキ3IMG_0735

スポンサーサイト