FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

4年連続の大阪写走

本日は第5回の大阪マラソンが開かれ、第2回から連続で4回目の参加となった私は、今年もカメラを片手に応援やボランティア、そして一緒に走るランナーらの写真を撮りながら「走った!撮った!」を楽しみました。

先月、娘が誕生したことなどから、今回も練習不足のまま本番に臨むことになった私ですが、スタートラインからのネットタイムは例年並みの5時間20分。撮った写真は過去最多と思われる500枚以上に上りました。
絶対的な練習量が不足するなか、このところ試みていたのは、自宅と職場を結ぶ20キロを一気に走ることを繰り返し、スピードは無視して長めの距離に慣れておくことに重点を置くことでした。そして、予想タイムを遅めに申告したためかスタートブロックが後ろの方になったことも手伝って、これまでのように前半でオーバーペースになることも控えられ、終盤までヘトヘトになることなく、余裕を持ちながらゴールまで走りきることができました。

デスクトップのコンピュータがダウンしたままで、膨大な枚数の写真を選択、編集、掲載するのは、しばらく後になりそうですが、本日のところはまず、マラソンの最中やその前後に知人らと一緒に撮ってもらうなどした自分の写真を9枚、紹介します。

BL151025大阪マラソン当日1IMG_1154  BL151025大阪マラソン当日2IMG_1250  BL151025大阪マラソン当日3IMG_1279

手荷物を預けた後、スタート地点に向かう途中にお会いしたのは、走るラジオパーソナリティーの若ちゃんこと若林順子さんと、若ちゃん練習会で事務局長を努められている快速ランナーの真樹さん。

今年も11キロ付近で、ノーベル賞の山中伸弥教授と私を応援する横断幕を掲げて応援してくれたのは、私たちの母校である大阪教育大学附属中学・高校天王寺校舎の同窓生の皆さんでした。

BL151025大阪マラソン当日4IMG_1397     BL151025大阪マラソン当日5IMG_1463     BL151025大阪マラソン当日6IMG_1530

後半の医療・救護チームの待機所で「おお、辰巳!」と声をかけてくれたのは、中学・高校の同級生である医師の洋一さん。
同級生のメーリングリストやフェイスブックで、私の参加が知らされていたとはいえ3万人が走る中で、私を見つけてくれたのには驚くとともに、ありがたく思いました。

そして、沿道の人と交わすハイタッチの回数をカウントして電光掲示するという「ハイタッチカウンター」を身につけて走ってられたのは、私が所属する東京の明走会のメンバーで、イラストレーターの柴山ヒデアキさん。
そう、私の写真展や写真集、そしてこのブログを含むウェブサイトでも使わせてもらっている私のイラストを描いてくれたのがヒデアキさんで、ゴールまで5000回以上を記録したハイタッチのうち2回は、私がさせてもらいました。

BL151025大阪マラソン当日7IMG_0128     BL151025大阪マラソン当日8IMG_0126     BL151025大阪マラソン当日9IMG_0133

ゴール直後にランナーを誘導するボランティアをされていたのは、私の会社の上司である裕美子さん。
名古屋ウィメンズマラソンなどを完走されている裕美子さんは現在、私が勤める会社で、大阪支社のナンバーツーに当たる次長を努めるという女性の出世頭で、仕事も多忙でいらっしゃいます。
それでも大会への参加を続けるのに加えて、こうしてボランティアにも挑戦され、仕事にも趣味にも全力で取り組まれている姿勢には、頭が上がりません。

スポンサーサイト