FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

コチャン邑城を散策

本日は、冷たい雨の降った帰り道も含めて、久々にロードバイクに乗って職場までの片道20キロを自転車通勤しましたが、紹介する写真は再び、先日の韓国・コチャン訪問の際に撮った取り置きの記念写真などです。

紹介する9枚は、いずれも3泊4日のコチャン訪問の最終日に、コチャンの街のシンボルである15世紀の城跡、「コチャン邑城(ウプソン)」で撮ったものです。
自然石を積んで1周約1.5キロの城壁が築かれているコチャン邑城は、倭寇の侵攻を防ぐために築かれたとも伝えられ、コチャンのかつての呼び名である「牟陽(モヤン)」をつけて「牟陽城(モヤンソン)」とも呼ばれます。

城壁の内部は傾けたすり鉢のような地形になっていて、松林や雑木林の中に、往時の建物を復元したものが幾つか建てられ、その間を遊歩道が縦横に通っています。
また城壁の上部も歩くことができ、毎年10月には、城壁が築かれた往時をしのんで、地元の女性たちが総出で、小石を頭に乗せたまま色とりどりの韓服(チマチョゴリ)姿で歩く「踏城(タプスン)ノリ(祭り)」が行われます。1周すれば「足が痛くなり」、2周すれば「長寿になり」、3周すれば「極楽浄土に行ける」という言い伝えもあります。

とはいえ、高いとろこでは高さ5メートルほどもある城壁の上の歩道は、幅が2メートル足らずしかないのに両側には防護壁もなく、視覚障害ランナーの和彦さんも一緒に訪れた私たちは、半周足らずのところまでであきらめて内側の歩道を散策することにしました。

BL151117コチャン邑城1IMG_0830  BL151117コチャン邑城2IMG_0834  BL151117コチャン邑城3IMG_0829

BL151117コチャン邑城4IMG_0824     BL151117コチャン邑城5IMG_0847     BL151117コチャン邑城6IMG_0839

チームジダン忘年会

本日は、中学・高校の同級生で駆けっこ仲間のジダンさんが率いるトレランサークル「チームジダン」の忘年会に参加させてもらいました。

このブログでこれまで何度も紹介しているジダンさんは、富士山の周囲をぐるりと回る約160キロのトレランレース、UTMFを第1回の大会で完走するなど華々しいレースの「戦歴」を誇り、私と同じ50代半ばでありながら現在も、美女ランナーを中心としたチームの練習会や合宿などを精力的にこなしてられます。
私はチームの正式メンバーではありませんが、以前に何度か練習会に参加させてもらったほか、大阪で写真展を開いた際にチームの皆さんが手伝ってくれたことなどもあって、このところは練習にも出ていないにかかわらず、こうして忘年会へのお誘いをいただいています。

紹介した写真は、忘年会恒例の余興である、カレンダーのイラストを使ったクイズをされるジダンさんと、参加メンバー10人のうち8人がそろったところで行われた最初の乾杯、そして来年2月の泉州国際市民マラソンのチラシに写真で登場されている美女ランナーの、かおる姫さんです。

写真に写っている男性メンバーで、先日は我が家にも来てくれた俊彰さんと、かっぴこさんは、それぞれ私よりおよそ20歳と10歳若いものの、いずれも幼い子どものパパで、忘年会では、美味しいもつ鍋をつつきながら、ついついパパ同士の話に花を咲かせてしまいました。

BL151124ジダン忘年会1IMG_1118  BL151124ジダン忘年会3IMG_1170  BL151124ジダン忘年会2IMG_1111

コインドル、ジャンオ

泊り勤務明けとなった一昨日の帰宅ランの写真を2日にわたって掲載したため、韓国・コチャンを訪問したマラソンツアーの写真の掲載を休みましたが、本日はまた復帰します。

ツアーの写真は本日を含めて3回分の予定ですが、その後は、走りながら撮った写真を紹介する「走った!撮った!コチャン・コインドルマラソン2015」も、引き続き掲載していく予定です。
お預けになっている「走った!撮った!大阪マラソン2015」と「走った!撮った!東京夢舞いマラソン2015」の掲載も、遅くなって申し訳ありませんが、年内に進めていきたいと思っています。

さて、本日紹介するコチャンの写真は、マラソンの翌日、お寺での法事のあとに出かけたコインドル(支石墓)群の遺跡公園や干潟の海岸で撮った記念写真の残りと、コチャンの仲間に開いてもらった夕方の歓迎会、および2次会のカラオケで撮ったカットなど合わせて9枚です。

コチャン名産のジャンオ(長魚=ウナギ)の白焼きは、何でも美味しいコチャンでいただく料理の中でもぴか一のごちそうで、日本と同じくぜいたくなメニューですが、割り勘や会費制が一般的な日本と違って、1人が全員分の勘定を受け持つ韓国式の支払いは、先月、夢舞いマラソンのゲストとして来日したコチャン・コインドルマラソン同好会の会長、キム・ミンスさんが引き受けてくれたそうです。

また、3年前に富士登山に来てくれた同好会の元会長で、コチャン側の宴会部長ともいえるチョン・ビョングさんは、この日も日本のメンバーにお酒をついで回ってくれたほか、「スル・チング(酒友だち)」である私などと一緒に韓国風の乾杯「ラブショット」を繰り返し、カラオケでも得意のセクシーダンスを披露して、私たちにとっての最後の夜を楽しく盛り上げてくれました。

コチャンの街のシンボルである城壁、「コチャン・ウプソン(邑城)」が、ちょっと寂しげにライトアップされ、冷たい小雨が降り続けるのをよそに、こうして日韓の駆けっこ仲間たちの交流の場は、深夜まで熱く続きました。

BL151116コチャン3日目の午後1IMG_0729  BL151116コチャン3日目の午後2IMG_0733  BL151116コチャン3日目の午後3IMG_0736

BL151116コチャン3日目の午後4IMG_0751     BL151116コチャン3日目の午後5IMG_0770     BL151116コチャン3日目の午後6IMG_0771

BL151116コチャン3日目の午後7IMG_0812     BL151116コチャン3日目の午後8IMG_0776     BL151116コチャン3日目の午後9IMG_0784

秋深まる生駒越え2

昨日、大阪府と奈良県の府県境に広がる生駒山地を越えて、トレイルまじりの帰宅らんをした私は、実は本日もまた、帰宅コースの一部を、2歳の息子を連れて歩いてきましたが、掲載する写真は昨日撮った残りの9枚です。コースの1つめのハイライトである室池のあたりから、次なるハイライトといえる日本最大級の歩道の吊り橋、「星のブランコ」を渡るときまでに撮ったものです。

昨日掲載した写真の中には、「聖天さん」と呼ばれる宝山寺の参道の階段沿いでムラサキシキブの実を撮ったものがありましたが、本日は、星のブランコの近くで見かけた同じ仲間のヤブムラサキの実を狙ったものがあります。

立派なニワトリは、室池を過ぎて道路を横切る手前で、ひょっこり現れたもので、近づいても逃げる気配がなかったことから、近くで放し飼いにされているものと思われました。
小学校のころに、これぐらいのニワトリを自宅で飼っていて、いつも両手で抱きかかえていましたが、さすがに自分が飼っているものではないだけに、手を出すのははばかられました。

星のブランコから下りてきたところにあるレストハウス「ピトンの小屋」の前には、秋の行楽シーズンとあって、トラックに厨房を仕込んだ、うどん屋さんの臨時の屋台が出ていて、ちょうどお腹が減った私は、一休みして、うどんをすすりました。とても美味しくて、100キロなどのウルトラマラソンを走っているときのように、元気100倍になりました。

BL151121生駒からラン2-1IMG_1004  BL151121生駒からラン2-2IMG_0993  BL151121生駒からラン2-3IMG_1007

BL151121生駒からラン2-4IMG_1010     BL151121生駒からラン2-5IMG_1037     BL151121生駒からラン2-6IMG_1019

BL151121生駒からラン2-7IMG_1029     BL151121生駒からラン2-8IMG_1033     BL151121生駒からラン2-9IMG_1027

秋深まる生駒越え1

泊り勤務明けの本日は、コチャン・コインドルマラソンを挟んで約2週間ぶりに、近鉄・生駒駅から生駒山地のハイキングコースをたどって山を越え、自宅までの約25キロを走る、トレイルまじりの帰宅ランをしました。

今年の秋は、韓国でも例年になく暖かいとのことでしたが、日本でも、なかなか気温がすんなりと下がっていかないようで、山の紅葉も、きれいに色づいていっていない様子です。
それでも、2週間前と比べると、山全体に赤やオレンジの色が多く交ざってきていて、秋は着実に深まっているようです。

ようやく、ゆっくりながらも長い距離を気持ちよく走れるようになったコインドルマラソンのときの感覚は、その後またまたさぼっていたにもかかわらず、まだ残っているようで、本日の帰宅ランも気持ちに余裕を持ったまま、最後まで極端にペースを落とすことなく、約4時間をかけながらも、しっかりと走り切ることができました。
そんな本日、走りながら撮った写真を、今回は18枚を2回に分けて掲載することにします。まずは、コースの前半にある山上の巨大な人口の池、室池のあたりまでに撮った9枚です。

BL151121生駒からラン1-1IMG_0934  BL151121生駒からラン1-2IMG_0950  BL151121生駒からラン1-3IMG_0941

BL151121生駒からラン1-4IMG_0959  BL151121生駒からラン1-5IMG_0962  BL151121生駒からラン1-6IMG_0971

BL151121生駒からラン1-7IMG_0984  BL151121生駒からラン1-8IMG_0976  BL151121生駒からラン1-9IMG_0973