FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

コチャン、ゴール後

コチャン・コインドルマラソンのゴール後に撮った写真は、当日の記事でも1枚紹介していますが、さらに3枚と、夕方に開かれた打ち上げの際の写真3枚の合わせて6枚を紹介します。

BL151115コチャンのゴール後1IMG_0658     BL151115コチャンのゴール後2IMG_0654     BL151115コチャンのゴール後3IMG_0659

私は、今年で13回目を迎えたコチャン・コインドルマラソンへの参加が7回目となりましたが、今回は、これまでで最高の天気となりました。
韓国では南西部に位置するコチャンですが、半島とはいえやはり大陸に近い気候なのか、大阪や東京と比べると一段寒く、これまでは手袋などの防寒対策が必須でした。また、コチャンの西には中国へとつながる黄海があることから、この時期の雨も多く、以前は雪がちらついたこともありましたが、今回は、おだやかに晴れ渡って、スピードを上げて走れなくなっている私が写真も撮りながら走るには絶好のコンディションでした。

そんなコンディションにも助けられて気持ち良く走った私をゴール直後に出迎えてくれたのは、いずれも在日コリアンのランナーで、大阪から一緒に来たユミさん、サゴンさんのご夫妻と、ソウル在住のケヨンさん。
それぞれ10キロとハーフを走り、ゴール後に長らくお待ちいただいて申し訳ありませんでしたが、会場の外で振る舞われた屋台の食事などをしながら待っていただくにも、この日の天気は最高でした。

BL151115コチャンのゴール後4IMG_0661  BL151115コチャンのゴール後5IMG_0663  BL151115コチャンのゴール後6IMG_0664

ゴール後には、会場の近くにある温泉施設で、露天風呂などに入って汗を流したあと、その施設に隣接したホールで盛大な打ち上げが開かれました。
マラソンを運営するコチャン・コインドルマラソン同好会のメンバー40数人を中心とした打ち上げですが、人口約6万人を有する全羅北道・コチャン郡のパク・ウジョン郡守(郡知事)も出席され、来賓扱いの私たちはパク郡守の近くに陣取って、一緒にお鍋をつつかせてもらいました。打ち上げの席では、私が日本から持ってきた大阪・交野市の地酒「かたの桜」の純米吟醸酒の一升瓶も開けてもらい、皆さんに上質な日本酒の味と香りを楽しんでいただきました。

昨年までは、長らく郡守を努められた親日家でもあるイ・ガンスさんが出席され、マラソンにも理解が深くいらしたことに感銘を受けていましたが、今回さっそく5キロを走られたパク・ウジョンさんも、コインドルマラソンの発展に、いっそうの協力をしてくださるものと期待できそうです。

スポンサーサイト