FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

東京の紅葉・黄葉

東京夢舞いマラソンの実行委員会と忘年会に出席した一昨日は、当然のことながら都内で宿泊し、昨日は大阪に戻るのに先立って都内での移動で6キロほどのウオーキングをしました。その際に撮った紅葉・「黄葉」の写真を3枚だけですが掲載します。

BL151210東京の紅葉1IMG_0468  BL151210東京の紅葉2IMG_0477  BL151210東京の紅葉3IMG_0444

都内での黄葉といえば、神宮外苑のイチョウ並木。時期が少し遅かったためかイチョウの葉の黄色は少し茶色がかって乾いた感じがしましたが、まだなんとか見ごろのうちで、2列の並木に挟まれた歩道では親子連れなどが記念写真を撮っていました。
見事に紅葉したカエデは、同じ神宮外苑の一角で撮りましたが、やはり赤く色づいたツタの葉は、四谷から飯田橋へと続く外堀沿いの歩道から撮ったものです。

昨日は、御徒町にあるランニング用品の専門店でシューズを新調したのですが、そこに向かう途中、赤坂の宿泊先から神宮外苑を抜け、赤坂御所沿いを経て四谷から飯田橋へとウオーキングをしたのです。飯田橋から御徒町までは地下鉄1本で行くことができますので。
このコースで歩いた地域は、以前16年ほど東京に住んでいた私がランニングやウオーキングで何度となく通っているところ。特に四谷から飯田橋までの外堀沿いの歩道は、かつて虎の門にあった会社から泊り勤務明けなどに何度となく出かけた、土の道をつなぐ約10キロの名付けて「都心クロスカントリーコース」の一部で、懐かしく感じました。

私は故郷の大阪に戻って既に2年余りになり、すっかり落ち着いていますが、こうしてたまに東京に来てみると、東京の方が山からは遠いものの、街の中の緑は大阪とは比べものにならないほど豊かだということを再認識します。
その一方で、新しい高層ビルなどはどんどん建って、景色も変わり、街はきれいになっていきます。公共のお金も私企業の経済活動に使われるお金も、圧倒的に東京ばかりに注ぎこまれているようで、残念ながら大阪は、その他の多くの地域と同じく、取り残されているような印象すらします。

大阪を「副首都」にしようとか、東京に対抗しようとかいった政治家らによる掛け声は、大阪の人の心に響くようですが、そんなことは土台無理なんだと思います。大阪は大阪として、その良さを伸ばすことしかできないようだということです。

ともあれ、もう2度と住む機会はないかもしれませんが、かつて長らく住んだ東京は、私にとって第2の故郷に思えるほど懐かしい街であって、その街の「美味しいところ」を毎年、新しいコースで走って巡る「東京夢舞いマラソン」にかかわっていられることは、幸せなことなんだということを、歩きながら考えていました。

スポンサーサイト