FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

走った!撮った!大阪2015-3

「走った!撮った!大阪2015」の3回目を掲載します。
今回は、9キロ付近から走る土佐堀通沿いで、11キロ付近の片町折り返しを過ぎたところまでに撮った9枚です。

BL151025大阪マラソン3-1IMG_1227     BL151025大阪マラソン3-2IMG_1232     BL151025大阪マラソン3-3IMG_1230

BL151025大阪マラソン3-4IMG_1239  BL151025大阪マラソン3-5IMG_1243  BL151025大阪マラソン3-6IMG_1235

BL151025大阪マラソン3-7IMG_1246  BL151025大阪マラソン3-8IMG_1244  BL151025大阪マラソン3-9IMG_1252

カメラを持って参加するマラソンでは、ずっと沿道の様子を見ながら走っているだけに、応援してくれる仲間を見つけるのはさほど難しくはありませんが、一緒に走る仲間と会うのは至難の業です。
そんななか、土佐堀通で声をかけてくれたのは、お友達と一緒に走ってられた大阪の駆けっこ仲間の奈美さん。後ろ向きに走りながら撮るという得意の技を使って、彼女が両手を広げるポーズをとってくれた瞬間を撮ることができました(上左)。

奈美さんは、写真集「走った!撮った!世界のマラソン」や大阪での写真展で紹介した、バナナの仮装の3人組の1人で、たしか写真展に来てくれたのがお会いしたきっかけだったはずですが、その後、なぜかあちこちの大会をたまたま一緒に走っている際に、こうして声をかけてもらっています。

「淳太くん、濱ちゃん、神ちゃん」の幕を掲げて応援していた女子高校生の3人は、同級生か知り合いの男の子たちを応援しているのかとも思いましたが、男の子3人はアイドルグループ「ジャニーズWEST」のメンバーたちでした(中左)。

ほんの10年ほど前までは、大都市の目抜き通りをコースとするマラソンは、わずか200~300人ほどのエリートだけしか走ることができませんでしたが、今や万単位の市民ランナーが走る大会も雨後の竹の子のようにどんどん誕生。こうしてアイドルたちまで気軽にフルマラソンに挑戦しているというのは、まさに隔世の感がします。
いつまでもそんなことを言っているのは、なんだかちょっと年寄りじみています。アイドルの名前にピントこないのも、まさにその証拠なのでしょう。

11キロ付近の片町折り返しを過ぎたところでは、一昨年から毎年、中学・高校の同窓生たちが横断幕を広げて応援してくれています(下段の左、右)。
書道家の同窓生が書いてくれたこの横断幕は一昨年以来のもので、私の名前と並べて書かれているのは、2年後輩でノーベル賞受賞者の「山中伸弥先生」の文字。山中さんは今年も、iPS細胞の研究への寄付を呼びかけながら走る「チャリティアンバサダー」として大会に参加されていて、勝手に写真を撮りながらファンランをしている私とは段違いの存在で、こうして名前を並べてもらうのはいつも恐縮至極です。

横断幕を撮った2枚目の写真で幕の上に掲げられた「あつくん」「ゆかりん」は、私の同期生であるユカさんと2年先輩のご夫妻のことで、お2人は昨年に続き、山中さんのチャリティー活動に賛同するチャリティーランナーとして参加されましたが、私は残念ながら今年も山中さんともお2人ともコースでお会いすることができませんでした。

スポンサーサイト