FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

寝屋川遡りLSD3

3日前に寝屋川を遡り、長い時間をかけてゆっくり走るLSDをした際の写真を、もう1回掲載します。
今回は28キロ足らずのコースのうち後半に撮った10枚で、駅の構内を大きなクスノキが貫いている京阪電鉄・萱島駅や、1つ京都寄りの寝屋川市駅の駅前を過ぎ、私が中学時代から高校時代にかけて住んでいた寝屋川市内の団地の近くを通って、寝屋川の起点までの景色が写っています。

BL160121寝屋川LSD3-1IMG_0257  BL160121寝屋川LSD3-2IMG_0266  BL160121寝屋川LSD3-3IMG_0260  BL160121寝屋川LSD3-4IMG_0267

萱島駅のクスノキは36年前の私が大学に入った年、京阪電鉄の高架工事に伴って駅が移築された際に地元の要望を受け、ホームの真ん中をくりぬいて、そこを幹が貫く形で駅に取りこまれ、保存されることになりました。
樹齢700年と言われるこのクスノキは萱島神社の神木で、神社もまた、高架下に残されたのですが、3年前に大阪に戻ってきた私は、そのことを忘れたまま、電車の車窓からホームのクスノキを眺めていました。

そんなわけで、寝屋川を遡ってきた私は、川と同じく京阪の高架をくぐる際、初めてのような気持ちで萱島神社と、猫の額ほどの境内にあるクスノキの根元を見て、あらためて、この巨大な神木を残した粋なはからいに感心しました。

  BL160121寝屋川LSD3-5IMG_0282    BL160121寝屋川LSD3-6IMG_0278    BL160121寝屋川LSD3-7IMG_0273

萱島駅を過ぎると、寝屋川の右岸に平行して用水路があり、そのわきの斜面にスイセンの群落がつくられて、もう満開の花盛りになっていました(右)。

用水路沿いには友呂岐緑地という公園が続き、遊歩道のわきに、木の舟が置かれています(中央)。
案内板によると、この舟は、かつて用水路から水を供給されていた田んぼと農家を結んで行き来しながら農具や刈り取った稲を運ぶのに使われた「三枚板舟(さんまいだぶね)」の少し小さ目のレプリカ。三枚板舟の名前は、船底が3枚の板によってつくられていたことに由来するといわれているそうです。

用水路沿いの遊歩道の行き止まりで石段を上ると、飛び出したのは寝屋川市駅前のアーケード商店街(左)。
水路をまたいで架けられた鉄骨上につくられていた建物は、商店の1つでした。

  BL160121寝屋川LSD3-8IMG_0286    BL160121寝屋川LSD3-9IMG_0288    BL160121寝屋川LSD3-10IMG_0291

寝屋川中流の左岸に隣接していた深北治水緑地と同じく、上流の左岸につくられた打上川治水緑地に近い観音橋からは、左岸沿いに遊歩道が整備されています(左)。
さらに500メートルほど上流の橋と観音橋の間は、ランニングが好きだった高校時代の私が、1キロや2、3キロをダッシュする練習の際に走っていたコース。当時は行きに左岸、帰りには右岸を走っていましたが、左岸も車の通れる道路でした。

上流の橋のたもと近くに当時の姿を残しているのは、私の住んでいた団地の裏にある八幡神社(中央)。

遊歩道は団地のバス停の近くで左岸へと渡り、その終点に当たるのが、支流の川が合流して寝屋川の起点とされる場所(右)。
案内板を掲げる石の像は、「御伽草子」に収録されている民話で、近くの寝屋集落が舞台とされる「鉢かづき姫」の主人公をモチーフにした寝屋川市のマスコット「はちかづきちゃん」。
遊歩道わきの柵や橋の欄干にも、はちかづきちゃんのデザインがアクセントに使われています。

スポンサーサイト



寝屋川遡りLSD2

昨日は泊り勤務明けに寝屋川沿いを遡って28キロ近くを走るLSDをしましたが、本日はその疲れも残り、家の用事もあったことから一歩も外へ出ることなく、自宅で休養する1日となりました。

LSDをすると疲れが抜けるという説もありますが、慢性的な練習不足の身としては、それなりに身体にこたえるようです。
またLSDの効用を表現して「ゆっくり走れば速くなる」という言葉もありますが、ゆっくり走っても、それなりにしんどいですし、同じ距離にある場所に到達する時間はずっと長くなるわけで、「ゆっくり走れば遠くなる」というのが、昨日の実感でした。

それはさておき、寝屋川沿いを走りながら撮った写真を本日も続けて掲載します。
今回は、職場から約8キロのJR片町線・鴻池(こうのいけ)新田駅の近くから、その先の住道(すみのどう)駅の近くを経て、コースの半ば13~14キロ付近にある治水緑地公園の「深北緑地」までに撮った9枚です。

BL160121寝屋川LSD2-1IMG_0218     BL160121寝屋川LSD2-2IMG_0212     BL160121寝屋川LSD2-3IMG_0213

寝屋川に平行する片町線の徳庵駅と鴻池新田駅の間で、近畿自動車道と中央環状線を横切るため、いったん川の左岸に行き、JRの高架下の信号を渡った後、再び橋の上に来ると、大阪と奈良の府県境にある生駒山が近く見えました(右)。
泊り明けに帰宅ランをする際は、地下鉄に乗って生駒山の向こう側まで行き、そこから山を越えてトレランを楽しむことが多いのですが、今回はいつも素通りしてしまう大阪都心から生駒山までの間にある地域を足でたどったわけです。

橋を渡る前には、住宅の庭に巨大なソテツがそびえているのを見かけ、寝屋川を遡るという今回の社会見学的LSDのテーマとは、そぐわないような気もしましたが、カメラを向けてみました(中央)。

橋を渡った先にある下水処理施設、鴻池水みらいセンターの敷地の外では、川沿いの歩道との間に繁った草が赤茶色に枯れていました(左)。

BL160121寝屋川LSD2-4IMG_0227     BL160121寝屋川LSD2-5IMG_0233     BL160121寝屋川LSD2-6IMG_0229

住道駅のかいわいまでは、寝屋川の川岸は護岸壁に挟まれていますが、車が通れる橋が川に架かっている部分では、川沿いの道も護岸壁の高さまで上ってきます。そんな場所の道路わきにあったミラーを使って、記念写真を1枚撮っておきました(左)。
私が手にしているカメラは、新調したばかりのキャノン製のコンパクトカメラ「G9X」。

このところ、少し前までメーンに使っていたフジフイルムの「XQ1」に代えて、センサーのサイズが一回り大きい「1型」(対角線の長さが1インチ)のキャノンの「G7X」を使っていますが、特に走るとき用として、同じセンサーサイズながらボディーがコンパクトで軽いG9Xを、平行して使うことにしています。

このあたりでは、歩道が護岸壁に沿って半分ぐらいの高さのところについている部分もありますが、歩道の橋は壁の高さまで階段を登ったうえで渡るようになっています。そんな場所で撮ったのが右の写真。

寝屋川は住道駅のそばで、東から流れ込む恩智川を分け、上流の方向は東から北へと変わっていきます。
そして護岸壁の高さは次第に低くなり、橋の上から流れを見ると、下流では真っ黒なドブ川状態だった水が澄んできて、川底が見えるほどになているのに気づきました(中央)。

BL160121寝屋川LSD2-7IMG_0242  BL160121寝屋川LSD2-8IMG_0254  BL160121寝屋川LSD2-9IMG_0250

深北治水緑地は、上流にある打上川治水緑地と同じように寝屋川の左岸に沿った広い緑地公園で、かつて一帯に広がっていた深野池の名残りである池も維持されていて、多くのカモが群れをなして遊んでいました(右)。

また広い芝生広場のほか、大がかりな遊具が設置されたエリアもあって(中央)、昨日は雪もちらつく寒さだったことから人影もまばらでしたが、暖かい季節になると、家族連れなど多くの人でにぎわうようです。