FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

高槻ハーフ42分台

本日は私が住む大阪・枚方市から淀川を挟んで対岸の高槻市で開かれた「高槻シティハーフマラソン」を走りました。
タイムは1時間42分台(スタートラインからのネットタイムは1時間42分16秒、号砲が鳴ってからのグロスタイムは同47秒)で、50代ではエントリーした881人中157位でした。

ハーフマラソンのタイムは、宮古島のロングのトライアスロンを控えて走り込んでいた3年前に1時間37分台、一昨年は40分台で、なかなかそこまでは戻せません。でも2週間前の「枚方ハーフ」よりは2分ほど良くなっていて、このところ少し練習量を増やしていた効果があったもよう。
「練習はウソをつかない」ということを実感します。
実際に1時間42分台というのは、ほぼレース前に予想していたタイムどおりで、「あわよくば40分を切ろう」と思っていたのは、分不相応な目標だったのでしょう。

今回初めて走った高槻ハーフは、淀川左岸の河川敷を走る枚方ハーフと反対側の右岸にコースが描かれていますが、折り返しまでは眺望の良い堤防の上、帰りはその下の住宅地などを走って、景色の変化を楽しめました。
ただ気温は2度以下と猛烈に寒く、「耐寒訓練」をしているような気分でした。この異常な低温と、スタート直後の混雑がなければ、あと1、2分は良いタイムで走れたような気もしますが、混雑のおかげで突っ込まなかったためにペースを保てたのかもしれないわけで、少しでもタイムを縮めたいという気持ちは、来月予定しているフルマラソンなどに向けて頑張る原動力としたいところです。

BL160124高槻ハーフ1DSC00588  BL160124高槻ハーフ2DSC00592  FB160104高槻ハーフDSC00593

スポンサーサイト