FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

3度目の京都を満喫

本日は第5回目を迎えた京都マラソンで、カメラを片手に「走った!撮った!」のファンランを楽しみました。
約400枚の写真を撮ってゴールしたタイムはスタートラインから5時間16分台で、ファンランにしては上々。
1週間前の寛平マラソンの後、木曜ごろから猛烈にお腹をこわすカゼ様の症状に襲われて病み上がりだったにしては出来過ぎで、年初め以来の走り込みの成果が少しは残っていたようでした。

私が学生時代を過ごした懐かしい町を走る京都マラソンには、第1回目に参加した後、3回連続で抽選に落ちたものの去年はMBS毎日放送の番組ランナーとして敗者復活で出走。今回は2度目の当選、3度目の参加でした。
第1回の写真は名古屋の写真展で展示したほか写真集にも盛り込み、去年の写真は番組で紹介してもらったのに比べ、今回の写真は当面の発表の場がブログだけ。撮影に気合が入らないかと思いましたが、走り始めるとのってきて、心の赴くままに楽しい写真をどっさり撮らせてもらい、「走った!撮った!」を文字通り満喫しました。

FB160221京都マラソン同窓会応援IMG_0754     BL160221京都マラソン2IMG_0643     BL160221京都マラソン3IMG_0948

FB160221京都マラソン打ち上げIMG_1094  FB160221京都マラソン完走後IMG_1072  BL160221京都マラソン6IMG_1013

今年の京都マラソンを走りながら撮った写真は、断続的に掲載している昨年の東京夢舞いマラソンの写真の後に順次アップしていく予定ですので、どうぞご期待ください。

本日掲載した写真は、例によって自分が写っている写真ばかりです。
スタート前の西京極競技場と、ゴール後の平安時宮前でそれぞれ撮ってもらった「使用前」「使用後」。

そしてコースの途中で会った知人らと撮ってもらった3枚。
そのうち通りに面した山門の階段に並ぶお坊さんの応援で知られる世界遺産・仁和寺の前で応援してくれたのは、中学高校の同級生である治彦さん、先輩の澄子さん、そして和代さん。応援団は今回も私と、2年後輩のノーベル賞受賞者、山中教授の名前を並べた横断幕を掲げてくれていましたが、まだ前半で大混雑のコース上に山中教授の姿を見つけることはできなかったということです。反対だったら良かったのでしょうが、私の方は横断幕を見落としてはダメだとばかり考えて走っていますので、仕方ありません。

鴨川の河川敷で、台湾の旗を掲げてられたのは、この同じ場所で昨年、応援されていた台湾の男性と一緒のところを撮らせてもらった晴美さん。その後、私のブログを見つけて、その写真をご覧になってくれたばかりか、なんと今回は私の名前を書いた応援用の団扇まで用意してくれていて、大感激でした。

また鴨川沿いから東山通りに向かうところで、(左)大文字山をバックに写真を撮ってくれたのは、明走会の仲間で、これまで福岡や仙台の会の支部を大きく育ててこられた宏文さんでした。

今回の京都マラソンには、東京夢舞いマラソンの事務局次長で、長年の駆けっこ仲間の、お富さんも出場されました。
かつて500キロを超えるウルトラマラソンを走られた際にヒザを故障して、その後は5年がかりのリハビリに取り組んでこられたお富さんは京都マラソンがフルの復帰第1戦でしたが、私を32キロ付近でかわして5時間1ケタ台の好記録でゴールされました。
京都・先斗町での打ち上げでご一緒したのは、そのお富さんと、応援のためご一緒されたチユキさん、そして京都マラソンのスポンサーであるアパレル大手企業の元役員で、今はランニング関係のビジネスを手掛けられる企業家で京都マラソンを連続完走されている達也さんでした。
1次会の店で、お好み焼きや鉄板焼きを、皆で次々にいただいた後に記念写真を撮ってもらったため、残念ながら美味しかった料理が何一つ写っていないのですが、ご勘弁を。

スポンサーサイト