“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

全記事表示リンク

深北緑地でお花見

暖かい陽気に誘われて大阪でも桜の開花が一気に進んだ本日は、泊り勤務明けでしたが、いったん帰宅した後、近所に住む両親を誘って家族でお花見に出かけました。

向かった先は、私が住む大阪・枚方市の隣町、寝屋川市とさらに隣接する大東市にまたがる「深北公園」。
大阪府立の公園は、淀川水系の寝屋川に沿った遊水地を兼ねた大規模公園で、その昔は深野池と呼ばれる沼沢地だったところですが、今や渡り鳥が遊ぶ池や広い芝生、スポーツ施設や子ども用の広場などが整備されて、桜の名所ともなっています。

BL160331深北緑地1IMG_1012  BL160331深北緑地2IMG_1015  BL160331深北緑地3IMG_1019

深北緑地の桜の多くは、まだ三分咲きから四分咲きといったところでしたが、早咲きの品種の桜もあって、初夏を思わせるほどの暖かさと日差しのもと、まさに春らんまんの景色を楽しむことができました。

といいましても、2歳と0歳の子どもに80代半ばの両親を伴っての外出ですから、ゆっくりと写真を撮っている余裕は今回もあまりなく、紹介するのはササッと撮った桜の写真などです。

0歳の娘を乗せて、背負子のような軽登山用のチャイルドキャリアを担いで歩いていたところ、私を取り囲むように近寄ってこられたのは、ちょうど娘と同じような月齢の子どもたちを抱えた若いお母さんたち。
「こんなの初めて見たわ」「どんな仕組みになっているのですか」「参考になるわ」-などとチャイルドキャリアに興味津々のお母さんたちに、かがみこむなどしてキャリアをお見せした後、皆さんの写真も撮らせてもらいました。

スポンサーサイト

はれの日の大阪城

泊り勤務明けにもう1日の休みをいただけた一昨日、桜の開花のたよりを聞いて、花見の名所である大阪城公園に家族で出かけました。
桜はまだ一分咲きといったところで時期尚早だったうえ、現地についたとたん上空が黒い雲に覆われて雷が鳴り、冷たい風も吹いてきて、花見というわけにはいきませんでした。しかし、いったん公園を出て食事をした後は晴れ間が広がり、花見の名所である西の丸公園の代わりに大きな遊具のある子ども向けの広場に行って、2歳の息子を遊ばせることにしました。

BL160328大阪城公園1RIMG1990  BL160328大阪城公園2RIMG1964  BL160328大阪城公園3BRIMG1970

掲載した写真は、その広場の巨大な滑り台で遊ぶ子どもたちのほか、大阪城をバックに結婚式の写真を撮ろうとされていた和装の若いカップル、そして大阪城ホールで行われていた大阪大学の「卒業証書授与式」に来ていた晴れ着の卒業生らです。
新婚カップルのお2人の距離は少し離れ過ぎていましたが、写真係の人たちの前に突然割り込んだ私が近寄るように言うのははばかられました。大阪城は道頓堀と同じく、急増する外国人観光客のメッカになっていて、卒業生らはフィリピンから来た一行に、一緒に写真におさまってほしいと頼まれているところでした。

写真がいずれも渋い色合いでシャープさにもコントラストにも欠け、なんだかレトロな感じなのは、私がカメラを持ってき忘れたため、息子にオモチャとして使わせている古い防水仕様のカメラを借りて撮ったからです。

29キロを走り出勤

本日は朝の早い時間からの勤務でしたが、夜明け前に自宅を出て約29キロを走って出勤しました。
いつもの出勤コースは大阪・枚方市の自宅から淀川の河川敷に出て、その後、下流へと枝分かれする旧淀川の大川沿いを走る約20キロです。しかし本日はまず自宅の裏手に広がる住宅地の丘陵を越えて、淀川の支流・天野川沿いなどの約10キロを走り、いつもの通勤路に戻るという形で、ロングの練習をしてみました。

実をいいますと、来月の上旬にシーズンラストのフルマラソンをもう1本走る予定にしていて、それに向けたロングの練習がほとんどできていなかったことから、1度だけでも30キロ近くを走っておこうと思ったのです。
本来なら休みの日などに荷物を持たないで30キロのペース走を何本か入れておきたいところなのですが、休みの日に自分だけの時間をつくることは、幼い子ども2人を抱える今の生活の中でははばかられます。
それでも何もやらないよりはマシだろうと思って、レース前にロングをこなすのがほぼ最後となるこの時期に、少し早起きをして頑張ってみることにしました。

これで今月の走行距離は約220キロに達し、1月の約250キロ、2月の約200キロに続いて3カ月連続で200キロをクリア。マラソンを走るための最低限の練習量を積み上げてきたことになります。
しかし、その練習内容はといえば、週に2回か3回、20キロ前後ずつを通勤で走るという変則的なもので、スピード練習や筋トレなどをこなせていないこともあってか、少しでも速く走れるようになってきたという感覚や体調が上向いてきたという実感はないままです。既に何度もグチをこぼすように書いているとおり、50代後半になって、一度落ちてしまったパフォーマンスを元に戻していくのは、想像以上に難しいといことを身に染みて感じる結果になっています。

先日、こんなふうに少しでもロードのパフォーマンスを戻そうとしている私に対して、既にロードのレースにはほとんど出ないままトレイルのレースや練習に専念している同じ年の友人が「いまだに悪あがきをしてるのか?」とあきれ顔で言っていました。
「悪あがき」とは、まさに言いえて妙で、既にベスト記録より1時間以上遅いフルマラソン4時間を切れないでいる自分が、以前と同じ練習で同じ効果が出てこないことについて「何かおかしい」「何か違う」とぼやいていること自体が、おかしいわけです。

もちろん、もっと時間を使って、もっと練習をすれば、もう少しはパフォーマンスを戻していくことも可能なのでしょうが、それは非現実的な話です。まあ、今の生活の中で頑張って悪あがきしている自分は、それができない自分よりはマシなようにも思いますので、とりあえず来月のマラソンを今シーズンの「学年末試験」のように考えて精いっぱい走り、もう少しは楽しいはずのトライアスロンシーズンを迎えたいと思っています。

BL160329ラン出社1IMG_1466  BL160329ラン出社2IMG_1468  BL160329ラン出社3IMG_1469

BL160329ラン出社4IMG_1475  BL160329ラン出社6IMG_1480  BL160329ラン出社7IMG_1476

早春の長居植物園2

昨日は早朝から夜まで、2歳と0歳の子どものめんどうを1人でみながら、外出や家事もこなすという1日となりました。
初めて長時間、2人の子どもと一緒に過ごしてみると、短時間の仮眠で泊り勤務をこなす仕事どころか100キロのウルトラマラソンを走るよりも疲れ果ててしまい、人並み以上に育児や家事に参画しているつもりだった自分が、実はほとんどろくに戦力になっていなかったことを実感することとなりました。

というわけで、外出もしたものの心の余裕を確保することができなかった昨日は、ほとんど写真を撮ることもなく、一昨日に散策を楽しんだ大阪・長居植物園で撮った花などの写真の残り分を掲載することにします。

BL160326長居公園7IMG_0966  BL160326長居公園8IMG_0957  BL160326長居公園9IMG_0953

BL160326長居公園10IMG_0952  BL160326長居公園11IMG_0968  BL160326長居公園12IMG_0972

早春の長居植物園1

昨日は大阪市東住吉区の長居公園そばで中学・高校の同級生がご夫妻で開業している歯科医院に診療を受けに出かけた後、家族と一緒に公園の中にある「大阪市立長居植物園」を散策しました。

いよいよ桜が開花したということで、診療のついでに今シーズン最初の「花見」を楽しめそうな場所として、近くまで行きながらも入園したことのなかった植物園を選んだわけですが、桜はまだまだ1分咲きといったところ。でも、桜に先立つ「早春」の花々や、都会の真ん中とは思えない広々とした「自然」のあふれる景色を、短時間ではありながら十分に楽しむことができました。

長居公園といえば大阪国際女子マラソンの発着地点であり、私は中学・高校時代にマラソン大会がここで開かれたことから何度も来ていました。しかし、15周すればちょうどマラソンの距離につくられた園内の遊歩道の内側に、こんな立派な植物園があることは良く知らないままでした。
それもそのはず、調べてみると、この植物園が開園したのは私が中学生だった1974年で、おそらくそのころ造成したての園内は、まだまだ今のように多くの植物が育ち、繁ることもなく殺風景だったものと思われます。

それから半世紀近く。わたくしはすっかりくたびれて、ついに中学・高校時代に7キロや10キロのロードを走っていた以前の自分よりも速く走ることができなくなりましたが、植物園の森や林は、自然の野山を思わせるほどに成長してきたというわけです。

BL160326長居公園1IMG_0939  BL160326長居公園2IMG_0937  BL160326長居公園3IMG_0927

BL160326長居公園4IMG_0942  BL160326長居公園5IMG_0950  BL160326長居公園6IMG_0943