FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

早春の柳生街道1

55歳のメンバーを中心とした関西のラン仲間サークル「チームGOGO」のイベントとして昨日、奈良郊外の柳生街道を走ったマラニックの際に撮った写真を2回に分けて紹介します。

同年代の仲間と走るのは楽しいものでしたが、グループでのランニングはペースをつくってもらえてありがたい半面、好きなところで好きなだけ写真を撮るというわけにはいかない部分もあります。そのため、私はハーフマラソンの翌日でありながら頑張って走れましたが、途中で撮った写真はさほどありません。

とはいいながら、28キロもの行程で撮った写真は150枚近くに上っているのですが、そのうちの9枚ずつ計18枚を掲載することにします。

BL160321柳生街道1-1IMG_1353  BL160321柳生街道1-2IMG_1336  BL160321柳生街道1-3IMG_1346

BL160321柳生街道1-4IMG_1371  BL160321柳生街道1-5IMG_1352  BL160321柳生街道1-6IMG_1376

BL160321柳生街道1-7IMG_1394  BL160321柳生街道1-8IMG_1386  BL160321柳生街道1-9IMG_1388

本日紹介する写真は柳生街道のうち、奈良市街地の外れから春日山原生林のわきを通って渓谷沿いに峠へと続く「滝坂の道」や、峠を越えた先に森林と茶畑や田畑がまだら状に続く準平原の丘陵地帯「大和高原」を抜けて、柳生の手前までに撮ったものです。

石畳が残る滝坂の道は、平安期から鎌倉期にかけて奈良の主要寺院「南都七大寺」の僧たちが修行の場として、江戸時代には柳生の里を目指す剣豪たちが行き来したところ。道沿いには数々の石仏がありますが、写真で紹介したのは、そのうちの「朝日観音」です。
また、庭園の池のほとりに土筆が並んでいる1枚は、名刹「円成寺(えんじょうじ)」で休憩した際に撮ったものです。

スポンサーサイト