FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

春萌える韓国を後に

韓国・全羅北道のクンサン市で開かれたクンサン・セマングム国際マラソンに参加するため2泊3日の旅行をしていた私は本日、昨日のうちにクンサンから移動してきていたコチャンを離れて無事に帰国しました。

ソウルから約300キロ南にある全羅北道は、仁川空港からクンサンまででもバスで3時間半、さらに南のコチャンだとバスを乗り継げばさらに1時間を余分に要し、日本との間の移動は半日以上もかかります。
そのため本日は昼前にコチャンからソウル・カンナム(江南)のバスターミナルに向かうバスに乗り込んだのですが、それに先立ち、コチャンの駆けっこ仲間であるスニムの案内でコチャン南部の観光農場を訪れ、青い芽を伸ばしている麦畑や黄色いじゅうたんのように広がる菜の花畑の景色を楽しみました。

BL160411クンサンから帰国1IMG_0392  BL160411クンサンから帰国2IMG_0382  BL160411クンサンから帰国3IMG_0403

BL160411クンサンから帰国4IMG_0380  BL160411クンサンから帰国5IMG_0406  BL160411クンサンから帰国6IMG_0412

コチャン南部にあるこの農場は「ハグォン(鶴苑)観光農場」で、コチャンの豊かな農産物を育むファント(黄土)の丘陵に、一面の麦畑が広がり、来週から1カ月間は「チョンボリ・チュクチェ(青麦祭り)」が開かれて様々なイベントが繰り広げられ、ソウルなどからも多くの観光客が集まるということです。

ただ、まだ麦の穂がちらほらしか見えない本日は訪れる人は少なく、菜の花畑の中を赤いドレスのモデルさんに歩いてもらって写真を撮る愛好家のグループが熱心に撮影をしているだけでした。

掲載した写真のうち、桃の花と、韓国の春を代表する黄色いレンギョウ(ケナリ)の花を前景に撮った1枚は、高速バスの休憩所で春の農村風景を狙ったもの。
高層アパート(マンション)群が見える写真は、今回の旅でも素通りすることになったソウルのカンナムでバスを乗り継ぐ際に撮った1枚です。

スポンサーサイト