“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

全記事表示リンク

サルトリイバラの餅

泊り勤務明けの一昨日、生駒山を登る帰宅時のトレランをした際に採ってきたツル性の植物、サルトリイバラの葉を使って、休みをいただいた昨日のおやつとして「柏餅」を作ってもらいました。

柏餅といえば本来はカシワの葉を使うのが当然と思われるでしょうが、関西以西では伝統的に、このサルトリイバラがカシワの代わりに使われているということです。
そういえば東京に住んでいたときには、近くの公園にカシワの木が生えていて、端午の節句のころに採ってきたこともありましたが、大阪に戻ってみると、公園にも近くの野山にもカシワの木はあまり見かけません。そこで去年あたりに思い出したのが、少年時代に参加していたボーイスカウトで、サルトリイバラの葉を使って柏餅をつくったこと。

そして帰宅時のトレランでしょっちゅう走る生駒山では、サルトリイバラをあちこちで見かけることから、もう一度このサルトリイバラの柏餅、あるいは「サルトリイバラ餅」を食べてみたいと思って、採ってくることにしたのです。

BL160530柏餅&夕食1IMG_0496     BL160530柏餅&夕食2IMG_0492     BL160530柏餅&夕食3IMG_0489

大きくて丸みを帯びたギザギザの入ったカシワの葉とは対照的に、サルトリイバラの葉は、ほぼ丸い形をしています。
でも、餅を包んで蒸してみると、その香りは、なんとカシワそのもの。全く種類の違う植物の葉の香りが、こうしてそっくりだというのは自然の不思議ですが、これだけ香りがそっくりだと、どちらがホンモノなのか分からなく思えます。もしかすると、サルトリイバラの餅の方が先にあって、カシワの葉の方が代用品として見つけられたのかも知れません。

とにかく、今回もアンコの入ったサルトリイバラの餅をたくさん作ってもらって、初夏の山の香りをたんのうしました。
ただ、ちょうど端午の節句のころに、やはり生駒山で採ってきたサルトリイバラの葉は、みずみずしい黄緑で軟らかく薄かったのですが、今回は一回り大きくなっていたものの、少し固くなっていて、前回は葉ごと食べることができたのに対し、今回はカシワのように葉をはがして食べる必要がありました。

BL160530柏餅&夕食4IMG_0520  BL160530柏餅&夕食5IMG_0529  BL160530柏餅&夕食6IMG_0524

おやつの食卓を紹介したついでに、昨日の夕方の食卓に乗った料理のいくつかを撮った写真も掲載します。
いずれも私自身が作ったものではありませんが、食材は私がスーパーで目にとめたものが中心です。

一見、ワカ竹煮に見える煮物のタケノコは、今が旬のハチクで、ワカメのように見えるのは、実は瀬戸内海のアオサです。
でも、ふつうのタケノコよりアクが少なく柔らかいハチクの味わいと香りはまた格別。やはりワカメとは一味違う磯の香りが楽しめるアオサとハチクの相性も抜群でした。

市場に出回るアサリは、どうやら今が一番の旬の時期のようで、とにかく活きが良くて安価ですので、このところ毎日のようにいただいています。昨日の食卓では、このアサリをニンニクと三つ葉と一緒に酒蒸ししたものがメーン料理の1つになりました。

そして、ほんのり赤い色が残っている浅漬けはスイカの皮を使ったもの。
息子にスイカを食べさせると、人一倍に皮の近くまで食べてしまう貧乏性の私よりもさらにはしたなく、皮の緑の部分までかじってしまいますが、こうしてスイカの皮を漬物にしてみると、そのわけがわかります。ほんのりと甘く軟らかいスイカの皮は、たしかにちょっとしたウリよりは美味しいほどです。
そうしてみると、最近多くなってきた皮の薄いスイカは、つまらないようにも思えてしまいます。

スポンサーサイト

生駒山から四条畷2

昨日、大阪と奈良の府県境にある生駒山に登って帰宅時のトレランをした際の写真を、もう1回掲載します。今回は生駒山の山頂を越えた後、大阪側の山腹にある「ぬかた園地」や、大きな溜め池の室池を通って、JR四条畷駅に着くまでに撮った12枚です。

ぬかた園地はアジサイ園で知られ、一昨年の7月2日には、やはり帰宅時のトレランでここを訪れた際、満開のアジサイが目を楽しませてくれましたが、それより1カ月余り早い今回は、アジサイはまだ咲き初めてもいませんでした。
その代わり、同じぬかた園地のかいわいで見事に咲き誇っていたのは、ハナミズキに近いヤマボウシ。
風車のように見える4枚の白い花びらのようなものは実は花びらではなく、元々つぼみを包んでいた総包片と呼ばれる部分で、青やピンクの花に見えるアジサイの花びらのような部分が、実はガクであるのに似ています。

BL160529生駒山2-1IMG_1872     BL160529生駒山2-2IMG_1879     BL160529生駒山2-3IMG_1877

BL160529生駒山2-4IMG_1887     BL160529生駒山2-5IMG_1881     BL160529生駒山2-6IMG_1862

BL160529生駒山2-7IMG_1902  BL160529生駒山2-8IMG_1898  BL160529生駒山2-9IMG_1892

BL160529生駒山2-10IMG_1904  BL160529生駒山2-11IMG_1907  BL160529生駒山2-12IMG_1910

生駒山から四条畷1

泊り勤務明けの本日は、大阪府と奈良県の府県境にそびえる生駒山を越えて、久々に帰宅時のトレランを楽しみました。その途中で撮った写真24枚を2回に分けて掲載します。

泊り明けの帰宅時に生駒山地を越えて自宅まで走る帰宅ランは、大阪に戻ってきて以来、長めの距離を走る定番の練習の1つにしてきていますが、今回は先月のマラソンの後に体調不良もあって練習をさぼっていたことなどから、3月初め以来およそ3カ月ぶりとなりました。

生駒越えの帰宅ランでは、いつも奈良県側の近鉄・生駒駅から中腹の名刹、宝山寺の手前まで参道を登った後、宝山寺や生駒山の山頂には向かわず、等高線に平行する形の「巻き道」を北上して大きな溜め池の室池に向かっていましたが、今回は宝山寺の境内をかすめて標高642メートルの生駒山頂まで一気に登り、大阪側の山腹につけられた縦走路を経由して室池を目指しました。

ただ、練習不足で体力が早めに消耗したうえ雨もぱらついてきたことなどから、自宅まで走ることはせず、室池からJR四条畷(しじょうなわて)駅まで真っ直ぐに下山するルートを選びました。というわけで、最初に標高差約500メートルの登りがあったものの、走った距離はいつもより10キロ以上短い約16キロとなりました。

BL160529生駒山1-2IMG_1810  BL160529生駒山1-1IMG_1816  BL160529生駒山1-3IMG_1815

BL160529生駒山1-4IMG_1830     BL160529生駒山1-5IMG_1822     BL160529生駒山1-6IMG_1825

BL160529生駒山1-7IMG_1842     BL160529生駒山1-8IMG_1847     BL160529生駒山1-9IMG_1849

BL160529生駒山1-10IMG_1855     BL160529生駒山1-11IMG_1852     BL160529生駒山1-12IMG_1865

生駒駅から遊園地のある生駒山の山頂付近までの登山道は、ケーブルの宝山寺駅までの前半はいつも通りで、石段の参道を登っていきます。
参道わきに並ぶ住宅の前には、いつも季節ごとの花が咲いて目を楽しませてくれ、今回はアマリリスやホタルブクロが目を引きました。そんな中、石段に腰を下ろして休憩していた若い女性2人は、宝山寺まで行かれるとのことでした。

山頂付近で遊園地の敷地内に入るとハイキングコースは途切れて、いつも次にどっちの方向に行けば良いのかが分からなくなります。そこで今回は、チケット売り場&インフォメーションの窓口に寄って、そこの女性に道をたずねたほか、これまでどこにあるのか謎だった山頂の場所も聞いてみました。
撮影に応じてくれた女性たちによると、山頂を示す三角点は、窓口にほど近い幼児用の列車のループ状になった線路の中にあるということで、そこに行ってみると「なら」「おおさか」の行き先表示の看板に書かれた駅名が「頂上」。そして、写真だと右奥に三角点のコンクリート柱の上部がわずかに見えていました。

山頂を越えて再び山道に入るとナナカマドに似たニワトコの実や、ハコネウツギの紅白の花が見られました。
教えてもらった道は、以前に何度か通った道より少し遠回りのコースで、アジサイ園で知られる「ぬかた園地」に向かいました。
もちろん山の上とあって、まだアジサイには早い時期なのですが、その代わりに見ることができた満開の花については、次回の写真で紹介することにします。

大堰の向こうに夕日

朝から夕方までの勤務となった昨日は、未明に強い雨が降ったものの朝方には上がり、淀川河川敷の水たまりが気にはなりましたが、思い切ってロードバイクに乗り片道20キロの自転車通勤をすることにしました。

実際には、水たまりはさほど広がっておらず、往路はやや追い風となって河川敷では時速30キロほどをキープしながら快適に出勤。帰路は強い向かい風となって25キロほどであえぎましたが、新しいサドルに乗りながらトライアスロン用のDHバーを握っての前傾姿勢にも慣れて、気持ち良く風を切りながら自宅に向かいました。

断続的に掲載している「走った!撮った!京都マラソン2016」がゴールに達していないことから、通勤途中にあえて写真を撮ることもないだろうと思ってはいたのですが、帰路の5キロ地点で大川沿いから淀川沿いに出ると、ちょうど淀川をまたぐ淀川大堰の向こうに夕日が沈むところで、ついカメラを向けてしまいました。

BL160527淀川大堰の夕日1IMG_0461  BL160527淀川大堰の夕日2IMG_0458  BL160527淀川大堰の夕日3IMG_0463

今春も中之島のバラ

週半ばに休みをいただいた昨日は当初、昼ごろから雨が降るという予報でしたが、昼が近くなっても空は明るいままだったため、大阪都心の中之島にあるバラ園に家族で出かけました。結局のところ雨は降らないままで、少し蒸し暑いものの強い日差しを受けることなく、甘い香りに包まれて子どもたちも一緒に、さまざまなバラの花を愛でることができました。

BL160526中之島ばら園1IMG_0398     BL160526中之島ばら園2IMG_0448     BL160526中之島ばら園3IMG_0378

BL160526中之島ばら園4IMG_0441  BL160526中之島ばら園5IMG_0409  BL160526中之島ばら園6IMG_0437

大阪のど真ん中にありながら、土佐堀川と堂島川に囲まれた中州・中之島の公園にあるバラ園は、春と秋に花が咲き乱れると別世界になって、まさに穴場的な都会のオアシスです。
大阪に戻ってきた後、職場がミナミの繁華街近くにあった一昨年は、このバラ園が自転車通勤のコースにありましたが、職場が引っ越した去年からは、バラ園は近くなったものの通勤コースからはわずかに外れ、足が向きにくくなりました。

そのため、このところバラ園が満開になっているという話を伝え聞きながら、ずるずると訪問する機会を逸し続け、ようやく花の時期が終わりかける昨日になって、自宅からわざわざ出かける形で訪問が実現したというわけです。

花の時期が盛りを過ぎているとはいえ、手入れの行き届いたバラ園のバラはまだまだ見応え十分でした。それに、車で高速道路を使うと自宅から30分ほどで行き着いて、すぐ近くの駅に隣接した割安の駐車場を利用することができるうえ、花壇のそばには息子が走り回るにのにうってつけの芝生広場もあって、このバラ園は子ども連れのお出かけスポットしても、なかなか良い場所だということが分かりました。