FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

長尾の滝から生駒2

昨日の泊り勤務明けに生駒山を登ってトレランをした際に撮った写真を、もう1回分掲載します。
昨日の記事では、今回新たに通った長尾の滝を訪ねる登山道の様子を紹介しましたが、今回は生駒山頂から縦走路のハイキングコースをたどり、後半のハイライトである室池を通ってJR四条畷駅にゴールするまでに撮った9枚をアップします。

BL160611長尾の滝~四条畷2-1IMG_2192     BL160611長尾の滝~四条畷2-2IMG_2199     BL160611長尾の滝~四条畷2-3IMG_2208

BL160611長尾の滝~四条畷2-4IMG_2211     BL160611長尾の滝~四条畷2-5IMG_2201     BL160611長尾の滝~四条畷2-6IMG_2219

BL160611長尾の滝~四条畷2-7IMG_2227     BL160611長尾の滝~四条畷2-8IMG_2215     BL160611長尾の滝~四条畷2-9IMG_2228

以前にも紹介した通り、生駒山頂の三角点は、頂上部にある遊園地の乗り物であるミニSLの線路の内側にあります。登頂の証しにと今回も撮った写真では、その三角点は乗り場の支柱の陰に隠れていますが、ミニSLに乗り込む幼稚園児たちの姿を収めることができました。

頂上から少し下った大阪側の斜面には、「ぬかた園地」のアジサイ園がありますが、その近くのアジサイがまだ花の時期になっていなかったことから、今回は立ち寄るのを控えました。その代わり、アジサイに先立ってこのあたりに咲き乱れるヤマボウシはまだ見ごろで、今回もカメラを向けました。

縦走路の道のわきには、葉の裏側が青っぽく見える落ち葉がみられるところがあって、前回も気になりましたが、今回は写真を撮っておきました。
縦走路ではまた、立派な松の木が点在する部分があって、その1本の見事な幹を狙った1枚も。

室池の水は前回、前々回と白っぽく濁っていましたが、今回は室池を二分する「中堤」を通過する際、左側は依然として濁っていたものの、右側の水はいつものように深い緑色に戻っていました。
その室池に行くに先立ち、ハイキングコースがいったん道路に出る手前には、観世音菩薩の守り神とされ、水神様として崇拝されているという龍王神(八大龍王)を祭った小さなほこらがあります。「龍王神」の字を刻んだ岩を囲むほこらは、これまでも何度も撮っていますが、今回は少し下がって撮ってみたところ、ほこらを挟むように生えた2本の杉の木が立派な大木であることが良く分かりました。

室池からJR四条畷駅に下ってくる飯盛山の麓の谷沿いの道にも、コース前半の長尾の滝に至る谷沿いの道と同様、あちこちで石仏を見ることができました。

スポンサーサイト