FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

少し涼しい通気の家

本日は、まだ梅雨明けにはなっていないというのに青空が広がって気温も一気に上がり、夏本番を思わせる陽気です。それもそのはず、天気図を見ると梅雨前線は北上して、夏と言ってもおかしくない気圧配置です。

我が家のある大阪・枚方市は、どうやら関西方面でも特に気温が高くなる地域のようで、室内にも熱気は入って来ますが、国産の杉材を、ふんだんに使って建てられた家はまた、自然の通気・通風が良くなるように配慮もされていて、一般的な家よりも少しだけ涼しく感じられるようです。

BL160702通気設備3IMG_0031  BL160702通気設備2IMG_0035  BL160702通気設備1IMG_0026

というわけで写真で紹介するのは、窓以外に通気・通風を確保するため工夫された、ちょっとした設備です。

まずは1階の廊下や各部屋の床に何カ所も設置された、すのこ状の「床窓」。約50センチ四方の窓は、秋から春にかけては床と同じ杉の無垢材のフタを使い、夏になると同じ形のすのこ状の窓に取り替えます。
屋外の外気や室内の空気よりも数度低く保たれる床下の空気を取り入れて、自然のクーラーとして使うためで、先日すのこの窓に替えた際にも、ひんやりとした空気が吹き上がってきました。

そして各部屋から廊下へと続くドアの上に設けられているのは、羽状に回転する、やはり通気用の窓。
これもまた床窓と同じように、回転させることで開け閉めが可能で、通気を確保したいときに開けると、部屋の窓と廊下の窓の間に風が通ることができます。

また既製品ではありますが、壁の内部と室内を結ぶ、やはり開閉式の通気口も各部屋に設けられています。
建築された奈良・生駒市の霧島住宅さんによりますと、こうして冬は暖かく夏は涼しいうえ、湿気の吸収・放出もする内装の無垢材とともに、家全体が呼吸するような通気設備も完備していることから、我が家は「エアコンいらずの、通気・断熱の家」になっているということです。

とはいうものの、本日のように真夏並みの暑さになると、さすがにリビングなどがある2階では、エアコンなしで幼い子どもらも一緒に過ごすのは困難で、ついリモコンのスイッチを押してしまうのですが。

スポンサーサイト