FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

日和佐で朝ジョグ2

3日前、2泊3日の家族旅行に出かけていた徳島・日和佐を離れるに先立って、朝食前にジョギングをした際の写真を続けて掲載します。

昨日分の記事で紹介した写真は、小高い山の上にある日和佐城に登るまでに撮った、河口近くに停泊する漁船の風景など9枚でしたが、今回は、日和佐城を越えて断崖の上を通る遊歩道などから海岸や町を望んだ風景や、JR日和佐駅の様子、それに四国八十八カ所の第23番霊場である薬王寺に入るまでに撮った、やはり9枚です。

BL160718日和佐ジョグ2-1IMG_2806     BL160718日和佐ジョグ2-2IMG_2803     BL160718日和佐ジョグ2-3IMG_2810

BL160718日和佐ジョグ2-4IMG_2822  BL160718日和佐ジョグ2-5IMG_2812  BL160718日和佐ジョグ2-6IMG_2823

BL160718日和佐ジョグ2-7IMG_2828     BL160718日和佐ジョグ2-8IMG_2835    BL160718日和佐ジョグ2-9IMG_2833

ゆるやかに傾斜して円弧を描いたウミガメの産卵地、大浜海岸の左手奥には、ウミガメ博物館や私たちが泊った元の国民宿舎が見えます。

半世紀ほど前の小学生時代に訪れた際、クリーム色と朱色の「国鉄カラー」に塗られたディーゼル列車の急行で降り立った日和佐駅は、その前面だけが少しばかりモダンなデザインになっていましたが、JR牟岐線は今もディーゼル列車が走る単線のローカル線で、数少ない列車の時刻に合わせて来たと思われる若者たちの姿が見えました。

薬王寺の境内へと登る石段では、お遍路さんの装束を身に着けた親子連れとみられる女性2人とすれ違って、あいさつを交わさせてもらいました。

スポンサーサイト