FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

飲み会前にラン16K

休みをいただいていた本日は午前中にベビースイミングの付き添いをした後、同じプールでエリートトライアスリート﨑本智子さんのスイムレッスンを受け、さらに自分で1キロほどを泳ぎました。そしてプールからいったんジョギングで帰宅して昼食と休憩をとり、夕方の会社関係の飲み会に向かう際、大阪市内の温泉まで約16キロを走りました。

スイムレッスンはいつもフォーム矯正のためのヒントを何かしら得られますが、本日は特に収穫が大きかったようで、最後に何本か泳いだ後、なんと﨑本さんから「スピードに乗って、いい感じで泳いでいましたね」と声をかけられて、光栄でした。いつもは、レッスンでクタクタになって、その後に泳ぐことはあまりありませんが、少しでもつかめた「いい感じ」を体に定着させることができればとプラスで泳いでみると、不思議なことに、さほど疲れを感じることなく泳ぎ続けることができました。

それに比べると、ランニングの方は相変わらず厳しい状況です。まあ、このところほとんど走っていませんので当然と言えば当然ですが、夕方の太陽が雲に隠れて直射日光から逃れることができたというものの、それなりの猛暑の中、スピードを上げることなどは夢もまた夢で、ジョギング程度のペースながら、後半はクタクタに疲れてしまいました。

掲載した写真は、ランニングの際に撮った3枚。メインコースの淀川河川敷に出る前に通る田んぼでは、稲の丈が伸びて、顔を出した穂には花がついていました。
わき上がる雲の裏側に太陽が隠れた後には、雲の一部が虹色に照らされる「彩雲」を見ることもできました。

BL160826飲み会前にラン1IMG_3184  BL160826飲み会前にラン2IMG_3166  BL160826飲み会前にラン3IMG_3172

2日連続バイク通勤

昨日に続いて日中の勤務となった本日も、2日連続となる片道20キロのバイク通勤をしました。
本日もまた、「気持ちの良いスピード」より少し速くなるよう、ちょっと頑張ってみました。ただ、昨日も本日も行き帰りともに追い風基調だったため、本当に頑張れていたのかどうかは微妙なところです。とはいえ、少なくとも帰路は、同じ方向に走る若者と数キロにわたってバトルをしたため、その間はかなり練習の強度が上がったのは確かです。

頑張ってバイクに乗ると、いきおい写真を撮っている場合じゃなくなりますが、それでも、表情のある夏雲やビルの間に見える落日、それに茜色に染まった夕暮れの雲などを見ると、カメラを手にしてしまうものです。

帰宅時にバイクで70キロ走をした際に立ち寄った、少年時代に過ごした大阪市南部・敷津浦地区の景色や大学生たちを案内した京都で撮った写真など、このところの取り置き写真もたまっているわけですから、見慣れている夏雲や夕日・夕暮れの写真など撮ることもないだろうとも思いますが、やはり写真は「一期一会」。
「撮りたい」と思ったシーンを撮り逃がすと、全く同じシーンは2度とは現れないわけで、貧乏性の私はこうして、ついつい目を引くシーンには必ずカメラを向けてしまうわけです。

BL160825バイク通勤1IMG_3144  BL160825バイク通勤2IMG_3151  BL160825バイク通勤3IMG_3158

色づくビル、水たまり

明日までの4日間の勤務シフトを同僚から、そっくり交換してほしいと頼まれたため、泊り勤務が多いことなどから、ただでさえ人並み以上に休みをいただいているのに、昨日までが3連休となり、そのおかげで韓国の大学生たちの接待をすることができましたが、トレーニングは、ほとんどできませんでした。職場までの行き帰りでロードバイクに乗ったり走ったりするのが、今の私のトレーニングの大部分だからです。

そして本日と明日は、ようやく2日続けて日中の勤務となり、とりあえず本日はロードバイクで通勤しました。本当はランニングの練習が絶対的に不足していることから、走った方が良いとは思うのですが、1時間早く起きる気も朝のうちから30度近い猛暑の中を走る気もなかなかしないため、ついバイク通勤になります。

とは言いましても、来月には少し長い距離のトライアスロンを控えているため、本日は同じバイク通勤でも、いつもに比べると少しだけ頑張ってスピードを上げて走ることにしました。年をとってくると、ランニングでもバイクライドでも、「ちょうど気持ちの良いスピード」は、どんどん落ちていきます。それに、持久力の低下以上に筋力の低下を実感するようになってきます。
そんな中で、いつもいつも気持ちの良いスピードに甘んじていては、トレーニングをしてもパフォーマンスの向上にはつながりません。
しかも私の場合は、幼い子ども2人を抱えていることからトレーニングできる時間は以前よりもずっと少なく、限られています。

それでもなお、レースで少しでもパフォーマンスを上げようと思うと、筋力トレーニングにもなるくらいの強度を上げた練習をした方が良いということになるわけです。
自宅と職場の往復となると、時間がタイトな往路では、意識しなくても、それなりに強度を上げざるを得ませんが、本日は、さらにもう少しだけ頑張ってみました。

というわけで、往路に撮った写真はありませんが、それなりに飛ばしながら、目を引く景色が現れると立ち止まることができた復路の夕暮れどきの景色を掲載します。ごらんの通り、夕日を浴びてオレンジ色に染まる高層ビル群や、夕焼けの真っ赤な色を映していた水たまりなどです。

BL160824バイク帰宅IMG_3131  BL160824バイク帰宅2IMG_3137  BL160824バイク帰宅3IMG_3141

真夏の雲、真夏の花

本日は午前中に子どもたちのベビースイミングの付き添いをして、そのままプールで少しばかり泳ぎ、その後に少しばかり走りました。

以前は、プールの帰りに10キロ前後を走ることも少なくありませんでしたが、このところは連日の猛暑もあって再びランニングをすっかりサボってしまい、2キロ半ほどを直行するばかりでした。
ところが本日は、少しだけ遠回りをして5キロだけではありますが、ちゃんと走ってみました。

掲載した写真は、その途中に撮った真夏の雲と真夏の花です。
今年の夏は記録的な猛暑ということですが、連日のようにモクモクと表情豊かにわき上がる雲も特徴的なように思います。
真夏の花はオレンジのノウセンカズラとピンクのサルスベリ(百日紅)。暑い盛りに咲くとあって、どちらも色といい形といい、熱帯の花を思わせます。

BL160823プールから5キロ1IMG_3124  BL160823プールから5キロ2IMG_3120  BL160823プールから5キロ3IMG_3127

韓国学生らと京都へ

本日は、昨日わが家を訪ねてくれた韓国・コチャン出身の大学生、チェ・ヨンヒョン君とコ・クワンジェ君を京都方面に案内するため、息子を連れて出かけてきました。

今回の真夏の京都観光でメインに据えたのは、隣町の亀岡から嵐山まで、桂川上流の渓谷を小船に乗って見物する「保津川下り」と、船着き場の近くまで、渓流を見下ろしながら展望列車に揺られる嵯峨野観光鉄道の「トロッコ列車」。
この乗り物のセットは、京都観光の変化球としてイチ押しですが、半日を費やすことから短時間の訪問客は案内できず、まる1日の余裕があってこそ実現した学生さんとの小旅行は私にとっても久々でした。

保津川下りに続いては、嵐山で天龍寺に立ち寄り、その後は京都盆地の反対側にある清水寺も参拝。
夜は祇園にある、うなぎ料理屋さんでうな重をいただきました。

京都で撮った、このほかの写真は、日をあらためて掲載しようと思っています。

FB160822保津川下りIMG_0680  FB160822トロッコ列車2IMG_0666  FB160822清水寺IMG_0867

FB160822うな重IMG_0918  BL160822天龍寺IMG_0804  BL160822清水寺IMG_0900